浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボランティア?

地震の日から一週間が経とうとしている、

まだまだ現場は混乱をしている様子です。


今日は、あまり良いお話をしません、

すみませんが、ご理解をお願いします。



自衛隊、警察関係の方、消防関係の方、医療関係の方、

現場で働く方々には頭が下がります、

大変な事だと思います、がんばってもらいたいです。



私の住む静岡県の浜松市は、工場の停止などがありますが、

おおむね通常生活をしています。


それでも、商品の買占め?などもあり、

多少の混乱はあります。



私たちに今出来る事は?


震災の日から日々考えていますが、

事態が事態ですので、にわかボランティアでは、「今」出来る事はありません、

それが正直なところです。



なにか協力できる事はありますか?


逆に聞きますが、あなたはなにが出来ますか?

バイクに乗れるぐらいでは現場の混乱を招くだけです、

身軽なバイクでしたら物資の輸送ぐらいは出来ますが、

始めて行く場所で信号も道路標示もなく、

路面も荒れていている場所で貴重な物資を問題なく運べますか?

バイクがパンクなどをした時に自ら手作業で修理できますか?

現場で働く方々に迷惑をかける事無く仕事を遂行できますか?

口先の事でしたらやめておいた方が良いと思います。


携帯もつながりにくい場所に出向く事は非常に危険です、

衛星チャンネルを持つ携帯を所持していて、

自衛隊や警察とキッチリと連携が出来ますか?


物資や人員的な輸送は、自衛隊や警察の方々に任せるのが一番です、

そういった訓練を常日頃からキッチリとやっているからです、

それに伴う装備も充実しています。


転勤や、進学に伴う引越しなども増える時期です、

個人のスタンドプレーはあまり好ましくありません、

事故でも起こした場合は、余計な混乱を招くだけです、

出来る限り差し控えましょう。



必要な物資を送る?


自衛隊、警察、政府が情報の一元化を図っています、

震災の翌日には、イオングループなどの救援物資が、

路線便を持つ大手運送会社に依頼されています、

何百キロ離れた所までの陸送も運送のプロの連携により進んでいます。


災害救援車両優先の処置が施されている道路もありますし、

許可車両以外通行止めの箇所もあります、

一般車両の乗り入れの出来ないところもあります。


医療関係も日本赤十字を中心に即座に活動が始まっています、

今の所血液も十分に確保できているそうですが、

継続的に血液が必要になる事態です、

今すぐでなくとも、この先は献血に参加しましょう。

日本赤十字社の献血についてのご案内



街角の小さなバイク屋のオッサンですので、

私に出来る事は限られています。


それでも、ホンダやキムコなどメーカーとのつながりもあります、

静岡県警とも協力をしたり、陸運局からの仕事も請けています、

要請や必要があれば、私も参加をします。


静岡県のバイクレスキューのボランティアは、

高校の時の同級生が責任者をやっています、

こちらからも要請があれば参加をしますが、

今のところは通常生活を続けています。


日本で始めての試みとなる計画停電ですが、

日本始まって以来の事をブッツケ本番で挑んでいます、

停電を事前に知らせる事での防犯上の既弱性もあります、

混乱する事もありますがご理解をお願いします。


阪神大震災の時も、新潟の地震の時も、三陸沖地震の時も、

ボランティアグループ同士のいさかいがあったそうです、

気持ちはわかりますが、あまりお互いでしゃばる事のないように、、、。


売名行為のボランティアやチャリティー、

怪しげな義援金活動には参加をしないようにご注意ください。


私はこちらにご協力と寄付をしています、

日本赤十字社へのご案内


各地で進む個人ボランティア活動の為の買占めも、

その地で暮らすお年寄りや生活弱者が困惑する事になります、

なるべく控えるようにした方が良いです。


「私はこんな事をしています」


「私達はこれだけ協力をしています」


声を大きく自己主張している方もいれば、

匿名で年収の何倍もの寄付をしている方もいます。



「何かをしたい」


今は生活や立場的に動けない方でも、

その気持ちは大切にしておいてください、

今すぐに行動を起こせなくとも、それは恥ずかしい事ではない、

この先に必要とされる時が来たら、出来る事でご協力をしましょう。




最後になりますが、

福島原発の現場でがんばっている方々、

ありがとうございます。


今の日本、これからの日本、

私達はもとより、

これから育っていく子供たち、

これから生まれてくる子供たち、

その子供たちの未来をも救っています、

現場で活動している方々のお名前は分かりませんが、

一人一人に感謝をしております、

本当にありがとうございます。




二輪工房 ネルガル

代表 進藤幸喜



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。