浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アーシングなど少々

たまには、バイク屋さんらしい事を(^^)

今回整備している車体は、
スズキのバンディット250の後期モデルです。

久しぶりの250のマルチエンジン、
非常に面倒くさいですが<えっ(^^)
非常に楽しいマシンですね。

さしたって、キャブレターのOHです、
写真を撮り忘れていたことは秘密です。

始動性、アイドリング、吹け上がり、
共に良いと思います、ガス漏れ、オイル漏れもありません、
どうやらバランス良く仕上がっている様子です。

その後にオイル交換、エレメント交換、
点火プラグの交換ですね。

ファーン、と吹け上がるフィーリングは、
250のマルチエンジン独特のものです、
小さく軽いピストンで軽々レッドゾーンまで吹け上がるエンジン、
非常に楽しいエンジンで良いマシンですね。

やべぇ、、、早くテスト走行に行きたくなる(^^)


今回はさらにアーシングなどをします、
250のマルチエンジンにありがちな、
「始動性の悪さ」
といわれるネガな部分への対策です。

アーシングとは、大雑把に説明すると、
マイナス電気の通電強化です。

古くなった金属、熱をもった金属、
ハーネスの劣化など電気系は日々痛んでいきます。

マイナス電気のパイパス工事です、
それによる効果はあります。

体感的にかなり違います、トルク感がぜんぜん違います、
それでも乗った人にしかわからないという、
非常に地味な私好みのお仕事です。(^^)

見た目には変わりません、
派手なカスタムでもありません、
わからない人には意味がないでしょう。

過去に何台も仕上げていますが、
アーシングをして乗っている人の評判は非常に良いです。

違いがわかるライダーの方には私のお店は大事にされています、
ありがたい事です、長くお付き合いしていきたいです。


こんな感じです

CIMG0408.jpg


赤いハーネスが、自作のアーシングです

CIMG0410.jpg


やり方はそれぞれの違います

CIMG0413.jpg


エアクリーナボックスの取り付け

CIMG0414.jpg


エアフィルターを交換してふた?をします

CIMG0416.jpg


マシンを直立させて、エンジン始動です、
ワクワクします(^^)

CIMG0418.jpg


ここからが、楽しいのです(^^)
アイドリングを下げていきます。

500回転ぐらいでどうかな?
回転数が低いほど発電数値は低いです、
当然点火プラグの放電(発火)は低いです。


その状態でアイドリングしていれば、
アーシング効果がある証拠です

CIMG0419.jpg


(^^)
丁寧にアイドリングしています、
もう少し下げてみます

CIMG0420.jpg


さすがに止まった(^^)
リトライです

CIMG0421.jpg


OKです、(^^)
ボヒュッ、ボヒュッ、ボヒュッと止まりそうな回転で、
きっちりとアイドリングしています

どうやら上手くいったようです、
その状態からでも軽々と吹け上がります

CIMG0423.jpg



やべぇ、早くテスト走行に行きたいっっ(^^)

通常アイドリング数値に戻して、
様子を見る、、、

OKです(^^)
キャブのOH、交換整備、エンジンの状態、
共に状態は非常に良いと思います。

高価な部品ののチューニングではありません、
いたって安上がりで、効果的な方法です。




今回のバンディットも、もう少し手を入れます、
仕上がりが楽しみです。

テスト走行に出る瞬間を想像すると楽しみでドキドキします、
もう20年以上バイクに乗っていますが、
このドキドキ感は14歳(^^)のあの時と変わりません。


バイクは楽しいですね、
この仕事が大好きです、
一生バイク屋さんで良いです。



私は、しあわせだと思います。






まだまだ、
やる事はありますが、、、


早くテスト走行に行きたい(^^)


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。