浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エンジン始動です

OHが終わり組み上がったエンジンを、

シャーシに積み込みをしてエンジン始動になります。


特別に問題がなくサクサクと進みました、
仕上がったエンジンをシャーシに積み込みます。

今回は、再びオイルのテストも進めるようです、
オイルクーラーも取り外して洗浄してあります、
こちらも取り付けをします。

マフラー、キャブレター、電装系、を取り付けます、
ここら辺は、今までと同じ組付けになります。


こんな感じです。

CIMG2999.jpg

外見的には、OH前と変わりません、(^^)
まあ、当然と言えば、当然ですねぇ。

写真的にも、後ろの置いてある物が変わったぐらいです、<爆
まあ、日々仕事は進みますからねぇ。


この状態で、

「カムが変わりましたね?」

と、分かる人がいたら、、、敬服します。(^^)


中身が微妙に変わったエンジン周りです。

CIMG3001.jpg



よぉく見ると、軽量リテーナーに変わっているのが、、、

分かる方がいましたら、、、多分、神様です。(^^)

CIMG3004.jpg



エンジン始動は、特に問題もなく、あっさりとかかります、(^^)v
アイドリングも落ち着いていて、状態は良さそうです、
初期のオイル滲みはありますが、オイル漏れはなさそうです。

クラッチ、ミッションもスムーズに動きます、
1速から、ゆっくりと6速までシフトアップをします、
6速から、ゆっくりと1速までシフトダウンをします、
特に問題はなさそうです。


少し高めのアイドリングで慣らしをしながら、
止まったままのメーター周りの確認を進めていますが、
メーター周りが動かないのは、電圧不足のようですねぇ、、、。

こちらは、正直手がかかりそうです、
どうも、、、この手のメーターは不安定ですねぇ、、、。

今回のエンジンは、今まで以上に高回転型エンジンになります、
非常にシビアな回転数の管理が必要になります、
あまりにも不安定では、レースでの使用はお勧めできないです、、、。

こちらは、後のご相談と言うことで、
今回はできる所まで進めてみます。


さしあたって、ひと通りの整備は終わった、
後はテスト走行を進めてみてからですねぇ。

私の仕事は、ここまでです。


テスト用の高回転型のスプリントエンジンですが、
イメージしていたように組上げることができました。


暖機運転をして、軽く回した感じでは、、、

かなりのパワーが出ています、(^^)v

くれぐれも、取扱いとオイル管理は、気をつけてくださいね。



お待たせしました、

いい感じに仕上がりました。(^^)v





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。