浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SRX250の整備です

ヤマハのライトウエイトスポーツ、SRX250の整備です。


「100回叩けば壊れる壁も、えてして人は99回であきらめてしまう」


そういった名言があります、

「ダメだろうとあきらめてしまうのが普通の人なら、

プロであるのならば、100回目もアタックしろよ」

私の先輩のありがたい教えです。


そういった先輩方々に憧れて、

仕事としてより、生き方としてバイク屋さんの道を選びました、

遠い昔の事を思い出しています。


今の私を先輩方は褒めてくれるのでしょうか?

答えを知る事は、今ではできません、、、。


それでも、いつか必ず会えます、

その時には、ドヤ顔で自信ありありで自慢話をします、(^^)v

その時のために、バイクの事、仕事の事、レースの事、

今を一生懸命に生きています。


そんな、こんなで、厄介な仕事です、<爆!

ホンダのお店ですが、ヤマハのバイクも大得意です。(^^)v

CIMG044311 (23)


28年ほど前のバイク、SRX250です、

すでに10年以上寝ていたそうで、洗車をすると塗装が落ちてきます。(^^)

CIMG044311 (24)


さしあたってバラしていきますが、時折こころが折れそうになります、

「あきらめんなよ!」どこからか松岡修造選手の声が聞こえてきます。(^^)


何年も寝ていたエンジンです、いきなりかけるわけにはいきません、

プラグを外し、圧縮を抜き、軽くセルを回します、

エンジンに問題が無ければ、古いオイルから新しいオイルに入れ替えて、

キャブ周りの整備に進みます。

CIMG044311 (12)


嗅覚的に、私に危険信号を送り続けていたキャブレターですが、

開けてみれば、やっぱり危険でした。(^^) <爆!


CIMG044311 (1)


時間と共に熟成され、

ようかん の様に固まったガソリンだった物 との戦いは、

案の定熾烈を極め、私の時間、嗅覚、感覚を奪い、気力がゼロに近づきます。


負ける訳にはいきませんので、プロとしての意地を振り絞り、

地味ぃーにコツコツと進めます、

写真を撮り忘れています。(^^)v <ヲイッ!


洗浄、自然乾燥、組込みを進めて、

ノズルを噛ませて、左右の同調取りに進みます、

軍手が赤く染まっているのは、後ほどね。♪

CIMG044311.jpg


すでに十年以上愛用しているマニュアルと、

ネルガル塗装により、チヂミ塗装的に赤く塗装されたキャブヘッドです。

CIMG044311 (2)


かかって当たり前、

自分自身に言い聞かせるように、落ち着いてセルを回します、

いともあっさりとエンジン始動。(^^)v

CIMG044311 (3)


電装系も特に問題も無く、エンジン自体も特に問題も無く、

アイドリング、吹け上がり、共に良好です。

CIMG044311 (4)


何度か、エンジン始動を繰り返して確認作業を進めます、

オイルが温まった頃をみて、非常にもったいなく思いますが、、、

フラッシングを兼ねた先ほどのオイルを捨てます、

ここはケチッてはいけない所です、こころを鬼にして捨てます。(--)


新しいオイルに入れ替えて、クラッチ、ミッションの確認をします、

特に問題も無く、今すぐにでも走れそうですが、

フロントブレーキがダメになっているので、<爆!

お楽しみはこの次にね。(^^) 


と言うより、問題なく走りそうですので、

エンジンを降ろして、フレーム塗装になります、

テスト走行は、もうしばらく先になります。


せっかくエンジンを降ろしますので、

カムカバーのパッキン交換を考えています、

ついでにカムカバーを赤く塗装をしても良いですか?


ネルガル塗装で。(^^) <爆!





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。