浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

インパルスのキャブ

先日お預かりしたスズキのインパルスのキャブのOHを進めます。

ようやっと時間がとれました、

預かってから結構たちますねぇ、、、。


サクサクばらしてキャブを開けた感じでは、

湿気が混入しています。

走行中に止まってしまうのは、

タンク内の水が何かの拍子にキャブに入ったりしてでしょう。




フロートチャンバーには、サビやゴミと共に、

湿気による母材の痛みもあります、

アルミボディーが黒く変色しています。

CIMG4596.jpg


キャブボディー本体にも湿気により、

何か?(^^)が付着しています。

CIMG4599.jpg


サクサクばらして、洗浄して、

自然乾燥中です。

CIMG4607.jpg


バイクは、サイドスタンドで止める事が多いので、

湿気、水分は、左側により易いです、

左側ほど湿気による痛みが多いです。

CIMG4609.jpg


キャブ自体がこの感じでは、

結構な水分がガソリンタンク内にあると思います、

ガソリンコックを外して、タンク内のガソリンを抜きます。


やっぱり(^^) ガソリンに混じって水が出てきます、

もったいないけど、タンク内のガソリンを捨てます、

タンクを開けたまま乾燥中にガソリンコックの洗浄も進めます。


開けてみると、ゲロッ(^^) 
と、ガソリンと湿気が混じって化学反応をを起こした、何か?が固まっています。

CIMG4592.jpg


サクサク洗浄して、磨き上げます、

自然乾燥中。

CIMG4593.jpg

 

組み上げをしてテスト走行をしてみると、

エンジンは軽く吹け上がり、キャブの安定感もあるのですが、、、

回転数を上げると、ガス欠状態になります。


燃料コックを、ON、RES、ではなく、PRIにすると、

ご機嫌に走り続けます。(^^)v


きれいに洗浄したのですが、

燃料コックのダイヤフラムが痛んでるようですねぇ、、、。



確か、、、スズキは、燃料コック全部で交換になった気がする、、、

微妙に金額が高かった覚えがある、、、

このままでも使えない事はない、、、。



どうしましょう?(^^)


オーナーさんとご相談ですね。











スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。