浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

キタコ合体ヨシムラ

ホンダのエイプのボアアップエンジンのOHをします。


キタコの82?ボアアップのスペシャルヘッドキットです、

ちなみにカムはヨシムラです、

、、、多分。(^^)


と、言うのも、

私が組んだエンジンではありませんので、、、、

今回は、普通に?OHです。


あちらこちらが、微妙に変えてあります、

バラシながら考えます。(^^)v


さしあたって、マフラーの取り付けボルトが変えてありますねぇ。(^^)

CIMG4260.jpg


パカッと開けて、燃焼具合はこんな感じです、

やや、、、濃い?

ちなみにオイルはモチュールの300Vですねぇ。

CIMG4264.jpg


ヘッド周りは、こんな感じです、

いい具合です。

CIMG4265.jpg


ピストンの具合もいいですねぇ、

走行も短く、オイルの恩恵も大きいでしょう。

CIMG4266.jpg


クランクケースを開けて、ミッション周りと、クランクの点検をします。

CIMG4267.jpg


ケース内側のスラッジなども少なく、

ベアリング周りの状態もいいですねぇ。


ちなみにオイルポンプは強化品で、

オリフィスの径も拡張してありました。

CIMG4269.jpg


サクサクばらして、いきます。

CIMG4258.jpg


ミッション、クランク、などの洗浄、自然乾燥をしている間に、

ヘッド周りのカーボン取りを進めて、バルブ周りの採寸を進めます。

CIMG4273.jpg


気になった点は、イン、エキゾーストのポートです。


キタコのキットって、、、こんなんだっけ?

組んだ人がリューターで適当にかじった感じですねぇ、、、

リューターのピットがインマニ面に当たった跡があります。(^^)

CIMG4276.jpg


まあ、これでも走れていたそうですので、

そのままでもいいのでしょうが、、、


見て、気が付いた時点で、

、、、私の負けです。


大体のところまで磨きます、、、(T T)

どうしてこの作業になったのかは、、、

考えたら負けです、、、

考えるな、俺、(><)

ひたすらと手作業により研磨を進めます。

CIMG4288.jpg


さしあたって、これぐらいでOK?

CIMG4285.jpg


バルブの摺り合わせをします、

当たり面もいい具合です。

CIMG4297.jpg



クランク周りから、ケースを組み、シリンダーまで組上げています、

途中の写真は撮り忘れています、(^^)v

状態もよく、きれいでしょ?

CIMG4271.jpg


カムチェーンの状態もよく、遊びもでていません。

CIMG4272.jpg



ところで、、、

まったく関係のないお話なのですが、、、。


こんな地味な作業日誌を見ている人はいるのだろうか、、、

エンジン周りに興味のない人にしてみれば、

まったく興味のない作業風景ですねぇ。(^^)



実は、今回は、

さらに地味な作業に進みます。(^^)v


3、4年前にキタコキットでエンジンを組んだ時のマニュアルを引っ張り出してきます、

黄色い方までがキタコキットのマニュアルです、

ちなみに隣のページからは、タケガワキットのマニュアルです。

CIMG4307.jpg


問題は、キタコキットでありながら、

カムはヨシムラだった事です。

CIMG4302.jpg


ネルガルでも以前にキタコキット、合体!ヨシムラカムを使っていました、

当時の溝口選手のレース用の4ストマシンがそうです、

いやー、なつかしいなぁ。(^^)


