浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シグナスXの整備です

ヤマハの二種スクーター、シグナスXの納車整備です。


まあ、普通に新車の整備ですので、

特に問題もなく、サクサクと進んでいます。


せっかくですので店先に並べて、

スクーター屋さん風味にします♪(^^)

CIMG8836.jpg




以前のシグナスの整備の時は特には気にならなかったのですが、、、

最近のロットでは、バッテリーカバーが、

部品精度?の関係で組み付けにコツが必要になるそうです。


まあ、そういった事は、昔からありましたし、

生産台数が進むにつれて出てくるのは、

当然といえば当然です。


「コツ」ぐらいで取り付けできるうちは、

何も問題はありません。


「工具」「加工」が必要になってくれば、

少々問題ですなぁ、、、。


新品でも、長穴加工 しなければ、

取り付けの出来ない、カスタムパーツや、

社外マフラーも氾濫していますし、、、。


まあ、そういった事があっても、

仕事を進めるのですがねぇ。(^^)v





スポンサーサイト

PageTop

ジョグZRの整備です

ヤマハのスクーター、ジョグZRの整備です。


正確には、点検、整備、仕上げです、

手が空いた時間を利用して、進めています、

実は、店頭在庫車です。(^^)v



まあ、インマニの交換から始まり、、、

気が付いたら、外はすっかり暗くなっていました。


とりあえず、パチリッ♪

CIMG8833.jpg


ミラーは、ヤマハ純正のマジェ用?がありましたので、

サクッと交換しています、ちょっといいパーツに変わっています、(^^)

後は、普通にノーマルです。


ウエイトローラーや、ドライブベルトの交換もしたいのですが、、、

そのあたりは、手が空いた時か、

契約が決まったら交換作業に入ります。


とりあえず、

今日はここまでです。


何気に、、、

工場長が喜んで磨いています、

どうやら、「ハネ」が気にいったようです。(^^)





PageTop

部品待ちのNSR

昨日のNSR50とは別に、

もう一台、NSR50の整備を進めています、

最終型後期モデルのレプソルです。


夕方より急遽引取り仕事が入りましたので、

すでに店内にしまい込んでいます。

CIMG8828.jpg


すでにキャブレター周りの分解、洗浄、調整と進んでいます、

エンジンの状態も非常に良いです。


この先は、前後タイヤの交換、前後ブレーキのOH、

フロントフォークのOH、電装系の点検などなど、

地味に作業内容は多いです。(^^)


外装も新品交換になりますので、

きれいに仕上がると思います。


ミニバイクの整備と言えども、

スポーツモデルのバイクは、

仕事内容も、多いですねぇ。





PageTop

NSR50の整備です

ホンダのNSR50の整備を進めています、

まあ、正確には、点検と整備になります。



長い間乗らなかったのでバッテリーもダメですし、

キャブレターの中も怪しいです、(^^)

タンク自体の痛みがないのがなによりですなぁ。


こちらのNSRになります。




、、、なぜか?

現工場長が大喜び♪(^^)ノ


「いやぁー、NSRのこのデザインは、個人的に最高です」



ちなみに、工場長がレースで使っているのは、

NSRの後期モデルのはずです、

NSRミニでしたか?、、、<うろ覚え(^^)


そんなこんなで、

今週は、NSRが続きます。





PageTop

タイヤの値上がり

10月1日よりタバコの税金が上がります、

当然、販売価格も上がります、

いったいどこまで上がっていくのやら、、、。


私の子供の頃は、、、120円か140円ぐらいだった気がします、

今回の値上げで、400円を越えるそうです、

そろそろ やめようかなぁ、

と思う、今日この頃です。



先日? 9月1日からタイヤも値上がりしました、

今回も5パーセントほど高くなっています。


ここ数年で何回目の値上げになるのだろうか?

