浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もてぎ決勝結果です

まあ、そうは言っても、

レースが始まってしまえば緊張も何もないのです、(^^)v

岩本選手のオープニングラップは、6位で帰ってきます、

それにしても地元のマシンは、手ごわそうですなぁ。


ピットインの腕章交換も、思ったよりはスムーズにいった?

一気に緊張がとけるオッサンです。(^^)v


ここからは、いよいよライダー任せです、

私たちは、ただ応援するだけです。


ネルガルのVTRがレースで走っている姿を始めてみました、

まあ、今日が2人とも初参加のレースになりますので、

当たり前の事ですがねぇ。(^^)


「SUZUKA R&D」上平選手の変わりに玉田選手が走っています、

岩本選手のマシンも、同じ「SUZUKA R&D」でのコンプリートパーツです、

基本的に同じ仕様のマシンで兄弟車です、全体的に見ても、、、速いでしょう?

スリップに付ければ、ストレート半分ぐらいで抜きにかかります、

スリップに付かれても、ストレート中盤辺りで振り切って行きます、

セットアップの時間こそなかったのですが、

手応えは、十分にあります。


そうこうしているうちに、ファイナルラップです、

やはり地元のマシンは速い、ニンジャが思ったよりも速いです、

ニンジャ、VTR、CBR、レースこそ混走になりますが、

表彰は各クラス別になります。


無事に岩本選手、玉田選手ともフィニッシュライン通過、

とりあえず、「お疲れさま」(^^)

初レースでしたが転倒やトラブルもなく、

無事に終わって「ホッ」としています。


場内アナウンスが流れます、、、


「VTRクラス優勝は、ゼッケン67番、RIDINGSPORT&FireGarage 古川選手、飯高選手です」


やっぱ速ぇなぁ、ネオスタクラスの草分け的存在です、

マシンも速かったし、ライダーも上手かったです。


「第2位は、、、ゼッケン15番、team little wing 森中選手、大野選手です」


鈴鹿のレースでも常連さんですねぇ、

こちらもマシンも速かったし、ライダーも上手かったです。


「第3位は、、、ゼッケン18番、 COCJ + SUZUKA R&D + NERGAL 岩本選手です」


やりましたぁ(^^)ノ 

とりあえず表彰台に乗れます、上出来ですなぁ、

マシンの仕上がりは完璧とはいえませんが、とにもかくにも、ライダーのがんばりです。


玉田選手も初参加のVTRクラスで、5位入賞です、

二人とも良くがんばりました、250での初戦にしては上出来、上出来です。
 

玉田選手のマシンは、SUZUKA R&Dの上平選手からの借り物です、

コンプリートパーツとマシンの良さを実証してきました、

良いご報告が出来そうです。(^^)v


そんなこんなで、表彰式、

モトGPの表彰台を使わせてもらえます、

先ほどは、ストーナー選手が立ったところに岩本選手が立ちます。

コピー ~ VTR 3位


トロフィーを受け取った後は、シャンパンファイトになります、

みんな大騒ぎ(^^) ちなみにノンアルコールです。



それにしても、シェイクダウンのマシンで、

初のネオスタンダードクラス、

初の250のマシン、

初のもてぎフルコースでのレース、

なににしても初が揃っていますが、

レース後にも岩本選手と話をして、

今後のセットアップの方向性を探っていきます。


「リア周りは、V時コーナーでリアが出ます、こうこうこうです、こうした方が良いです、

フロント周りは、進入でチャタがでました、こうこうこうです、こうした方が良いです、

ブレーキとタイヤは、特に問題もなく良いですが、もう少しエアを変えて走ってみたいですね、

エンジンは良く回っています、12000回転を越え、180を振り切っても回っています、

個人的には、もう少し吹け上がりが早い方がタイムを出せると思います、

ファイナルは、上手くわからないうちにレースが終わってしまいましたが、

大きく外している事はありません」


なるほどなぁ、、、いろいろと勉強になります、


「じゃあ、ここはこうで、こっちはこうで、、、」

「その方が安定してタイムを出せると思います」


「速いマシンと、速いライダーが揃っていたが、タイム的に厳しいか?」

「セットアップを進めていけば、追えないタイムではありません」


「了解、十分だよ」(^^)

