浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もったいない?(^^)

こんばんは、昭和生まれのてんちょうです、

あいかわらず、エンゲル係数の高い日々を送っています。(^^)ノ


昭和生まれの私は、当然、昭和生まれの親や先生方に育てられました、

子供時代から、「もったいない」という言葉を教え込まれています。


それでも、バイクであれ、車であれ、

消耗品関係は、ケチって良い物と、ケチってはいけない物があります。


例えば、タイヤやブレーキパットなどは、

残り半分をきってくると、性能の劣化はどんどん進みます。


新品タイヤと、半分を過ぎたタイヤでは、

グリップ性能など大きく劣ります。


ブレーキパットも、新品のうちはディスクローターの熱が伝わりにくいのですが、

半分を過ぎてくるとパット自体もそうですが、キャりパーにもダメージを与えてきます。


そのあたりの見極めは、コスト的な問題もありますので、

乗り方、使い方により差が出てきます、

判断が難しい時は、プロの方のアドバイスなど参考にしてみてください。


その反面、捨てるのがもったいない物もあります、

例えば、キャブクリーナーの缶の残りで出てこない物は、

エア抜きの穴を開けた後、小瓶に集めてカーボン取りの時に使っています。


塗料の缶スプレーの残りも、タッチアップの時に使いますので、

捨てる寸前まで取って置いたりもします。


オイルのペール缶の残りも、

地味ぃーに集めたりもしています。(^^)

CIMG059611 (6)


日々の生活の中でも、

「もったいないなぁ」と思ったり、

「もう少し捨てないで置いておこう」

などと考えてしまうのは、

昭和生まれである事と共に、

オッサンになった証拠ですなぁ。(^^)v




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。