浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

西浦4時間耐久レース

愛知県の蒲郡市にある、

スパ西浦の4時間耐久レースに参加する、

ネルガル浜北の応援に出掛けます、

すみません、お店はお休みになります。


久しぶりのレースレポート? になります、

あいかわらず、だらだらと長いブログになってしまいました、

よろしければ、ご覧になってください。



今回のテーマは、

「俺がいなくても自分たちでやれ」

という、放任主義丸出し のテーマです。


ネルガル浜北の村松選手を中心に、

もてぎの耐久レースのメンバー、玉田選手、坂野選手、

さらには、AS原始人より助っ人の望月選手を加えての4人体制です、

どうなる事でしょう。(^^)


マシンは、坂野選手のNSF100です、

前準備、セットアップは、村松選手です、

エンジン自体は、以前に村松選手が組んでいます、

しっかりとよく回る良いエンジンです。



朝5時半にネルガルに集合です、

ピットクルーの杉山さんと私と村松選手のハイエースに乗って行きます。


蒲郡駅前のコンビニで食料と飲み物を捕獲して行きます。

CIMG6917.jpg


西浦の朝は雨です、モサモサと積み下ろしをして準備を進めます。

CIMG6918.jpg


受付、車検、ライダーブリーフィングを済ませて、

練習走行時間になります、雨は続いています、

無理のないように、感触を確かめるぐらいで走ります。


エースライダーによるタイムアタック、

予選のセットアップにライダー達が相談をしています、

私は、写真を撮る係りで~す♪

CIMG6919.jpg


予選は、雨のセットで挑みます、

ジュニアライダーの玉田選手によるタイムアタックになります。


自分たちで進めて、自分たちで決めています、

「初」が多いレースですが、チームの雰囲気はいいです。


予選が始まります、2ストSPクラス、4ストSPクラス、NSF100クラス、

25、6台のすべてのクラスが混走になります、

ゼッケン6番、玉田選手の予選結果は、、、

CIMG6920.jpg


一番グリッド、ポールポジション じゃん、(^^)v

予選を見ていて速いなぁ、、、と、思っていたら、

すげぇ、一番時計です。


「よくやった、よくがんばった」(^^)

みんなで、褒めています。



決勝の準備を進める動きもさらに良くなっています、

やる気満々ですねぇ。(^^)


雨も上がり、天気も良くなってきました、

マシンは、ドライセットにして作戦?を練っています、

側では、雨に濡れたツナギやブーツを干しています。

CIMG6923.jpg


決勝前に記念にパチリッ!

NSF100クラスはもとより、総合でも表彰台を狙っています、

これから4時間の耐久レースに挑みます。

CIMG6929.jpg


お昼12時スタートに向けて、緊張感が増してきます、

各マシンがコースインして行きます。

CIMG6931.jpg


天気は一気に晴れてきましたが、コース上の所々にウエットパッチがあります、

立体交差の下では、まだ路面も濡れています、

その辺りの判断も、一番ライダーの玉田選手にすべてを任せます。

CIMG6937.jpg


ピットクルーのコース外へ退去の指示が出ます、

いよいよスタートになります。

CIMG6940.jpg


この辺りから、写真を撮り忘れています、

すみません、、、。


ピット二階からスタートの様子を見ていた私達です、

さすがにスタートから1コーナーまではSPマシンが速いです、

玉田選手は、3番手に付きます。


それでも、3、4週と進むと、前を走るSPマシンをスリップを使いパスします、

「おおー」(^^)

ライダーもがんばっています、マシンも走っています、

村松選手の組むエンジンは、やはり速いです、

マシンの仕上げも良いです、

いい仕事をするようになったなぁ。


さらには、前を走るSPマシンすらパスして行きます、

「マジかよ」(^^)

ライダー全員が勝ったように喜んでいます、

まあ確かにトップなのですが、レースはまだ始まったばかりです、

スプリントレースなら優勝ですが、気を緩めないようにします。


それでも、、、村松選手には、

「よくやった、良いエンジンで、良いマシンだ」

たまには、褒めてみます、

思わず力強く握手をしてしまいます。


やべぇ、、、俺も浮かれ気味です。(^^)


路面も乾き始め、ペースが上がってくると、

さすがに他のマシンも速いです、SPマシンにはパスされます、

一時間の連続走行不可、のレギュレーションがあります、

玉田選手は、55分の走行後にピットインになります、

二番手の望月選手に交代です、

玉田選手は、ラスト20分に再び走ります。


「お疲れ、いい走りだったよ、しばらく休んでいてくれ」


二番手のAS原始人よりの助っ人望月選手は、

白糸で村松選手とサテライトクラスで3位争いをした仲です、(^^)

