浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

電動バイクのレース

某所から質問がありましたので、

電動バイクレースのお話など少々。



たまたま、ライズさんのブログに面白い動画がアップされていました、

電動バイクの走行です、よろしければご覧ください。


ミニバイクからロードレースに参戦しているネルガルです、

私自身の意見では、電動バイクは賛成です。


一般公道用の電動バイクもスクーターモデルでしたら、

十分に需要があると思います、

スポーツ走行を楽しみたい方は、

ガソリンエンジンを選べば良い事なのです。


レースに関して言えば、

「ミニバイクから小排気量?のレースには賛成です」

そのあたりは、メーカーさんの考えと、これからの出かた次第ですけれど、、、。


単純にミニバイクレースで電動を推す理由はいくつかあります、

まず第一に、ミニバイクレースと言えどコストが高くなっている事です。


なににしてもレースで良い成績を取ろうと考えたならば、

それなりにお金がかかります。


特に動力系に関しては、

モーターの方がコストが抑えられますし、

市場の需要によりバッテリーのコストダウンも期待できます。


レギュレーションに左右されますが、

ほとんど今現在よりコストダウンを期待できます。



もう一点は、「環境」です。


自然環境もそうですが、広い意味での環境です、

今現在のミニバイクレース環境も視野に入れての意見です、

言葉数が少ないので、誤解のないようにご理解をお願いします。


たとえば、、、

まあ、極端な例になってしまいますが、

電動バイクのレースでしたら、ドーム でレースができます。(^^)



排気ガスが出ませんので屋内レースが出来ます、

つまりは、雨や雪、暑さ寒さなどに影響されにくく、

条件の良い状態でレースができます。


アメリカなどでは、オフのレースや、ラリーが開催されていますね、

天気に左右されず、がんばればエアコンも導入されます、

イベントとしてのレースでは、

今よりも観客動員数が増えるのでは?



音量的にもガソリンエンジンより優れていますので、

夜間走行も可能になります。


たとえば、、、

簡単な屋根で良いのです、

立体駐車場のような屋根でも付いているコースがあれば、

天気に左右されず、練習走行やレースをする事ができます。


夜間照明などがあれば、

学生さんでしたら、学校の終わった後に、

社会人の方でしたら、仕事の終わった後に、

平日の夜でも練習走行や、スポーツ走行が出来るようになります。


実際に、倉庫の中や、夜間作業の工場などでは、

今も電動フォークリフト、リーチフォークが大活躍です。


ちなみに、私もリフト免許を持っています、

町田市の小松まで取りに行ったなぁ。(^^)v


今現在のガソリンエンジンのミニバイクほどの、

スピードなどは難しいかもしれませんが、

ジュニアライダーの育成や、

趣味やスポーツとして参加する方にとっては、

今よりも環境はよくなると思います。


ライディングの技量も上がり、

もっと広い世界に進みたいのであれば、

ガソリンエンジンに戦いの場を移せば良い事なのです。



そういった観点からも、

電動バイクのレースには、私も賛成しています。


海外の電動バイクを、現地まで行き調べている、

大先輩には、今後も期待しております。(^^)ノ



バイクであれ、自動車であれ、電動でも、

安全で楽しく走る為の基本は、

昔も今も、そして、

未来の世界でも、変わる事はありません。


まず、タイヤ、

そして、ブレーキ、サス、

その考えは、これからも変わりませんね。




大昔は、一般的に競争馬によるレースでした、

「人馬一体」まさに言葉通りです。


2ストロークから、4ストロークへ移行して、

この先は、電動のレースになりそうです、

私の仕事などは、半分は不要になります。



それは、それで良いのです、


多分、その時になっても、、、


あれこれとバタバタしながら、ガチャガチャやりながら、


汗にまみれて、汚れにまみれて、時間に追われながら、


悩んだり、怒ったり、泣いたり、笑ったりしながら、


ライダーやピットクルーと共に、


バイクのレースを楽しんでいると思います。(^^)





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。