浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もてぎ決勝です

日曜日になりますので、日本GPの決勝日です。


朝一にもてぎのパドックに入ると、

東京からの応援で、岩本選手のサポートスポンサーで、

B.M.Cの社長さん、廣崎さんとスタッフの方がお見えです、

今日一日、お互いがんばりましょう。(^^)


浜松からは、YSP浜松の和田さんが来ているはずなのですが、

なにかと忙しいようで、お会いできませんがな、、、。(--)


私たちの出走するレースは、モトGPが終わった後になりますので、

それまでは、時間を見てGPのレース観戦などをしています。

CIMG9077.jpg


モト2では、日本人ライダーの高橋選手が90度コーナーで、コースアウトです、

レース前に廣崎さんが、「がんばれよ~♪」と声をかけたからでしょうか?

しばらく岩本選手には近づかないようにね。(^^)

CIMG9071_20111008000424.jpg


モトGPも中盤に差し掛かる頃ですなぁ。

P1000532.jpg


GPを観戦していた岩本選手がパドックに帰ってきます、

自分のレースが近づきましたので、念入りに柔軟体操を始めています、

その後にツナギに着替えて、再び柔軟体操をしています。


レーシングスーツと呼ばれる、皮のツナギですが、

こういった「体温で温めて、柔らかく動きやすくして」レースに挑みます。


まあ、そういった一連の行動は、全日本ライダー、鈴鹿8耐ライダーと同じです、

岩本匠生選手は、基本の事から十分に良く理解していて実践しています、

中学生ライダーと言えども、その姿はプロライダーですなぁ。(^^)


ゆえに、ボルトの一本まで手がけた自信作のマシンを託する事が出来るのです、

厳しい戦いになる事は、十分に理解をしている、

それでも遊びに来たわけではない、


「全力をつくします」

「ああ、任せた、好きに戦って来い」


ゼッケン18番、岩本選手です。

P1000541.jpg


ツナギの腕には大きく、「二輪工房ネルガル」と入った、

ゼッケン17番、ネルガルのジュニアライダーのエース、玉田敬済選手です、

岩本選手と同様に中学生ライダーで、VTRの初レースになります。

P1000538.jpg


コースインの指示が出てライダー達がピットアウトして行きます、

本来のスプリントレースならば私たちの仕事はここでほとんど終わりですが、

ネオスタンダードクラスは、チョット違います。(^^)


一人、ないし二人での参加になります、

一人で走るライダーは、ピットインをして腕章の交換、

二人で走る場合は、ピットインをしてライダー交代、

必ず実行しなければいけないルールがあります。


私たちは、腕章交換です、

事前の打ち合わせをして、何回か腕章交換の練習もしています、

いくつかの交換方法を試してみて一番良い方法を探します、


「タイム的に厳しい戦いになると思います、一番速い交換方法でお願いします」

「ヲーイ、こんなオッサンにプレッシャーかけんなよ」(^^)


ピットインのタイミングは、ライダーにすべて任せます、

いつピットインして来ても良いように、こころの準備をしておきます。



、、、ヤな汗が出てきたなぁ、、、。(><)




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。