浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

500㏄の、、、

いやー、痛めていた右手で、
500㏄のペットボトルが持てるようになった(^^)


左手でキャップを開けようとしたら、
右手に力が入らず空回りします(TT)
それでも、ほとんど痛みがなくなりました。


がんばって右手で飲もうとしたら、

、、、落としました

やれやれ、筋力落ちているなぁ(^^)<がんばってぇクララ



左手はあいかわらず器用です、
字も書けますし、お箸の使い方も上手になりました、
こちらは、喜ぶべき事なのだろうか?



100のレース用エンジンのOHを一機頼まれています、
左手で組み上げる事もできるが、
いまだに手を付けてはいません。

(ごめんなさい、もう少しまってね)


レース用はマニュアルどうりに組み上げる事より、
感に頼る部分が多いのです。

クランクを右手で軽く、
「スッ、スッ、スッ」
と回した感覚。

ミッションを指先で軽く、
「スッ、スッ、スッ」
と回した感覚。

シリンダーやピストンもそうなのです、
ノックピンがありますが、微妙に補正が利くのです、
やはりシリンダー、シリンダーヘッドの組み込みなどには、
右手でクランクを回しながらの感が頼りです。

2ストのようにシリンダーのセンターが取れれば楽なのですが、
4ストは2ストほど簡単には行きませんねぇ。

カムの組み込み、カムホルダーの締め付けも、
カムを右手の指で「スッー」と回した、
あの感覚が頼りなのです。

エンジンは、一機、一機の個体差が大きいのです、
締め付けトルクは、弱すぎても、強すぎてもダメなのです、
最後の最後は、自分の感が頼りなのです。




右手の痛みは、ほとんどありません、
少しずつですが、力も入るようになりました。

元どうりに戻るかは、今の所はわかりません、
少々不安に思ったりもします。




大丈夫、きっと元どうりに戻ると思う、
また、感覚でエンジンを組む事も出来ると思う。

壊れる事無く、全開で回るあのエンジンを、
みんなが待っている。

年内であと12、3回のエンジンの組み上げやOHの予定がある、
まだまだ今年もがんばらなければいけない。





痛みも消えてきたし、大丈夫だと思う。







それでも、正直な所は、











怖い









スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。