浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年も再び、、、(^^)

ほぉぉぉーほぉけぇきょぉぉ (><)



「、、、眠い、にょろ、、、今は、、、朝の6時、、、(--)、、、」


いよいよ春でしょうか?

今年も、屋根の上でウグイスが鳴いています。



感覚的には、枕元から、、、5、6メートル辺りに居るの?

間近で聞くと結構大きな鳴き声で、強制的に起こされます。(--)



今年も若い声の鳴き初めで、、、下手です、

何回も、何回も、下手な鳴き声を繰り返しています。



ほぉぉーーーほけっっっきょ (><)



おいおい、、、あまり、無理をするなよ、

あわてる事はない、ゆっくりと、ゆっくりと、上達してゆけばいい、

一生懸命に練習しているお前のことだ、

きっと上手になるよ、

がんばれ。



春になり、今年も屋根の上でウグイスが鳴き始めた。


今年も、新卒さんが免許を取って、バイクに乗り始めたりもしている、

新しくマシンを手にして、レースに参加しようとしているライダーもいる。


あわてる事はない、

自分のペースで、ゆっくりと、ゆっくりと、上達して行けばいい。


バイクでも、レースでも、仕事でも、学校でもそうです、

不慣れな事や、下手な事を、

笑う奴がいれば、、、

笑わせておけばいい、

「気にするな」(^^)v


自分のペースで、

あわてずに、ゆっくりと慣れていけばいい。


じっくりと時間をかけて身についた技術、経験は、

いつまでも、長い時間がたっても、、、決して色褪せない。


不慣れな事は、恥ずかしい事ではない、

誰でも始めは下手なのが当たり前なのです、

じっくりと時間をかけて身に付けていけばいい。


それこそが、

一番大事な事なのです。






PageTop

「うへへぇ」

まあ、お店を営んでいますと、
いろいろな人が来るわけでありまして、、、。


今日、男の子が三人でバイクを見に来た、、、(のかな?)
店先まで出て行き、

「こんにちわ(^^)なにか探している?」

と、爽やかに話しかけてみる。



「、、、」一人はシカト(聞こえないふり)

「えっ、、、」一人は目をキョロキョロさせて言葉に詰まる、

「うへへぇ」一人は気持ち悪い愛想笑いを浮かべている。











「、、、まあ、見て行って」



そう言うのが私的に精一杯です。(^^)



私が離れて行くと、三人でなにやら話をしている、
ボソボソと話していて聞こえない。

気持ち悪い。(^^)


見た目は、学生さん風味で小奇麗な格好をしている、
平日の昼間にウロウロしているのだから、
まあ、学生さんかな?

それにしては、高そうな車に乗っているなぁ、、、。


その後、挨拶もなく男の子三人で車に乗り込み、
帰ってゆきました。



最近では、よくある風景、よくある事です、
「男の子」です、、、子供ですね。


「挨拶ができないようなら、一生半人前だ」
昔先輩に教わった事です、
今でも忘れる事なく、私の心に刻まれています。

人と人は、「まず挨拶ありき」だと思います、
初対面でも、親しき仲でもそうだと思います。



車の中では、友達と話はできても、
知らない人には、挨拶の返事もできないようでは、

とても、バイクには乗れないよ
とゆうか、乗らない方が良いよ(^^)


バイクは、一人で乗るものです、
走り出したら、だあれも助けてはくれません。

「頼れるのは、自分だけ」です、
ゆえに昔から「男の乗り物」と言われていきました。

半人前で、誰かに頼っていなければ挨拶もできないのなら、
その子のためにも、、、乗らない方が良いよ。(^^)


最近は、女の子でもバイクに乗ります、
性能も良く、乗りやすく、トラブルも少ないです、
私のお店にもバイクに乗っている女の子が来ます。

ハキハキしていて、話をしていても楽しいです、
まあ、なんと言いますか、、、男らしいですねぇ<コラコラ(^^)


それに対して、男の子は、女の子みたいです、
二、三人、時には四人できて、ソワソワしています、
80年代の女子高生みたいです。(^^)

私たちの時代は、「早く大人になりたい」と思い、
男らしいバイクに憧れていました。

大人に憧れ背伸びをしていた時代に育ちました、
誰もが早く一人前になりたいと考えていました。

ゆえに私は、今では一匹子羊なのです。


極端な話、バイクのレースなど、「最後に頼れるのは自分だけ」なのです
まるで、リングに上がったボクサーのようです。


私がレースを好きでいるのは、
走っているライダーの一人一人が、
男として、一人の人間として自立しているからです。

ちなみにレースに参加していたり、レース上がりの男は、
皆一様に仕事も一人前に出来ているのです。



どうも最近、今の男の子と話が合わない、
オッサンになったのかなぁ、、、。(--)



