浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エストレアのレストア屋

カワサキのエストレアの整備をしています。


キャブレターのOHは終っています、
エンジンオイル、オイルエレメント交換済みです。


タイヤは、さほど痛んではいませんでしたが、
前後共にTT100GPで新品交換です、
クラッシックモデルには、やはりTTでょう。


フロントフォークのOHをします、
アルミタンクやフェンダーなどアルミにカスタムしています、
センタースタンドで立つ姿はロイヤルエンフィードですね。
えす1



センタースタンドがある車体は整備しやすいです、
フロントスタンドをかけます。
えす2



スタンドは鈴鹿ライダーのやっさんお勧めのスタンドです、
高さ調整もありますので使いやすいです。
えす3



ヘッドライトステーが付いています、
中でサビが出ていたので取り外しに苦労しました。
えす4



インナーチューブの上側、ライトステーの内側がサビが出ています、
ゴムブッシュで水の浸入を止めているのですが、
中に入ると湿気が抜けないでサビはじめます。

クラブマンなどでもそうです、デザインは良いのですが、
ここら辺はメリットでありデメリットでもあります。
えす5



ばらした感じは、、、
フォークオイルに湿気も入ってかなり痛んでいます、
臭いもかなりキツイです、写真で伝わらないのが残念です<えっ(^^)
えす6



インナーメタル、アウターメタルは状態は良いと思います。
えす7



インナーのサビも表面的なものです、十分に復活できます。
えす8



痛んだオイルシール、ダストシールです、
ひび割れによりかなりの湿気が入っています。
えす9



カワサキさんより捕獲した部品です。
えす10



インナーの上部のサビを落とします、地味に研磨します、
オイルシールが引っ掛かって抜けない時はどうしようかと思いましたが、
思ったよりはひどくなさそうです。
えす11



当然2本とも研磨します、
十分につかえますねぇ、安心しました。
エス12



アウターケースのサビの跡も落とします。
えす13



これくらいです。
えす14



やっぱりきれいな方が良いですね。
えす15



当然(^^)2本共です。
えす16



洗浄が終わり、自然乾燥中です、
慌てずのんびりと待ちます。
えす17



組み込み前にサビ防止と、初期の動きを良くするために、
なにか塗ります(^^)なんでしょうか?
えす18



仮組みです、この後オイルシール、ダストシールを打ち込みます。
えす19



フォークオイルを入れて、エアー抜きをやって、
キャップトップを閉めて終わりです。
えす20



いつもどうりに、少し硬めに組上げました、
動きは良いと思います。

今回はタイヤも交換です、
走りはグッと良くなると思います。


余談ですが、、、
フロントフォークのオイルの量を計るのは、
ガラス製の容器を使っています、
プラや金属製では気温や劣化により正確な数値が出せません、
少々高いのですが、やはりガラス製が1番正確で良いです。

今回気が付いたのですが、
ガラス面にすこぉーしフォークオイルの色が付いています、
毎回使い終わると洗って置いているのですが、
洗っても取れません、ほんの微妙に色が付いています。

使い込んでいる証拠ですね、
使っている道具が傷んでいくのは当たり前のことなのですが、
悲しくもあり、うれしくもあります。

今まで多くの方々に仕事を頂いております、
今まで何本、何十本、何百本とOHしています、
ありがたい事だとしみじみと感じます。




エストレアの続きです、アーシングします。

いつもは赤い色のコードを使いますが、
エストレアのアーシングは「黒」でいきます。

あまりにも地味すぎて分からないです、
ただでさえ地味な仕事が余計に地味ですが、
やはり今回のマシンには黒でしょう!

長さを測ってオリジナルで作ります、
いつもの赤とは一味違います。
えす21



フロント周りを組み付けて、
アーシングも組み込みます、

外見的にはほとんど分かりません、
街角でこのアーシングに気が付く人がいたら、
本当の玄人かネルガルのお客さんです(^^)
えす22




地味ぃーな黒色で、
アーシングがまったく分かりませんが、<大喜び?
状態は良いと思います。



ちなみに以前に納車したXJR1200が車検で入庫しています、
良く見るとネルガルのアーシングしてあります(^^)
こちらは赤がカッコイイです。
XJR12001



XJR12002



XJR12003





さてさて、
エストレアも後はシートフレームの溶接加工で仕上がりです。

大学時代から七年ほど乗っているそうです、
オーナーはかなりお気に入りのご様子です。


オーナーの知り合いの紹介で、
街角のバイク屋さん二輪工房ネルガルに来ていただきました。

今回の整備と仕上がりを気に入ってもらえれば、
私はしあわせに思います。





気に入っていただけましたら、
これからもよろしくお願いします。



























スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。