浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

なんかを準備します

まあ、いつもの通りにバタバタと準備しています。



何を準備しているかと言うと、

今回のテーマは、こちら、(^^)


テーブルの上に、カーマ浜松店 で買ってきた、

アルミの板が、ある、、、み、




それを大体で切っていきます、

笠井の遠鉄ストアーの前にある、<ローカルすぎ?(^^)

ハードストック浜松店 で買った部品などと合体させて、、、。

CIMG8549.jpg


耐久タンク用の給油口のふたを作ります。

CIMG8551.jpg


開けたまま走ると危険ですので、

一目で分かるように、注意書きも忘れません。(^^)

CIMG8553.jpg


写真写りはきれいに見えると思いますが、

ネルガルのハンドメイド品ですので、あまり近くで見ないようにね♪(^^)


まあ、それでも、機能と安全性も良いと思いますし、

レース前の車検も問題なく通ると思います。

CIMG8554.jpg



世界耐久選手権のレースでもある鈴鹿8時間耐久レースは、

当然レース車両の規格も国際ルールになります、

こういった部品は、みなさん、どこで買っているのだろう、、、、。


私も、何年も鈴鹿に行きながら知らないので、

とりあえず自分で作ってみました。(^^)v


キッチリ採寸して、業者さんがキッチリ作れば、

キッチリとしたきれいな物が出来上がると思いますが、

請求額もキッチリと来ます。(--)


予算が決まっていますので、そのあたりは、

まあ、、、大体で。


8耐用のマシンを、ヤマハのYZF-R1ベースで一から造り上げると、

まあ、普通に、5、、、600万円は行くでしょうなぁ、、、

それでも、これが無いと車検もアウトですし、レース自体も走れません、

とりあえず、、、

「カーマ合体ハードストック合体ネルガル製」

の1800円ぐらいの物で、今週のレースの車検の時に確認してみます。


なんと言いましょうか、、、

普通のホームセンターの物や、

現場職人さんご用達のお店の物が、

鈴鹿のバイクのレースで使われていると思うと、

バイクのレース自体も身近に感じませんか?(^^)


かっこ良く言えば、国際規格、国際ルールに挑むネルガルですが、

実際の所は、、、


無事に通れば、8耐史上、国際レース史上、

過去最安値のパーツとなりそうです、

デフレに拍車をかけるネルガルです。(^^)v <爆!



さてさて、

いかがなものでしょうか?



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。