浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ZRX1100の整備です

カワサキのZRX1100の整備です、

実は、前回の作業の後から頂いたお仕事ですので、

車体は同じです。(^^)


今回は、フロントブレーキフルード、クラッチフルードの交換です、

ブレーキタッチも怪しくなっていましたので、

安全のために早目の交換になります。


写真は途中からになります、

つまりは、途中まで取り忘れていま~す♪


サクサクと進めてリザーバータンクの内部洗浄も終わり、

新しいフルードに入れ替えて、エアー抜き作業に進みます。

CIMG0872.jpg


クラッチ側は、外から見ても劣化しています、

開けてみるとこれぐらいに痛んでいます。

CIMG0874.jpg


底の方にはスラッジが積層しています。

CIMG0875.jpg


サクサクと洗浄作業に進みます、

リザーバータンクを痛めないようにのんびりと地味ぃーに進めます。

CIMG0876.jpg


「うーーマンボウ!」(^^)ノ  ではなく、綿棒を使って仕上げ作業になります。

CIMG0877.jpg


新しいフルードに入れ替えて、

ブレーキ側と同じようにリレーズ側からもエア抜きに進みます。

CIMG0879.jpg


当たり前の事なのですが、

右のブレーキと、左のクラッチではフルードの痛み具合が違います。


理由は簡単で、見ての通りにリザーバータンクの容量が違います、

フルード自体が多く入っているほど痛みにくいのです。


もう一点の理由は、ブレーキ側は、

ブレーキを使わない時は熱も持たずに痛みにくいのです、

基本的には、減速の時にしか出番がありません。


クラッチ側は、加速中、走行中、シフトダウンの時、

ブレーキ以上に使用頻度が高いうえに、

クラッチリレーズを通してエンジンの熱が伝わってくるからです。


分かりやすく言うと、高速道路を走行中など、

ブレーキ側は常に走行風により冷却されていますが、

クラッチ側は常にエンジンの熱を受けて温度が上がってきます、

ゆえに、クラッチ側のフルードは痛みやすいのです。


愛車のメンテナンスや、

フルード交換をお考えの方の参考になれば幸いです。




PageTop

エリミネーターの車検

カワサキのエリミネーター400の整備と車検です。


構造変更は済んでいますので、

普通に継続車検になります。


今回は、オイル交換、クーラント交換、

キャりパーの洗浄とグリスアップなど進めていきます。


久しぶりにご対面のエリミくんです。(^^)

CIMG059611.jpg


さしあたって、バッテリー液がかなり減っていますので、

補充をして再充電にまわします。

CIMG059611 (4)


サクサクとクーラントの抜き取りです、

その間に、ホース類の点検とホースクランプの増し締めなど。

CIMG059611 (3)


新しいクーラントを補充して、ただ今、

地味ぃーにエア抜き中です。

CIMG059611 (1)


オイルはさほど汚れてはいませんでしたが、

前回の交換時より時間が経っていますので交換になります。

CIMG059611 (2)



この後にキャりパー周りに進んで、

ひと通りの点検、整備を進めて、

車検の準備書類をまとめておきます。


車検の前後でテスト走行をしていますが、

普通に乗りやすく、良いバイクだと再認識します、

オーナーさんの手入れのおかげでしょう。


すでに製造から19年の月日が過ぎますが、

あいかわらず良い走りをするエリミくんですなぁ。(^^)





PageTop

KDX250Rの整備

カワサキのオフロードモデル、KDX250Rの整備です。


普通に在庫として入庫しましたので、

点検と確認をかねて整備を進めていきます。


さしあたって、バッテリーレスモデルですので、

バッテリーの心配は無し、(^^)

エンジン始動後に、コンデンサーの確認をします。


以前の整備はネルガルでやっていますので、

大まかな所は手が入っていますので安心です、

とりあえず、キャブ周りのOHに進みます。

CIMG044311 (16)


