浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クラッチカバーの準備

二ヶ月前に注文していた部品が、

鈴鹿のテスト走行当日に、浜松に届いたそうです、

いやー、、、ギリギリ遅せぇよ。(--)



まあ、それでもやっとこさ手元に届きましたので、

サクサクと準備を進めておきます。


と言っても、大した事をする訳ではありませんが、

サーキット走行では安全第一が求められます、

当然、レース前車検で落とされる事もありますので、、、。


さしあたっては、目視による確認と採寸です、

付属のマニュアルを読みながら進めていきます。

CIMG9543.jpg



キット品付属のボルトでは心もとないので、

ヘキサゴンボルトへ交換です、ドリルで穿孔しておきます、

当然、スペアーも準備しておきます。(^^)v

CIMG9544.jpg



組み上げた感じはこんな感じです。

CIMG9547.jpg



私以外の人が触る事もあるので、

締め付けトルクと、ワイヤーロックを忘れないように書き込んでおきます。

CIMG9545.jpg



こういった、ひとつ、ひとつの作業もレース前の準備です、

テスト走行を繰り返しながら、いろいろと確認をして行きます。


エンジン仕様が決まったら、また新たにマニュアルを、

レース用のマニュアルファイルに保存をしておきます。


ただ今、、、大体で40ページほどです、

キャブ回りが決まりましたら、さらに10ページほど増えます。(^^)


マニュアルには、組み上げの時の注意点や、

気が付いた事を直接書き込んでおいたりもします。



まあ、

そのあたりは、、、




企業秘密って事で。(^^)v






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。