浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

RVF400の整備

ホンダのRVF400の整備を進めます。


レーサーレプリカ時代の最強マシンです、

今、見てもいい造りですねぇ。(^^)


走行中に電装系が全部落ちたそうです、

バッテリーも弱かったそうですので、

多分、レギュレーターレクチファイヤーとバッテリー交換、

ヒューズ交換でいけると思います。


まあ、NC35ですからねぇ。(^^)

CIMG4401.jpg



サクサクばらして、バッテリーの電圧を計ります、

7.8Vぐらいはあります、

メインキーを回してみてもランプすらつきません。


まずは、メインヒューズ交換です、

マグネットの下から新しいヒューズをあてがってみるとランプがうっすらとつきます。


切れていますね、(^^)v

早速開けてみようと思ったのですが、、、

メインヒューズのカバーが外れねぇ、、、

左右のツメは開いているので、カプラーだけのはずですが、、、


多分、くっついています、


ウリャウリャと粘ってみても外れそうにないので、

バイスで握って外します、、、


くっついていました~♪

CIMG4406.jpg


レギュレーターがダメになり、走行により過電圧になり、

熱でカプラーが溶けてくっついてしまったのでしょう、

その時ヒューズも切れたのだと思います。


ヒューズは切れていましたので、

新しい物と交換です。

CIMG4405.jpg



カッターの先端で、きれいにそろえて、

新しいヒューズを差込み、

さしあたってこれで様子を見ます。

CIMG4409.jpg


シートカウルを外したついでに、

リザーバータンクのクーラントも補充しておきます。

CIMG4410.jpg


アッパーレベルまでキッチリ入れていきます。

CIMG4411.jpg




バッテリーの電圧が下がった理由は、

レギュレーターの不良です、

新しい物と交換をします。


ちなみに、ブラックバードや、VTR1000もこのレギュレーターですが、

対策品のモデルで部品が届きます、

アルミボディで冷却のフィンが付いています。

CIMG4403.jpg


レギュレーターはシートレールの左側です。

CIMG4402.jpg


対策品のレギュレーターは汎用品です、

RVFには付属のプレートと共締めをします。

CIMG4404.jpg


新しいバッテリーも取り付けが終わり、

メインキーを回してみます、

すべてのランプが明るくつきます。(^^)v


セルを回してみると、、、


キュルル、、、、バイィーン


あっさりとエンジンがかかりました、

しばらく様子を見て電圧を拾ってみますが、

特に問題はない様です。


今回の仕事も終わりです、

シャバッシャバッと洗車をして自然乾燥中。

CIMG4413.jpg


RVF、、、

ホンダのV4エンジンの音は、今聞いても独特ですねぇ、

アイドリングでは、バリュバリュバリュ、、、

ゆっくり開けていくと、ニャャャァァ、、、

高回転で回る時は、バリュウウウゥゥゥーン、、、


うーん、表現しにくいなぁ(^^)

伝わるかなぁ、、、。



池本選手ぅぅ、そんな感じですよねぇ?(^^)

ちなみに、、、どうして裏なの?

CIMG0347.jpg


CIMG0356.jpg


今年の鈴鹿の4時間耐久レースに、

みんなのよく知っている、 が出走する事になりそうです。



無事に終わったら、

焼肉ですね。(^^)








スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。