浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

無事に終了です(^^)

玉田選手の鈴鹿ライセンス講習日です、

実技のインストラクターとして稲富選手が鈴鹿に行っています、

いつもの通りにお留守番の私です、

みんな楽しそうでいいなぁ、、、。


時折電話で聞いてみますが、鈴鹿はかなり寒いそうです、

天気は良いそうですので、無理のないように走ってこればOKです。


ちなみに、前日の西浦のテスト走行には、

S-FACTORYの杉山さん も行ったそうです、

何気にみんな、楽しそうですなぁ。(^^)



「無事にライセンスの講習が終わりました」(^^)


玉田選手よりの電話がありましたので聞いてみる、


「どうだ、RSは?」


「上手く乗れませんでした」


いい答えだと思います。



稲富選手に聞いてみても、ストレートの開けっぷりは良いそうですが、

タイムは、まだまだです、当たり前の事なのです、

それを素直に乗れなかったと言える事に意味があるのです。


いい所は、良い、悪い所は、悪い、

バイクに乗る時、レースに挑む時、

そこの見極めと、包み隠さず言葉にする事は非常に大事な事なのです。


「ああ、上手く乗れなくて当たり前だよ、そんなに生易しい物じゃないだろ?」


「はい」


まあ、それで良い、

早く走りたいのだったら、またみんなで鍛え上げていくよ。(^^)



それでも、前を走っていた600を追いかけていたそうです、

楽しく走ってきたのならばOKです。


玉田選手の一年が終わろうとしています、

そして、玉田選手の一年が始まりました、

またがんばろうぜ。



ありがとう、高林くん、

キッチリ整備をしてきてくれたおかげで、

無事に終わりました。



歴史に残る名車ですなぁ、

何人ものライダーを育ててきたRS125です、

お疲れ様です。m(_ _)m





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。