特に問題もなく、サクサクと進めています、

タンク内のガソリンは古そうなので新しいガソリンに入れ替えます。


写真を撮っている私に、

「てんちょう、邪魔です、、」と工場長、

上下関係が如実に現れていますなぁ。(^^)

CIMG044311 (10)


エアフィルターの状態も良いので、洗浄して組込みになります、

キャブボックス内部の洗浄作業を進める工場長。

CIMG044311 (8)


怒られる前に自分の仕事に戻ります、(^^)

点火プラグの交換、前後タイヤの点検と調整、

などなどを進めて、久しぶりのオフ車にドキドキしながら、


レッツゴーテスト走行♪



テスト走行をした感じは、アイドリング、吹け上がり共に良く、

低速からモリモリと力があり、いかにも2スト250のオフ車です。


ハーフウエットの路面では、簡単にリアが流れ出します、

「あぶっあぶっあぶっ」と転ぶ前に帰ってきました。(^^)v


走行後の確認を進め、特に問題もなくOK、

今回の整備も無事に終了です。


なににしても、

オフロードモデルの整備は楽チンですなぁ。





PageTop

ゼファー400の整備

カワサキのゼファー400のゼファーχモデルですね、

今回は、整備と言うより修理です。


以前に整備をしている車体です、

気に入って乗ってもらえているようでなによりです、(^^)

乗らない時でも車体管理には気を使っているそうです、

いつもきれいにされている車体を見れば納得できますなぁ。


「燃料コックからガソリンが漏れてきます」


確認すると、確かにガソリンが出てきています、

やっかいな事に、ダイヤフラムの方からです。


オーナーさんとご相談で、キッチリと新品部品の交換でいきます、

まあ、その方が今後も安心して乗っていけますのでお勧めです。


チョロッと写っているのは、

ネルガルオリジナルのアーシングです。

CIMG010911.jpg


ボタボタでているわけではなく、

地味ぃーに滲むようにでてきます、

サクッとウエスを挟んで、部品の到着を待ちます。


この辺りのトラブルは、

出はじめた時には、ほとんど交換になります、

最悪の場合は、出先で帰ってこれなくなります、

早目に気が付いて良かったです。


やっぱり、日頃の点検は、、

バイクを楽しく安全に乗るために、必要な事ですねぇ。



そんなこんなで、部品が到着しましたので、

サクサクと交換になります。


ある程度まで、ガソリンを抜いて、

倒立燃料タンク、燃料コックを取り外します。

CIMG011611 (5)


新しい燃料コック、パッキンと、

いままでがんばっていた燃料コックです、

お疲れさま、ありがとう。

CIMG011611 (6)


新しい燃料コックを取り付け、ガソリンを戻して、

ガソリンの漏れがないか確認をした後に、

車体に取り付けます。

CIMG011611.jpg


ガソリンの漏れもなく、問題ないです、

新品部品のなじみで漏れる事もありますので、

一晩は、ウエスを置いて、様子を見ます。



業務連絡、


確定申告の手続きのため、

お客さま台帳と、整備台帳を税理士さんに渡しています、

ゼファーは仕上がったのですが、連絡先がわかりません、、、

すみません、見ていたら連絡をください。(^^)ノ




PageTop

Z1の車検です

カワサキのバイクが続きます、

Z1の点検、整備と車検です。


以前にリア周りを交換していますが、

測りなおしてみても全長は変っていません、

構造変更なしで継続車検でいけるはずです。


まあ、なんと言いましょうか、

飯田くんが見たら、「本物感がある」

と、アーティストらしい独特な表現をして来そうなZ1ですなぁ。




点検整備も、特に問題もなく終了、

テスト走行をした感じも非常に良いです。


なににしても古いバイクですので、

コンディションの維持には気を使いますが、

オーナーさんにしてみれば、

「手がかかる子ほどカワイイ」

と、いった感じでしょうか?(^^)


まあ、気に入った時点で、

オーナーさんの負けですなぁ。(^^)



安全で楽しく、

そして大事に乗り続けてもらえるように、

二輪工房ネルガルは、ご協力をします。





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。