浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マグナ250の仕上げ

マグナの続きです、

走行距離も進んでいるので、せっかくならとご希望がありましたので、

前後ブレーキ周り、車体周りの整備に進みます。


さしあたって、バッテリーは再充電で問題なく使えそうです、

買うと高いのでホッとしますなぁ、(^^)

微妙な放電が始まっているレギュレターの交換です。


左が古い方で、右が新しい物です、アルミボディになり冷却フィンが付いています、

ちなみに熱対策品になっています、部品の値段も上がっています。

CIMG9791.jpg


マグナに関して言えば、熱を持つ部品がシート下のここにあります、

痛みやすいと言えば、痛みやすいです、

今回のマグナのレギュレーターは、年式を考えれば良くがんばっていた方です、

お疲れさま、ありがとう。

CIMG9792.jpg


フロントブレーキのパット交換とフルード交換です、

ちなみに、取り外したパットは、限界を少々超えています、

良くがんばりました。

CIMG9808.jpg


新しいブレーキパットの面取りをして組み込み準備をしておきます。

CIMG9809.jpg


ブレーキキャりパーの洗浄とグリスアップに進みます、

コッテリとブレーキダストが付着しています。

CIMG9802.jpg


ダストを落として確認をすると、少々サビが出始めています、

さほどひどくはないので、1500のペーパーでさらっていきます。

CIMG9803.jpg


グリスアップをして動かした感じは良さそうです、

思ったよりもスムーズに動きます、もうしばらくは問題なく使えそうです。

CIMG9806.jpg


キャりパーボディの腐食がありますが、インナーは問題ないので、

シャバシャバと洗浄作業を進めます、気温も低く水は冷たいのですが、

頭の中で 「グッと効いて、スパッと離れる」

コントロール性の良いブレーキへの仕上げをイメージしながら、

指先の冷たさを感じないようにしています、(^^)v

単純な頭と鈍い体は、こういった時に便利です。

CIMG9807.jpg


ブレーキマスターの洗浄に進みます、

お醤油のように劣化したフルードだった物と、

粘土のように積層したフルードだった物をノズルで吸い出します。

CIMG9814.jpg


取り外したダイヤフラム、プレート、ふたの洗浄をして自然乾燥させます。

CIMG9819.jpg


天気が良いので外に干しておきます、ちょうど代車のかごにバットがフィットします、

ブレーキフルードは湿気により劣化します、キッチリと自然乾燥を進めておきます。

CIMG9820.jpg


その間にブレーキマスター内部の洗浄作業を進めていきます、

フルードと腐食により合い面が傷んでいますので、

オイルストーンで軽くさらって面を揃えます。

CIMG9816.jpg


新しいブレーキフルードを入れます、きれいな状態ですなぁ。

CIMG9821.jpg


ちなみに、以前にこういった整備をした後に乗って帰った人が、

「ブレーキフルードが入っていない」と怒って電話してきた事があります。(^^)


いや、それならエア噛みをしてブレーキは効かないですよ、

窓から見てきれい過ぎて入っていないように見えるだけですよ、

と説明した事がありますが、その後はナンにも言って来ませんでしたが、

どうなったのでしょうか?(^^)

まあ、いろいろな人がいます。



ブレーキレバーへのグリスアップ、

シャフトへのグリスアップをするためにレバーを取り外して気が付きましたが、

ブレーキスイッチの当る部分が微妙に削れています、

アルミのレバーを削るマイクロスイッチ、つ、強ぇぇ、キッチリと作動しているし。

CIMG9823.jpg


サクサクと進めてホース内部のフルードの入れ替えもして、

今回の作業はこのあたりでOKです。

CIMG9818.jpg


もし使っていて問題があるようでしたら、

マスター、キャりパー共に全バラしての作業になりますが、

この状態で十分にブレーキの作動は良いですので、

使った感じでオーナーさんとご相談になります。


リアブレーキはブレーキシューの残りもガッツリとあり、

ハウジングの状態も良いので、

バラシと洗浄、グリスアップで良さそうです。

CIMG9793.jpg


ダストを落として洗浄して、再度確認のため採寸をします。

CIMG9795.jpg


グリスアップをして作動確認をして組み込みます。

CIMG9796.jpg


ちなみに、このあたりのグリスも専用の、

ちょっと特殊なグリスを使います。

CIMG9797.jpg


この後は、前後タイヤの点検とエア調整、

ドライブチェーンの調整と洗浄、グリスアップ、

クラッチ、アクセルなどワイヤー系のグリスアップ、

ブレーキペダル、シフトペダル、リンク系のグリスアップ、

サイドスタンドもキッチリとグリスアップをして、


レッツゴー、テスト走行♪(^^)


年式と走行距離を感じないぐらいに快適に走りますなぁ、

アクセルレスポンスも良く、エンジンも良く回ります、

ブレーキ周りも前後ともキッチリと効いて、スパッと離れます、

乗りやすく、状態良く仕上がったと思います、

やっべぇ、、、俺が乗りたいぐらいだよ。(^^)

CIMG9758.jpg



今回のオーナーさんは、初めてお会いして、

少し離れた所からネルガルに仕事を依頼してくださいましたが、

多分、気に入ってもらえる仕上がりになっていると思います。



さてさて、いかがなものでしょうか、

何日、何ヶ月、何年、か乗ってもらった後からで良いです、

何10キロ、何100キロ、何1000キロ、乗ってもらった後で良いのです、

二輪工房ネルガルへの整備仕事の評価をしていただければ、

私も勉強になり、励みにもなります、

とても楽しみです。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。