5パーセントずつ、ジリジリと価格が上昇していきます、

いったいどこまで上がっていくのやら、、、。


そんな、こんなで、

今回も地味ぃーに、まとめ買いしたネルガルです。(^^)


ミニバイクレースに参加する方に、

残り4セットまでは、旧価格で出せます、

いつものように、早い者勝ちです。


ちなみに、

BT601のミディアムのみです。

CIMG8740.jpg


多くの方に、ミニバイクレースを楽しんでもらいたい、

コストを抑える事により、長く楽しく続けてもらいたい、

いつもそう思っています。


レースに参加するライダーの手助けを、

これからも続けて行きたいと思っています。


次のレースは、白糸の第4戦になります、

なるべく行きたいと思っていますが、、、。


仕事の進み具合により、

今回も、ギリギリまで分かりません、、、

、、、 微妙です。




PageTop

GXエンジンの磨き

地味に昨日からの続きになります、

ヤマハのGX400の整備を進めています。


降ろしたエンジン磨いていきます、

今回は、ブラストなどではなく、

あくまでも洗浄の延長ぐらいで、

自然な「やれ」具合も残しておきます。


メッキでビカビカや、パシュと塗装も良いのですが、、、

自然な風合い、、、30年ほどの歳をとった外観にします。


ただ今、マスクをはめながら、

地味に戦っていま~す♪

CIMG8808.jpg


まだこれぐらいしか進んでいません。(^^)

CIMG8807.jpg



仕事柄、ホコリまみれになるのは慣れていますが、

こういった作業の翌日は、喉を痛めていたりもします。


対処方として、作業中はマスクをしていますが、、、

作業途中から喉が痛くなってきます、、、。


そういった時は、個人的に 杏仁豆腐 が効きます、(^^)

目覚めの時も喉の痛みがやわらいでいます。


がんばって働けば、

食後に杏仁豆腐が待っています。



さあ、

がんばって進めましょう♪(^^)




PageTop

GX400の整備です

ヤマハのGX400の整備を進めています。


サイドカバーのエンブレムは、

「GX400SP」となっています、

後期モデルのGXですね。


まあ、多分ですが、、、

78年か、79年モデルになると思います、

軽く30年ほど前のバイクになりますなぁ。(^^)

CIMG8777.jpg



ヤマハさんより捕獲した、キャブのパーツを組み付けて、

エンジン始動、同調取りまで進めて、「ほっ」と一安心、(^^)

それから、次の整備へと進んでいきます。


まあ、なにせ古いバイクになりますので、

点検、整備、確認、

点検、整備、確認、

点検、整備、確認、、、。


各部分に進むたびに、地味に点検から始まります、

一般的な整備より、余分に時間ばかりかかってしまいますが、

古い型のバイクを乗り出す時には、

点検、確認作業は一つ一つ確実に進める事が、

安全であり、順調に仕事を進めるコツでもあったりします。



「3歩進んで2歩下がる」


さってと、、、

エンジンが無事にかかりましたので、

これから、エンジンを降ろします。 (^^)



進んでいるのか?


下がっているのか?


多分、進んでいると思う。(^^)





PageTop

Dioの見積もりです

ホンダのスクーター、4ストロークDioの修理見積もりです。


左折車に巻き込まれて接触、転等です、

オーナーさんに大きなケガがなかったのが、

不幸中の幸いです。


ギリギリまで避けていたそうですが、

避けきれず、巻き込まれたそうです、、、。


陽が傾くのが日に日に早まっている今日この頃です、

みなさんも、十分にお気をつけください。


Dioのダメージもさほど大きくはありません、

外装関係ぐらいですね。

CIMG8778.jpg


それにしても、、、

やはり、バイクがバイクを呼ぶのでしょうか?


日中は、、、

2ストDioの修理見積もりを計算していた所です、、、。

CIMG8811.jpg


バイクがバイクを呼ぶのでしょうか?

本当に不思議な事です。


ちなみに、ただ今、

平行して整備を進めているバイクは、

GXと、GXです。(^^)





PageTop

250TRの整備です

カワサキの250TRの整備を進めています。


乗り替えにより下取りしたTRですが、

状態も良く使えそうですので、

チョイチョイ整備を進めて、代車にします。


部品交換などの整備が必要な所はありませんが、

全体的な点検と調整、グリスアップなどです。


ブレーキ周りの洗浄をサクサク進めている、

ネルガル工場長の稲富選手です。





特に問題もなく、サクサクと終了、

テスト走行をした感じも良いので、

今回の点検整備は、ここいらあたりまでです。


ちなみに、TRのエンジンは、エストレアと同系のようですが、

乗った感じは、エストレアの方が乗りやすく感じます。


全体的なバランスでしょうが、

さしあたっては、、、

ブロックパターンのタイヤに違和感を感じます、

通常走行は、オンロードが絶対的に多いので、

次回のタイヤ交換は、ロードモデル一択ですなぁ。



とりあえず、、、


コーナーリングよりも、


ブレーキングが恐いですので、、、。



PageTop

やっちまったぁ(><)