表情も豊かで、

「目もキラキラと輝いてる」

今の女の子達とは楽しく話ができるから良いか(^^)







PageTop

連休前の夜

連休前で仕事が山積みです。


15日には、鈴鹿でテスト走行があるので、
そちらの準備もしなければいけない。

街外れにあるネルガルです、
夜はあまり遅くまでは営業できませんが、
この時期は、普通に日付けが変わる頃まで働いています。

普段と時間帯が違うせいか、
お店の前を通るバイクもいつもと違います。(^^)



真夏の日中は暑く、夜の方が仕事が進みます、
学生さんの勉強のようですねぇ。

そういう時に、珍しいお客さん、
と言いますか、私が彼らの時間帯まで働いているのですが、、、。


後姿です(^^)

okyku.jpg




よぉ、おひさぁ(^^)


めずらしい時間帯まで働いているので、
お店の前で、「ジィーーー」とこちらを見ています。


ネコの手も借りたい所ですが、
お預かりしているマシンは、大切な方々のマシンです、
人に?触らせるわけにはいきません、
私が責任を持って進めます。



ネコが手を出してくれたら、
肉球などフニフニしちまって、
仕事が止まってしまいます。



のんびり暮らせるまで、、、


がまん、がまん、


です。






PageTop

転職の相談

転職の相談を受ける。


いきなりバイク屋さんのブログらしからぬ始まり、
まぁ、みなさんも慣れましたよね。(^^)

若い時の可能性は、無限に広がっている、
歳を取ると、そうもいかなくなる。

仕事は、本人が好きでやっている仕事が、
「天職」だと思う。


イヤイヤやっている仕事や、
高給に引かれてやっている仕事は、
お給料以上に人間が擦り減ってゆく。


好きでやっている仕事は、
多少の苦労や給料に関係なく、楽しい(^^)
毎日が充実していて人間としても成長できる。


不思議と私の周りの人は、毎日が充実しているようだ、
そういった人たちに囲まれていて、
私も毎日が充実している、しあわせである。


そのせいもあるのか、
転職の相談は、良く受ける、
そうゆう時は、

「自分のやりたい仕事」

を本人の為にも一番に進める。


もし見つからないようなら、
時間をかけても良いので、
本当にやりたい仕事を探す事が一番大切だ。


「健康で好きな仕事をして、毎日が充実している」

誰が聞いてもしあわせな事だと思う。



しあわせな事に私は、毎日が充実している、
みなさんに支えられていて、
とてもありがたく日々感謝をしている。


当然、イヤな仕事や、面倒事も押し付けられたりもするが、
それでも小さいお店の自由度がある、
できる事はすべてやるが、次はやらない。

まるで「傭兵」のようである、
英語で表現するならば「フリーランス」
文字どうり「自由の槍」である。

責任を果たすために、一生懸命にやっていても、
お互いの折り合い点が見出せないようならば、
どんなにがんばっても正当な評価をしてもらえないならば、
残念ながら、次は敵になる。


本当に自分に自信があるのならば、
いつまでも擦り減る日々を送るより、
自分を活かせる、自分が納得できる場所に進む事は、
本人の為にも、良い事だと思う。





義理や人情は大切にしなければいけない、

あれこれ言われる事もあると思う、

それでも、これ以上は無理だと思ったら、

「フリーランス」

その言葉を思いだそう。







 

PageTop

誰かいるニャー

バイクの部品を置いてある倉庫を開ける。


通称「ロッジ」です、
湿気がこもらない様に通気性を考えて作りました、
スペアーの部品など捨てられない物が置いてある。 

必要な部品を見つけて、
さあ出ようと思った時、、、ふと、、、視線を感じる。




誰かいる?、、、



、、、



、、、



、、、ネコがいる。(--)



どこから入った?(^^)

棚の上のSR400のシートの上にすわりこちらを見ている、

少し距離がある、、、

天井に近い上の方からこちらを見下ろしている、、、

じっと、こっちを見ている。



いつだったか、
棚の上に置いてあったタンクが落ちていた事がある、
恐る恐る拾い上げてみると、見事に凹んでいた、
それを見た私も、思わず凹んでしまった。


どうやら、犯人は奴だ(^^)



以前にも店先で雨宿りをしていた、

20070711155212.jpg




閉店の準備をしている私を迷惑そうに見ていた、

dare.jpg




今日の浜松は雨です、追い出すのもかわいそうで、
しばらく見つめ合っていたが、ロッジを出る事にした。

まあ、しょうがないか、、、
中の荷物は壊さないでね。(^^)





扉を閉める時に、

「お邪魔しました」

などと言ってしまう私は、

弱い人間だニャー。(^^)








PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。