当然、ヨシムラのマニュアルも保管してあります。

CIMG4308.jpg


ヨシムラのカムプロファイです。

CIMG4309.jpg


以前のネルガルのレース用もそうでしたが、

今回のエンジンも走れていたのでいいと思うのですが、

確認のためにバルタイ、バルブクリアランスを拾います。


一段と地味な作業に入りますが、

たまにはこういった作業もやらないと感が鈍ります、

私自身の感覚を忘れないようにするためでもあり、

スキルアップのためにも、

地味な作業を進めます。


カムホルダーを取り付け、

カムチェーンテンショナーの調整も進めて、

タペットクリアランスを規定値で決めます。

CIMG4313.jpg


タイミングプレートをあててセンターを拾います。

CIMG4317.jpg


インテーク側のバルタイとバルブクリアランスを拾います。

CIMG4319.jpg


ちなみに、私が使っているゲージは、ミニ用ではないので、

インテーク側を進めている時は、

タイミングプレートの裏側にゲージがあります。


エンジンの右側と左側を交互に見ながら作業を進めます、

確認のためにも何回も左右に体を振ります、

多分、その後姿は、、、

デンプシーロールで攻撃中の、
幕之内一歩のようです♪


、、、えらく遅いけど。(^^)


107、0°でちょうどいいと思います、

クリアランスは、1、2以上はあります。

CIMG4321_20090521233819.jpg


見やすいエキゾースト側に進みます。(^^)

CIMG4322.jpg


103、6°でちょうどいいです、

バルブクリアランスも、1、3以上はあります。

CIMG4326.jpg

CIMG4329.jpg


バルブクリアランスは、

カムとロッカーアームの間にマイナスドライバーを差し込みロッカーアームを押します、

あまり強い力をかけると、カジリ、傷が入ります、

ちから加減に気をつけないといけません。


もう一点は、組み込み時と、

一回でもエンジンに火を入れた後では、

100パーセント、数値が変わります。


初期グリスやオイルの表面の厚さ分、数値が変わります、

組み込み初期時は、大体の数値で拾っていきます。


ここらあたりは、、、感覚的に、、、ですね。


オーバーラップ時の、バルブクリアランスも十分にあります、

多少はジャンプしても問題はなさそうです、

エンジン回転数は、12、、、13000あたりまで問題はなさそうです。




カム周りの確認も終わり、

今回のエンジンOHも終わりかなぁ、、、と、思っていたら、

リアサスとタイヤを受け取りに、

村松くん登場。(^^)



せっかくですので、

タイミングよく登場した、村松くんの勉強の為にも、

同じ作業をもう一度進めて説明をします。


「へぇ、、、なるほどぉ、、、」


と、感心しながら説明を受けた村松くんから、

授業料代わりに、持参した缶コーヒーを差し出されました。

CIMG4330.jpg


どうやら、

私の授業も、120円ぐらいの価値はあるようです。(^^)v




私の母親の両親は、高校の先生だったと聞いた事がある、

当時の時代からいっても、立派な仕事をしていたと思う。


残念ながら、私が生まれる前に、お二人とも他界していて、

私は会った事がない、、、。


母親も、姉も教育関係の道を進んだ、

なぜか?私は、バイク屋さんになりました、

ごめん、ママン。(^^)



進む道は違えども、

最近は、私も若い人に仕事を教える事が多い、

そういった時に、祖父、祖母の事を近くに感じる。



どうやらネルガルは、、、

大きなお店にはなりそうにもないです。



それでも、先輩たちから教わった事を、

後に続く人たちに伝える事は出来そうです。



人として生まれて、

人間らしいひとつぐらいの仕事は出来そうです。




母親や、おじいさんたちに、


ちょっとは、自慢できるかなぁ、、、。








スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いつもブログ拝見させていただいてます。
もう、毎日必ず一回訪問して更新内容を読んでから就寝が私の日課です。
今日のもすごく勉強になりました。
これからもブログの更新とても楽しみにしています。
ガンバってください!

白糸ヘタッピレーサー | URL | 2009年05月23日(Sat)01:25 [EDIT]


こんにちわ(^^)

こんにちわ。(^^)

白糸のレースの時は、なるべく顔を出すようにしています、

見かけたら、お気軽に声をかけてください。


みなさんのレース活動の参考になれば、

私もしあわせに思います。


これからも、がんばりますので、

生温かく見守ってください、

できるだけ、、、

こまめに更新するようにします。(^^)



てんちょう | URL | 2009年05月23日(Sat)14:37 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。