まあ、、、

日々いろいろな事がおきるネルガルです。


日々の生活の中で後悔する事も多々あります、

今日は、そういったお話です、、、。


とりあえず、ケガなどではないので、

ご安心ください。



お店の中のパソコンモニターの前に、

毎年もてぎで買っている、とと朗、トト郎、クロネコ、

などが並んでいますが、気が付けば、、、

ホコリで、すすボケています、

たまには洗濯もしています。


きれいになった、とと朗、トト郎。

CIMG8732.jpg


クロネコもきれいになって、

毛並みも良くなったかのようです、、、が、、、。

CIMG8733.jpg


キャーー! (><)

CIMG8734.jpg


黒目がありまへんがな、、、

オマケにヒゲもちぢれていますがな、、、。


すまん、(><)

俺のせいです、、、



やっちまったなぁ、、、。



このままでは、「ジブリ」ではなく「シブリ」になってしまいます、

人生、渋ってもダメですし、クロネコがあまりにも可哀想ですので、

俺、自らの手で、魂を込めて 黒目を入れます。 <不安か?(^^)



  






チョン、、、チョン、、、










どやさ? 



ジブリ?



CIMG8735.jpg



そこはかとなく、、、

うすらボケている表情 になったのは、

俺が目入れをしたからです。(==)v


ほら、動物って、

飼い主に似るって言うでしょ?


そういった所も、

ネルガルって事で、

笑って許してください、、、。 m( _ _ )m





PageTop

マジェCモデルの整備

まあ、不思議とバイクがバイクを呼ぶのでしょうか、

マジェスティーの整備が続きます。


走行中にドライブベルトが切れたようです、

レッツゴーレスキュー♪

そんでもって、ただ今戻ってきました。


CIMG8762.jpg


せっかくなので?

ネルガルの黒マジェと並べてみる、

その後にサクサクとバラシに進む。

CIMG8765.jpg


ケースを開けてみると、

飛沫したドライブベルトのカスが出てきます。

CIMG8769.jpg


アチャー、、、(><)

ガッツリと巻き込まれていますがな、、、。

CIMG8772.jpg


スクーターもマジェのクラスになりますと、

センタースプリングも硬いので、油圧の力で広げます。


無事に巻き込まれたベルトの取り外しに成功して、

サクサクとケース内部の洗浄を進めます。

CIMG8774.jpg


この辺りまで進めて、

各部の部品のチェックをして、

必要部品の発注になります。


レッツテレフォン♪


さすがに、今日、明日では仕上げは難しそうです、

オーナーさんとご相談で、

少々時間をいただきます。


ちなみに、上手い具合に、

ベルトぐらいで済みそうですが、

せっかくですので、

ウエイトローラー、スライドピースも替えておきます。


部品代ぐらいですので、

一緒に替えてしまった方がお得です。


部品待ちです、

次の仕事を進めます。






PageTop

マジェスティーの整備

3、4年ほど前になりますが、

ネルガルで作製したマジェスティーCモデルです。


今回は、乗換えでネルガル入りしました、

現状の確認もかねて、

点検と整備を進めておきます。


パッと見は、普通のマジェですが、、、。

CIMG8763.jpg


地味ぃーに、サウンドシステムとウーハー装備♪

アラームイモビライザーや、

当時では珍しかったHIDなども装備して、

ワイズギヤのローダウンシートに、ローダウンキット、

メッキカバーやメッキレバー、

アルミステップやバックレスト、エアロカバー、

トラップマフラーなどなどです。


パッと見は、普通のマジェスティー、

でも、ノーマルと見比べてみると、

ちょっとずつ違う。(^^)v



これにLEDや電飾などを付ければ、

子供受けすると思うのですが、

俺はやらない。




PageTop

NSRサス5ミリアップ

まあ、不思議なもので、

仕事とは、似たような仕事が続くわけでして、、、。


昨日は、スプリングコンバートキットを発送しました、

今日は、NSR50の純正サスを5ミリほど長くします。


カラー自体は、オーナーさんが持ち込んでくる予定です、

ホンダさんより捕獲した純正サスをばらして、

準備を進めておきます。


ホンダさんより捕獲した、NSRの純正サスです、

微妙に高くなっています、

全長ではなく、金額が。

CIMG8757.jpg


リアサスペンションスプリングコンプレッションツールゥ♪(^^)