その時は、村松選手が前でチェッカーを受けました、

西浦は、望月選手の方が、ちょっと速いみたいです。(^^)


まあ、それにしても、

「昨日の敵は、今日の友」

とは、よく言ったものです、

サテライトでは戦っていたライダー同士が、

去年のワダタク杯から耐久のペアを組んでいます、

やっぱレースって、面白いですねぇ。(^^)


普段は、TZMで走っている望月選手も、今日はNSF100です、

「村松くんのタイムを抜く」

そう言っていた望月選手も良い走りをしています、

着実にラップを重ね、3番手のチームも周回遅れにして、

単独2位でライダー交代になります。


耐久レースでは必須項目? のガソリンの給油になります、

慌てず、確実な作業が求められます、

耐久レースの面白い所です。


いつも通りに、当日の朝決まった役割をみんなが着実に進めます、

大きなトラブルもなく、キッチリと作業が進み、

再びライダーを送り出します。



交代した望月選手に話しかけます、


「お疲れ、良い走りだったよ」

「ありがとうございます」(^^)


春とはいえ、まだ寒さが残る西浦で、

汗を流しながら楽しそうに答えてきます。



メインストレートを村松選手が走り抜けて行きます、

さっきまで、自分の番が近づくと、、、


「やべぇ、、、緊張してきたぁ、、、」(--)


などと言っていましたが、良い走りです。


ちょうど一年前の今頃にNSF100を手にしています、

去年一年間は、本人も認める、濃い一年 でした。(^^)


NSF100で、白糸のシリーズ戦に参加しました、

チャレンジ、サテライト、サテライト、5時間耐久レース、HRCトロフィー、HRCトロフィー

つま恋で、2時間耐久レース、ワダタク杯、スプリント、耐久レース、

ツインリンクもてぎのHRC4時間耐久レース、

などなど、、、まだまだ だな。<爆!


レース前準備、マシンの準備、などなどありましたが、

やはり、走っている時が一番楽しいそうです、

まだまだ勉強中で、覚える事が多いそうです。


バイクが好きで、レースが好きで、

真面目で人当たりが良く、友人も多いです、

これからも伸びていくライダー?、メカニック? です。(^^)


普段は、自分のNSF100で走る村松選手も、今日は坂野選手のNSF100です、

「望月くんのタイムを抜く」

お前ら、、、。(^^)



予定どうりに55分の走行が終わり、坂野選手にライダー交代をします、


「お疲れ、良い走りだったよ」

「ありがとうございます、いやー、あのマシン走っています」(^^)


自画自賛?(^^)

まあ、自信を付ける事は、良い事だと思います、

俺も認めるよ、良いマシンだ、良い仕事だ。



坂野選手の走行が続きます、

普段は仕事柄日曜日休みが取りにくく、練習走行がなかなかできませんが、

レースの参加回数が増える事に、良い走りをするようになっています。


「人生で初めての表彰台に乗れるかも?」


レース前に言っていましたが、


「みんなで力を合わせれば、きっと出来るよ、がんばろうぜ」


そう答えると。


「がんばります」(^^)


元気に答えてきた。



ところで、「良い走り」って何でしょうか?


当然、速い事が一番なのかもしれませんが、

私はこう考えています、


「今、出来る一番の走りをする事」


ただ、その一点です。


レースですので、速い、遅い、は必ず付いてきます、

ライダーが、一生懸命に走っているか?

自分のベストの走りをしているか?

勝負を諦めたりしないで、戦っているか?


