浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アクシス100の整備

ヤマハのスクーター、グランドアクシス100の整備です。


まあ、今回は整備と言うより、修理になりますねぇ、

ドライブベルトの交換ですが、

やっかいな事に、走行中に切れたそうです、

整備、修理内容は、ケースを開けた具合で考えます。


さしあたって、ドライブベルトが飛び散っていると思いますので、

マスクを装備します、見た目はいつも以上に怪しいです。(^^)v

CIMG011611 (1)


パカッと開けてみますと、、、

切れたベルトがクラッチ側に巻き込まれています、

がんばって、取り外していきます。


交換予定は、ここら辺りでいけそうです。

CIMG011611 (8)


部品待ちの間に、洗浄作業を進めておきます、

プーリー内部です、右と左で汚れ具合がわかりますか?

CIMG011611 (2)


クラッチハウジング内部です、

こちらもカスが積層しています、地味ぃーに洗浄していきます。

CIMG011611 (3)


プーリーフェイスは、ベルトのゴムがこびり付いています、

ワイヤーブラシなどの無理な洗浄は表面を傷めますので、

溶剤を使って、地味ぃーに洗浄作業を進めます。

CIMG011611 (9)


今回の作業で、一番時間がかかっている所でしょうか、

マスク姿のうさんくさいオッサンが戦っています。

CIMG011611 (10)


ケース内部の汚れを落としていきます、

古いグリスやら、砂利やら、ゴムやら、クラッチのカスやら、

いろいろと付いていますので、時間をかけて地味ぃーに進めます、

当然、ケースカバー側も洗浄します。

CIMG011611 (4)


クラッチは、スプリングが折損する寸前です、ギリギリですなぁ、

ベルト類と共に、サクッと新品交換になります。

CIMG011611 (7)


ヤマハさんから届いた部品です。

CIMG013411 (1)


新品ベルトと、消耗して切れたベルトです、

見た目で太さが違います、

ベルトが擦り減っていますので当然スピードも違います。

CIMG013411.jpg


肝心のプーリーフェイスに当たる内側は、

一段と擦り減っているのが分かりますか?

CIMG013511.jpg


走行距離で、23000キロほどです、

クラッチは、半分以下まで減っています。

CIMG013511 (1)


この辺りまで来れば、後はグリスアップをしながら組み込むだけです、

サクサクと進めて、テスト走行になります。


なにせ、スクーターのベルト交換などは、

交換作業よりも、洗浄作業の方が時間がかかります、

ベルト切れの状態からでは、さらに時間がかかります。


ベルト交換は、取扱説明書にも記載されていると思いますが、

一つの目安は、10000キロぐらいです、

早い方は、6000キロぐらいで交換をしますが、

その辺りは、乗り方や使い方でかなり開きがあります。


それでも、ベルトが切れると走行不能になりますので、

5年、20000キロは、持たないと考えてもらった方が良いです。


アイドリングの時に、ケース内部から、

「ペタペタぺタ、、、」

と伸びたベルトがケースをたたく音が聞こえたり、

走行スピードで5キロから8キロぐらい落ちてきているようでしたら、

早目の交換をお勧めます。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。