微妙に長いですなぁ、

全長ではなく、名前が。

CIMG8759.jpg


この後にオーナーさんがお見えになって、

サクサクと組込みをして、

今度こそ、全長が長くなりました。(^^)


サス自体が長くなりますので、

当然、シートも高くなります。


前後バランスも変わりますし、

バンク角も深くなります。


そのあたりは、慣らし走行をしながら、

少しずつ馴染んでもらいます。


今までよりは、

格段と乗りやすくなって、

タイムも出しやすくなっていると思います。


また、様子を聞かせてもらえると、

今後の参考にもなりますからねぇ。





PageTop

NSRのサスキットです

NSR50のスプリングコンバートキットです。


まあ、あちらこちらから声のかかる、

NSRの純正サスのスプリング交換キットです、

今回は、ハイパコのスプリングとセットで発送です。


レッツゴー、ヤマト急便♪

CIMG8751.jpg


今回のモデルから、刻印は、

「 二輪工房NERGAL 」です。(^^)

CIMG8752.jpg


ハイパコのスプリングの到着が少々かかりました、

このあたりは、メーカー在庫により納期が左右します、

お急ぎの方は、早目、早目のご検討をお考えください。


ハイパコのスプリングは、

クァンタムなどのサスを手に入れた時も使えます、

先々を考えても良い選択だと思います。


ちなみに、今回新たに、

NSF100用のシートバックステーも届きました。

CIMG8754.jpg


つまり、あれか、、、

俺もNSF100に乗れるって事か、、、。(^^)


たまには、

走りに行きたいなぁ、、、。


まあ、バイクやレースの、

シーズンオフのあたりになりますかねぇ、

バイク屋だからね。(^^)v




PageTop

ZXR400の整備です

カワサキのZXR400の整備です。


以前に整備をしていますが、

今回は、ネルガル出発前に滲みの出ていた、

ガソリンコックの交換です。


まあ、後から問題が出るくらいなら、

サクサクと交換をしておきます。


こちらの車体です。

CIMG8745.jpg


カワサキさんから届いた、

新品の燃料コックです。

CIMG8747.jpg


外見では分かりにくいのですが、

コック内部のOリングが傷んでいます、

この先の事も考えて、リッチにアッセン交換です。(^^)v

CIMG8748.jpg


サクサクと交換して、出発準備完了です。

CIMG8750.jpg


それにしても、、、

ZXRといえどもすでに10何年前のバイクになります、

メーカーさんが部品を出してくれる事が、

とてもありがたいですねぇ。


これでまた、安心して楽しく、

バイクに乗ってもらう事ができます。


メーカーさんから部品が出ているうちは安心できます、

メーカーさんにも部品がなくなったら、

できる限りで適合する部品で組みます。


それすらできない時は、

ハンドメイドのワンオフにて作製になります、

当然、単価も高くなります。


気に入っていて、これからも永く乗りたい場合は、

部品が出るうちに、交換をお勧めしています。


オーナーさんには、なるべく負担のないように、

楽しく乗ってもらいたいですからねぇ。(^^)v





PageTop

CB1300のマフラー

ホンダのCB1300SFのマフラー交換です。


以前にネルガルより乗り出ししていただいた、

ホンダのCB1300SFです、

気に入って乗ってもらえていますねぇ、

今回は、マフラーの交換です。


きれいに乗ってもらえています、

うれしいですねぇ。(^^)

CIMG8744.jpg


純正は、左右二本出しのマフラーです。

CIMG8739.jpg


社外品の集合マフラーに交換になりますので、

マシン自体の重量も軽くなり、運動性も上がります、

ちなみにオーナーさんがマフラーを持ち込んできました。


なじみのないメーカーでしたが、思ったよりは、<ヲイヲイ(^^)