「良いマシンですねぇ、もう少し乗りたかったなぁ」(^^)


昨日今日だけの、2日間だけのチームですが、

ありがとう、その言葉で十分だよ。


「チャンスがあったら、またチームを組もうぜ」(^^)

「ハイ、ぜひともお願いします」(^^)


むさくるしいオッサンと、爽やかな中学生は、

握手をして、また別々の生活に戻ります。


離れていても、いつも応援しているよ、

よろしければ、みなさまからの応援もお願いします、

岩本匠生選手のブログです。




私たちの日本GPネオスタンダードクラスへの挑戦は、

VTRクラス、3位表彰台、5位入賞で無事に終わりました、

今回もたくさんの方々にご協力、応援をいただきました、

本当にありがとうございます、ライダー共々感謝をしております。


もてぎでも、いろいろな方々にお世話になり、

いろいろとアドバイスをいただきました、

ありがとうございます、ライダー共々感謝をしております、

よろしければ、また若いライダー達を鍛えてください。


将来のGPライダー、岩本選手と玉田選手です。

CIMG9090_20111008000522.jpg



私たちのレースが終わりました、

のんびりと浜松まで帰ります、

ありがとうございます。




スポンサーサイト

PageTop

もてぎ決勝です

日曜日になりますので、日本GPの決勝日です。


朝一にもてぎのパドックに入ると、

東京からの応援で、岩本選手のサポートスポンサーで、

B.M.Cの社長さん、廣崎さんとスタッフの方がお見えです、

今日一日、お互いがんばりましょう。(^^)


浜松からは、YSP浜松の和田さんが来ているはずなのですが、

なにかと忙しいようで、お会いできませんがな、、、。(--)


私たちの出走するレースは、モトGPが終わった後になりますので、

それまでは、時間を見てGPのレース観戦などをしています。

CIMG9077.jpg


モト2では、日本人ライダーの高橋選手が90度コーナーで、コースアウトです、

レース前に廣崎さんが、「がんばれよ~♪」と声をかけたからでしょうか?

しばらく岩本選手には近づかないようにね。(^^)

CIMG9071_20111008000424.jpg


モトGPも中盤に差し掛かる頃ですなぁ。

P1000532.jpg


GPを観戦していた岩本選手がパドックに帰ってきます、

自分のレースが近づきましたので、念入りに柔軟体操を始めています、

その後にツナギに着替えて、再び柔軟体操をしています。


レーシングスーツと呼ばれる、皮のツナギですが、

こういった「体温で温めて、柔らかく動きやすくして」レースに挑みます。


まあ、そういった一連の行動は、全日本ライダー、鈴鹿8耐ライダーと同じです、

岩本匠生選手は、基本の事から十分に良く理解していて実践しています、

中学生ライダーと言えども、その姿はプロライダーですなぁ。(^^)


ゆえに、ボルトの一本まで手がけた自信作のマシンを託する事が出来るのです、

厳しい戦いになる事は、十分に理解をしている、

それでも遊びに来たわけではない、


「全力をつくします」

「ああ、任せた、好きに戦って来い」


ゼッケン18番、岩本選手です。

P1000541.jpg


ツナギの腕には大きく、「二輪工房ネルガル」と入った、

ゼッケン17番、ネルガルのジュニアライダーのエース、玉田敬済選手です、

岩本選手と同様に中学生ライダーで、VTRの初レースになります。

P1000538.jpg


コースインの指示が出てライダー達がピットアウトして行きます、

本来のスプリントレースならば私たちの仕事はここでほとんど終わりですが、

ネオスタンダードクラスは、チョット違います。(^^)