コンマ1秒でも速く、、、

1センチでも前に、1ミリでも前に、、、

今だ見えないフィニッシュラインまで、ただひたすらに走る事、、、


そういった、口先だけではない、ライダーの気持ち、ライダーの走りは、

見ている側にも伝わってきます。


坂野選手のひたむきな気持ちの現れた走りです。

CIMG6944.jpg



、、、今日のレースを楽しみにしていた、

坂野選手の苦しくも楽しいライディングの時間は、

予定の半分を過ぎた頃に、突然のトラブルにより終わりを迎える事になる。


「ペースが落ちてきた」


プラットフォームで見ていた私達に、不安と緊張が走る、、、。


ストレートを走り抜け、立体交差で見えなくなった坂野選手が上がってきた時に、

こちらに向かって手を上げた、、、。


「まずい、トラブルだ」


急遽、予定より早くライダー交代の準備を進める、

ラスト40分を再び玉田選手に託す事になる。


スローダウンしたマシンで坂野選手がピットに帰ってくる、


「どうした?」


「チェンジリンクが外れました」


ひと目で分かった、


「ホルダーごと交換だ」


ピットクルー全員の作業が始まる、各々が修復作業に取り掛かる、

慌てる事はない、大丈夫だ、まだまだチャンスも、時間もある、

確実な仕事、今はそれを一番に考え無意識に手を動かす。


作業が終わると、準備していた玉田選手に一声、二声かけて送り出す、

俺はなんと言ったのだろうか? 、、、覚えていない、

多分、「がんばれ」ぐらいだったと思う、、、。


修復作業自体はさほど時間はかからなかった、

むしろ、ピットクルー全員で早く終わらせたぐらいだと思う、

それでも、順位は下がってしまった。



玉田選手を送り出した後に坂野選手が言った、


「すみません、、、」


いつもの元気で陽気な表情は影もなく、

いまにも消えてしまいそうな声だった、、、。


「気にするな、ピットに帰ってきたのが一番だ、よくがんばった」(^^)


ピットにいる全員がそう思っていた、

3速でリンクが外れたそうだが、とっさに手を上げてピットに合図を送ってきた、

転倒などなく無事にマシンをピットに運んできた、

急なトラブルでも落ち着いて対応して、

ライダーとして一番良い仕事をしたのだから、胸を張って良いと思う。


「お疲れ、良い走りだったよ」


それは、ピットクルー全員の言葉です。




4時間耐久レースも、残りわずかになり、

トラブルにより下がったポジションを挽回しようと玉田選手の走りが続く。


トップはSPマシンが全車ラップをしながら逃げている、

2位のマシンまで、2週遅れ、

3位、4位のマシンまで、1週遅れ、

総合では5位、NSF100クラスでは2位、

残り時間は、30分ほどです。


一周につき、3秒ほど速いペースで玉田選手が追い上げています、

残り時間を計算すると、、、

ギリギリ、、、3位まで届くか?


プラットフォームから応援する私達は、

玉田選手がストレートに帰ってくるたびに、

硬く握り締めた手を振りながら応援をしている。



、、、そんな事は、物理的には、なんの効果もない、

応援でマシンが速くなる事はない、無駄な事なのだ、

それは、誰もが知っている事です。



、、、それでも、

私達は、玉田選手を応援している、

みんな必死になって応援をしている。


「がんばれぇぇ」と叫んでいる私達の声も、

風切り音とエキゾーストにさえぎられて、ライダーの耳に届く事はない。


誰もが分かっている事なのだ、、、

それでも、私達は応援を続けている。


疲れた体で、へたり始めたマシンで、磨り減ってきたタイヤで、

玉田選手は、自己ベストを更新しながら、

前に、前に、気持ちとマシンを持っていく。


玉田選手は走る、ただひたすらに走る、

一人がみんなのために、みんなが一人のために、

ああ、、、いいチームだなぁ、と思った。



ひとつのチームでプラットフォームに入れる人数は決まっている、

玉田選手の走りを一番近くで見たいと思う親父さんが気になり、

ピットに目を向ける。


、、、いない?



親父さんは、私達に遠慮して、

一人ピットの上から息子の走りを見守っていた。

CIMG6947.jpg


玉田選手と組み始めてすでに一年が経っているが、

玉田選手の事を一番見守っているいるのは、

やはり親父さんでしたねぇ。


「絡んだ!」

そう叫ぶのは、親父さん、

コースに目をやると、玉田選手が転倒をしている。


どうやら目の前の転倒に巻き込まれた様子です、

後続のマシンも絡み、3台が転倒しています、

再び、ピットに戻り修復のための準備をして待ちます。


残りは、10分ほどです、

マシンを起こして再び走り出した玉田選手が、

メインストレートを走り抜けます。


大事はなかったようです、

ここはすべてライダーの玉田選手に判断を任せます。


ギリギリでの転倒にドキドキしながらも、

チェッカーフラッグが用意され、

4時間耐久レースが終わりを迎えます。


4時間耐久レースのゴールです、

ストレートに帰ってくるライダーは、

各々に自分達のチームにガッツポーズを向けています。


その中に、元気にガッツポーズをしながら、

ゴールラインを通過する玉田選手の姿もあります。


全員に安堵の表情と、

「お疲れ様です」(^^)

