浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SRXのエンジンなど

最近、足に使っているSRX400ですが、
エンジンを積み替えます。


今日は、ふと、時間が空きました、、、

先日ご契約をいただいたバイクの整備があるのですが、
部品待ちの状態になりました、
新車の方は、入庫待ち状態です。

来週の車検予定もあるのですが、、、
バイクがまだ入庫していません。(^^)


そんなこんなで、珍しく時間が取れたので、
SRX400のエンジンの積み替えと、整備を進めます。

なにせ、下取りで入ってきたバイクです、
走行距離が、39000キロを超えています。(^^)

それでも、大事に使われていたのと、
整備をしていた某ディーラーのメカニックがしっかりとしていたので、(^^)
個々の部品は交換が進んでいて、状態のいい車体になります。

車検も残っていたので、売り物兼、代車兼、私の足(^^)として使っていました、
上手い具合に走行距離の短いエンジンを業者さんが持っていたので、
以前に捕獲してありました、時間ができたので積み替えをします。

OHも検討していたのですが、、、
まあ、なにせヤマハのエンジン部品は高いもので、、、
お得感のあるエンジン積み替えの方向で進めます。


お昼過ぎから急遽始まりますので、
サクサクと進めて行きます。

こちらの車体です。

CIMG3080.jpg


さしあたって、オイルを抜きます。

オイルラインのパイプも取り外します、
ヤマハは良い設計です、しっかりとストレーナーが入っています。

CIMG3082.jpg


SRXは、ドライサンプ方式です、
オイルが抜けるのに時間がかかります、
その間にキャブとマフラーなどを取り外します。

CIMG3084.jpg


オイルクーラー、オイルタンク、フレーム、エンジンハンガーを外し、
エアークリーナボックスの上、エアエレメントの取り外し、
配線カプラーを取り外し、エンジンを下ろします。

CIMG3085.jpg


同じ手順でエンジンを積みます。

まあ、400ccのエンジンとはいえ単機です、
手作業で十分です、(^^)
4気筒は、チェーンブロックで積み上げたりします。

他の方法としては、
フロントタイヤとフェンダー、フロントフォークを外して、
置いてあるエンジンに、フレームを合わせる、
という、コロンブスの卵的発想の方法もあります。(^^)

CIMG3086.jpg


ちなみに、エンジンの取り外しから、積み替えの時は、
ボルト、ナットなどの取り外し、取り付けの順番があります。

まあ、大体ですけどね、(^^)

順番は、守っている方が良いので、
私はきっちりと守っています。

CIMG3094.jpg


さしあたって、エンジンの積み替えは終わりました、
せっかくですので、キャブの洗浄を進めます。

まあ、もともと、、、と言うか、さっきまで走っていましたので、(^^)
汚れ落しと、調整ぐらいです。

特徴的なSRXのキャブです、左右で形が違います、
フロートが付いているのは、左側だけです、
右側は、必要な時だけ左から吸い上げています。

CIMG3088.jpg


さらに、笑えるのは、<コラコラ(^^)

左側は、強制開閉式、右側は、負圧式(ダイヤフラム方式)です、
左右非対称です、見た目の大きさも違います。

CIMG3092.jpg


こういった造りの良さから、SRXは、超低速から高速まで、
非常にスムーズな加速、スムーズな走りをします。

ねっ?こういった、
アイディア満載のバイクって好きでしょ、俺。(^^)v

汚れていたキャブの洗浄も終わり、
夕方には、エンジン始動ができました。(^^)v

状態の良いエンジンを業者さんが管理していましたので、
当然ですが、状態が良いです。


今日は、8時過ぎより打ち合わせがありますので、
今日の作業は、ここまでです、
最後の仕上げは、明日にとっておきます。(^^)


この後は、当然、アーシング、ハイテンションコードの取り付け、
などなどをして、テスト走行になります。


いやー、

楽しみですねぇ。(^^)v




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。