浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

XR100のヨシムラカム

以前にネルガルで販売したXR100モタードの整備を進めています。


今回は、以前に購入したヨシムラキットのカムの組込みです、

来週には、新しいマフラーが到着します。


今までは、キャブのみヨシムラを使っていました、

こちらのマシンです、、、

と言っても、すでに外装は取り外されています。(^^)

CIMG6658.jpg


サクサクと進めていきます。

CIMG6661.jpg


実はこの後に、エンジンを整備する時の注意点があります、

特に、今回のように初めてエンジンを開ける時などですが、

スタットボルトが共回り をします。


縦エンジンの場合は、カムホルダーを取り外した状態で、

ダブルナットを使い、スタットボルトの締め直しが必要になります。


その作業を怠ると、規定トルクでカムホルダーを組んでも、トルクの逃げが出ます、

当然、トルク不足でエンジンの不調や、オイル漏れの原因になったりもします、

十分にご注意ください。


サクサクと進み、規定トルクで組上げて、タイミングを拾います、

その後に、イン、エキゾーストのタペット調整になります、

カムを変えるのですから当然、必要な作業になります。

CIMG6662.jpg



この時も、スタットボルトのトルクの逃げが出ている時は、

当然、正確なタペットクリアランスは取れません、

最悪の場合は、エンジンの破損につながります、

十分にご注意ください。


こういった、ついつい見逃しがちな所や、忘れがちな所などで、

「まあ、いいかなぁ」などと、いい加減な考えで作業をしないから、

バイク屋さんが組んだエンジンは壊れないのです。


もしご自身で作業をしてみようかなぁ、、、とお考えでしたら、

決して忘れないように、

くれぐれもご注意ください。




中央線は雨に弱い、

特に朝の時間帯が、、、。(--)



そんな事を思い出しています。<爆!





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。