笑顔が戻ってきます。


みんなで、一人一人の健闘をたたえて握手をします、

私の一番好きな時間です。(^^)



入賞車両の保管、公式発表を待ちます、

といいますか、、、

車両保管をされているという事は、、、。(^^)




総合では、5位フィニッシュになりましたが、

がんばりましたぁ、(^^)<なにもやっていないオッサン

NSF100クラスでは、2位表彰台です。(^^)v


初のエースライダーの玉田選手、

初のNSF100のレースの望月選手、

初の表彰台に上がり満面の笑みの坂野選手、

初のポールポジションマシン作製の村松選手、

みんなよくがんばりました。

CIMG6950.jpg


うれしそうに帰ってきます。(^^)

CIMG6951.jpg


クリスタルの盾を受け取り、大喜びのライダー達、

大丈夫だよ、写真とか撮らなくても、消えたりしないよ。(^^)

CIMG6952.jpg


ピットに戻ってきて、記念にパチリッ!

良いマシンと、良いチームだな。(^^)

CIMG6956.jpg


驚く事に、2位の副賞として、

賞金3万円 が出ました、

さしあたっては、坂野選手のマシンの修復に使います、

残りは、ライダーで山分けです。(^^)



うっうん!

おなかがすいたなぁ、俺。(^^)



ライダー達は、すでに次のレースの話などしています、

ねぇ、聞いている、、、。



二輪工房ネルガル、

NSF100のレースに参加するようになったのは、

榛地選手、松下選手、斉藤選手、川池選手、

など、レース経験者が多かった始めの頃を一期生としたならば、

その後に続き、先輩のアドバイスを聞き練習走行、レースをする、

鈴木選手、木村選手、玉田選手、坂野選手、村松選手、

などが、一からレースを始めた二期生になります、

それぞれ、少しずつですが、着実に前に進んでいます、

今日のレースも、良い経験になったと思います。


バイクに乗る、レースに出る、それは、、、

いろいろと大変で、苦しく、難しく、

楽しかったり、悔しかったり、

膨らんだり、凹んだり、

いろいろな事を勉強して、

いろいろと経験をして、

思い出になっていきます。



それが面白く、

私もまた、どこかで誰かとチームを組むと思います。



よろしければ、

また、応援してください。






エースライダー (本当によくがんばりました鈴鹿ミニモトへのお誘いもある)

玉田敬済


セカンドライダー (石のお金も石斧も持っていなかったAS原始人)

望月孝雄


サードライダー (マシン作製でヘロヘロでも初ポールはうれしそう)

村松亮太


フォースライダー (クリスタルのトロフィーをOAナガシマ掛川店に飾ります)

坂野祐隆


チーム監督 (今年も木の上に立ってでも見守ります)

玉田選手の親父さん


タイムキーパー (ただ今NSRで練習走行を重ねています)

杉山大介


写真を撮る係り (お弁当ごちそうさまです)

てんちょう



2010年、2月28日(日)

スパ西浦モーターパーク にて、

二輪工房ネルガル




本当に楽しかったです。(^^)




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なにはともあれ、おめでとうございます

店長さん

サポートご苦労様です。
今回は参加出来ませんで、済みませんでした。
皆さんも、いい経験をされたみたいで良かったです。

例のサス、非常に良いです。

また、よろしくお願い致します。

KITE(かいと)パパ | URL | 2010年03月03日(Wed)06:08 [EDIT]


こんんちは(^^)

こんんちは(^^)


西浦のレース、がんばってきましたぁ、(^^)v

と言っても、、、、ライダー達がです。<爆


海斗くんの参加も楽しみにしていました、

また、チャンスがあったら一緒にチームを組みましょう。


いろいろな経験をして、みんな少しずつ前に進んでいます、

良い事もありますし、悪い事もあります、

それでも、ライダーの成長、人の成長には必ず必要ですので、

いろいろな経験をさせてあげたいですねぇ。


自分自身の体験や、経験した事は、

必ず記憶に残るのです、

いっぱいあっても良いと思います、

みんな、ただ今勉強中です。(^^)


私は、みんなにいろいろな経験や、

勉強をしてもらいたいと思っています、

それは、いっぱいあっても邪魔にならないし重くもないです。(^^)


バイクも、レースも、耐久も、

人間を成長させてくれます、

私も、まだまだ勉強中です、

みなで、がんばりましょう。(^^)

 
ちなみに、今回のタイムキーパーの方が、

NSRのサスキットの製作者です。


てんちょう | URL | 2010年03月03日(Wed)11:49 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。