浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

モタードのシム調整


ホンダのXR100モタードのエンジンのシム調整をします。


本来ならロッカーアームのアジャストスクリューでクリアランスの調整をしますが、

今回のマシンは、以前に組み上げをした、ヨシムラキットのエンジンです、

タペット調整は、シム交換になります。


こちらのマシンです、

サクサクと進めます。

CIMG4220.jpg


リアウインカーの増し締めもしますので、

さしあたっては、外装関係の取り外しです。

CIMG4222.jpg


まあ、このマシンの何がいいかと言うと、

ワンオフ加工のセンター出しマフラーです。


ヤマモトレーシングのスペックAベースで、

オーヴァーレーシングのサイレンサーのセンター出しです。

CIMG4223.jpg


サクサク進めて、カム周りはこんな感じです、

きれいでしょ。(^^)

オイルは、モチュールです、

この後にオイル交換をしますが、これから暑くなりますので、

今までより、少し固めのオイルで交換をします。

CIMG4225.jpg


シムは、番手により厚さが違います、

今のクリアランスを計った後に適正サイズを探ります。

CIMG4221.jpg


ロッカーアームの先端は、スクリュータイプではありません、

リテーナーの中に見えるのが調整用のシムです。

CIMG4226.jpg


シムの交換後は、カムチェーンのガイド調整もします、

こちらは、指で押した具合と、エンジンの音を聞きながら調整します。

CIMG4228.jpg


ちなみに、カムカバーにチョロッと見えているのは、

ブリーザーパイプです、こちらもノーマルベースのワンオフ品です。



タペットクリアランスは、狭すぎてもダメですし、

広すぎてもダメです、

規定値の中にキッチリとあわせるのが一番いいのです。


後は、、、走った具合で大体を決めます。(^^)v



ヨシムラのエンジンキットは、総じて精度もよく丈夫です、

オイル交換と調整をしていけば、かなり長持ちします。


キット自体の金額は、そこそこ、、、と言いますか、高いのですが、(^^)

それに見合うだけの楽しさと丈夫さがあります。


こういった仕事のひとつひとつも、

私の勉強でもあります。


これからも、がんばります。





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。