浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鈴鹿サンデー決勝

とりあえず、サックと寝坊しました、

ホテルの4階の部屋なのですが、

一晩中「蚊」に悩まされていましたのが敗因ですなぁ。(^^)


目が覚めると、朝の8時、、、

携帯も鳴った様子がない、、、

恐る恐る電話をかけてみる、、、。


「しもしも、ネルガルです、、、」

「おはようございます、もうピットにいますよ」(^^)


あうあう、、、なんか適当に返答をして、サクサクと準備をして、

サービスで付いてくる朝食バイキングを横目で見ながら、

ホテルを後にします。


そんなこんなをしながらも、今日の天気の事を考えます、

、、、ドライですなぁ、、、

サーキットに入ったら、ドライタイヤを捕獲しに行かなければ、、、。


せっかくレインを2セット準備したのに、出番は昨日のフリー走行だけです、

なんだよぉ、、、ガッカリだなぁ、、、などと考えても良い事はありません、

決勝レースは、「8耐を見越したドライタイヤのテストが出来る」と考えるようにして、

チャンスと言えば、チャンスだと割り切ります。


いい事も、悪い事もあるのがレースです、

良い方向に物事を考えるクセが付いています。(^^)v


晴れた事への割りきりが出来た後は、寝坊した事の言い分けをあれこれと考えながら、

10分ほどでサーキットに到着、ゲート前で川合さん親子と合流して、

ピットにコッソリと顔を出します。(^^) <おはようございま~す


5月のテスト走行以来の再会に気さくに挨拶をを交わす、若松選手と川合さん親子、

お互い初顔合わせのスタッフ達とも挨拶を交わし、

今日のレースの準備を進めます。


ひい、ふう、みい、、、6人チームです、

若松選手と組むようになってから一番の人数ですなぁ。(^^)


私の役割は、さしあたって「ドライタイヤの捕獲」

これが今日の仕事の8割です。(^^)


昨日の時点で、他のチームの方に話しを通してあります、

タイヤサービスまでホイールごと持込み、ドライタイヤを組み込みます、

フレッシュタイヤを組み込んだホイールをマシンに組上げて、

タイヤウォーマーを巻きます、このあたりで一段落、

今日の仕事の8割は、朝の9頃には終わりました。(^^)v


昨日の予選は、テスト走行で使ったドライタイヤです、

31台中25番グリットスタートになりました、

本来ならばもう少しタイムを縮めれたはずですので、

今日の決勝レースは、タイヤテストをしながらも、

タイムアップを狙います。


レース進行は進み、朝一番のST600のレースが終わりに近づいてきました、

私達のレースは次になります、スタート前チェックを受けに行きます。


「ピットアウトからグリットに並ぶまでにタイヤの感触を確かめてみます、

フロント、リアの調整用の工具をお願いします」



「了解、よくわかっているねぇ」(^^)


「行ってきま~す」(^^)


そのあたりは、よくわかっている若松選手です、

乗るたびにコンディションの違う状態でも、

常に良い結果を出そうと努力を惜しみません。


まあ、そういった所が気にっているので、

今年も若松選手とチームを組んでいるのです。


グリットに並ぶと、サスの調整を少々、

タイヤウォーマーを巻いてスタートを待ちます。


コース上よりチームスタッフ退去のアナウンスが出ます、

ウォーマーを外し、スタンドを外し、

ライダーに一言、二言、声をかけて背中をポンポンと二回叩きピットに戻ります。



レース前の条件では、「完璧」と言うには足りない部分が多かったです、

それでも、今ある物で最良の準備を進めてきました、

資金的にも、物品的にも、時間的にも、、、

嫌な事に、足りない物ばかりが揃いすぎている私達ですが、

今年の鈴鹿8時間耐久レースへの出走を狙っています、

テスト走行を兼ねた前レースになる鈴鹿サンデーロードレース、

決勝レースのスタート時間です。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初めまして
いきなりですみませんが、そちらでは点火時期調整はやってくれるのでしょうか?
NSR75にのっているのですが、5,6000rpm~8000rpmまで谷ができているのであまりおもわしくありません。
それで、いろいろ調べたところ点火時期を調整すればスムーズになるらしいのですが、シビアな調整なのでレーシングショップみたいに知識のある所でないと焼き付かせてしまうんだそうです。
自分は浜松のそういうレーシングショップに疎いものですので、どこへ頼めばいいのかわからずとりあえず近所でレースもやっているネルガルさんに聞いてみたのですがどうでしょうか?

ペリカンドーロ | URL | 2011年06月20日(Mon)03:40 [EDIT]


点火タイミング

はじめまして、こんにちは。(^^)


NSR75は、実車を見た事はありませんが、

私の記憶では、、、NS系のクランクケース流用と記憶しています、

点火時期の調整は、さほど難しくありません、

アンダーを外し、ケースを外し、、、などを進めて10分ぐらいで出来ると思います。


ただ、エンジン回転域の谷にしては、広すぎるような気がします、

点火タイミングの問題だけではなく、キャブやマフラー、

エンジンなどの状態にもよりますので、

点火タイミングを変える前に、そのあたりから見て行った方が間違いなさそうです。


走行距離、使用状態、消耗品などの交換状態などにより、

エンジンの調子はかなり変わります、

実車を見させてもらって、現状の把握をさせてもらってからの方が、

的確なお答えが出来ると思います、あやふやなお返事ですみません、、、。



ちなみに、「レーシングショップ」と思ってネルガルに来られますと、


「ええっ?ここ?」(--)


てな具合に、ガッカリなお店構えです。(^^)v



お見えになるようでしたら、

昭和の頃の町工場に来る感覚で、

お気楽に~♪

てんちょう | URL | 2011年06月20日(Mon)11:44 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011年06月21日(Tue)09:41 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。