一人、ないし二人での参加になります、

一人で走るライダーは、ピットインをして腕章の交換、

二人で走る場合は、ピットインをしてライダー交代、

必ず実行しなければいけないルールがあります。


私たちは、腕章交換です、

事前の打ち合わせをして、何回か腕章交換の練習もしています、

いくつかの交換方法を試してみて一番良い方法を探します、


「タイム的に厳しい戦いになると思います、一番速い交換方法でお願いします」

「ヲーイ、こんなオッサンにプレッシャーかけんなよ」(^^)


ピットインのタイミングは、ライダーにすべて任せます、

いつピットインして来ても良いように、こころの準備をしておきます。



、、、ヤな汗が出てきたなぁ、、、。(><)




PageTop

ライダー捕獲(^^)v

「おはようございますぅぅ、、、」(--)


眠そうやね?(^^) ちなみに朝の6時です、

東京のあきる野市にて今回のライダーと合流します、

ジュニアライダーの岩本匠生選手です、

ちなみに中学生です、親父さんより私の方が年上です、

俺もオッサンになったなぁ、、、。


などとテンションが下がるような事は気にせず、

「チーム二人ぼっち」は、元気にもてぎに向かいます。


端から見れば、親父と息子ですが、

ショッププライベーターとはいえ、プロのメカニックと、ライダーです、

もてぎに向かう車内は、今回使うVTRの事をあれこれと話しながら走ります。


そんなこんなで、

ツインリンクもてぎ到着、

受付で入場用のパドックパスを受け取ります。

P1000530.jpg


「COCJ+SUZUKA R&D+NERGAL」

ゼッケン18番の私たちと共に、こちらも急遽決まった、

「COCJ+SUZUKA R&D」

ゼッケン17番の玉田選手たちと合流します、

昨日もてぎ入りしていますので、練習走行の様子を聞きます。


今日は走る予定はないのですが、マシンの準備をします、

さしあたっては、、、カーマ浜松店

で買ったカッティングシートでゼッケンを手作りしています、

「18」「オーテック鈴鹿」「二輪工房ネルガル」

黒ゲルのままの地味ぃーな外装に、それだけ(^^)

CIMG9069_20111008000424.jpg


岩本選手の友人ももてぎに観戦に来ています、

せっかくですのでパドックに入ってもらい、

一緒に岩本選手のスポンサー様のステッカーを貼ってもらいます、

こういった様子は、楽しそうな中学生そのものですなぁ。(^^)

CIMG9046_20111008000311.jpg


エキシビジョンレースとはいえ、日本GPでの併催レースです、

何万人もの観客の前で走ります、パドックでも取材の方が見えられます、

ご協力、サポートをいただいている方々の為にも、

私たちが一番に始める準備なのです。


その後は、始めて見るネオスタ用のVTRにまたがり、

車体周りの確認と、フィッティング作業に進みます。


フィッティング作業が進み、サスやブレーキの確認をしたあたりで、

今日の所はライダーの仕事はありませんので、

ワイルドカードでGPに参戦する友達を応援?冷やかし?(^^)

適当に遊びに行ってもらいます。


楽しそうに二人で行きましたので、夕方辺りまでは帰ってこないでしょう、

私はのんびりと、ネオスタのマシン一台、一台を見に行き情報集めです。


テストもなしのぶっつけ本番のレースに挑みます、

今、私に出来る事は、、、

なるべく条件良くマシンをセットアップする事です、

今後のネルガルのネオスタクラスでのレース活動にも必要です、

VTRであれ、CBRであれ、ニンジャであれ、

レースの現場での情報は非常にありがたく貴重です。


声をかけたみなさんが、快くマシンを見せていただき、

もてぎでの注意点やタイムアップの攻略方法などを教えてくださいます、

助かります、本当にありがたい事です。


ひと通りのパドック、マシンを見て回って帰ってきても、

誰も帰ってきていませんなぁ、(^^)

まあ、楽しんでいる事は何よりです。


朝も早くから浜松を出発したオッサンは、

GPマシンの爆音が轟くなか、

夕方までひと眠りしま~す。<爆!



だって眠いんだもん。(--)




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。