良くできているのです、勉強になりますねぇ。


サクッと組み換えをしてテスト走行をした感じは、

特別キャブのセットアップも必要なさそうです。


まあ、そのあたりは、

オーナーさんに使ってみてもらって、

しばらく様子を見て、今後のご相談になります。


ちなみに、

組み付け後の写真は、、、

とり忘れています。m(_ _)m




PageTop

ジョグの整備です

ヤマハのスクーター、ジョグの整備です。


走行距離が少々行っています、24000キロほどですが、

全体的なヤレもなく、足回り、エンジン、駆動系の調子が良いので、

ネルガルの代車にします。(^^)v


いや、この型の最終の2ストジョグって、

キッチリと整備をしていけば、

40000キロとか50000キロぐらいは、普通に走れますからねぇ。


まあ、それでも、、、

さすがにインマニは痛んでいると思います、

ほら、、、エンジンの始動時に大体はね、、、。


サクサクと進めていきます。




ジョグのインマニ、インテークマニホールドは、

写真中央あたりにあります、サクッと取り外します。

CIMG8761.jpg


やっぱりね、(^^)v

亀裂が入っていますなぁ、

サクッと新品交換です。

CIMG8766.jpg


組み終わってテスト走行をした感じも良いです、

足回り、エンジン、駆動系、電装系、共に良いと思います。


ここしばらくは、

代車が売れてしまう、

と言う事が続いて、代車不足でしたが、

これからは、ジョグに活躍してもらいます。


そのほかにも、業務用として、、、

次回の鈴鹿は、今回のジョグが、

パドックでの足になります。(^^)v





PageTop

鈴鹿ミニモトST決勝

スタート進行は進み、

グリットにマシンを並べ始めます。


修復の終わったマシンに第一ライダーの玉田選手がまたがり、

ピットよりコースインの準備を進めます、

私たちもグリットに向かいます。

CIMG8719.jpg


お隣は、同じピットの「アケノスピード&Y・WAI」

8耐で金山さんとペアを組んだ、稲垣誠選手の所属するチームです。

CIMG8718.jpg



玉田選手にアウトラップで様子を見てもらいますので、

何点かの工具を持ち出し、調整のできる準備もして行きます、

まあ、荷物の多い事、多い事。(^^)


メインストレートに帰ってきた玉田選手にマシンの様子を聞いてみますが、

どうやら問題はないそうです、一安心です。


やる事がなくなったので、本来の仕事、

写真を撮る係りに戻ります。(^^)


あちらこちらのチームでグリットでの写真を撮っています。

CIMG8723.jpg


私たちも、負けじとパチリッ!(^^)v

CIMG8724.jpg


今年の8耐でチームメイトだった学生さんも、

今日は、学校のチームでライダーとして参加です、

ゼッケン39番、「日本モータースポーツ専門学校ロードレース部」

がんばってもらいたいです。

CIMG8721.jpg


ちなみに、8耐前夜祭の時と、

似た様な格好で写っています。(^^)

P1000289.jpg


「てんちょうさん、手は大丈夫ですか?」


「えっ、、、ああ、8耐の時はベルト巻いてたよな、もう大丈夫だよ」 <ニギニギ



「いえ、爪の方です」


「えっ、、、何で知ってるの?」



「ブログ読んでいます」


「ゴフッ!」 <吐血 (^^) 


今年で卒業になるそうです、来年は、今年のメンバーで自前でマシンを準備して、

OBチームとして参加を計画しているそうです、

楽しそうだなぁ、(^^)後輩に負けんじゃねぇぞ。


決勝レースが終わった後に、村松選手とも8耐以来の再会を喜んでいます、

来年のレースに参加するのならば、ライバルでもあり、仲間なのです、

二人ともまだ若い、お互い切磋琢磨して、自分自身を鍛え上げ、

上を狙って行くのも楽しいと思います。


ちなみに、ミニモトのマシンの勉強のためや、参考にしたいのなら、

今年の私たちのプラナスマフラーのマシンに乗ってみるのも良いと思います、

オーナーと、ネルガル浜北に許可を取っておくよ、

10月、11月あたりのスパ西浦のテスト走行でどうだ?

HRCトロフィーグランドチャンピオンシップの、

NSF100のテスト走行も予定していますので、

ネルガルのNSF100にも乗ってみな、

気が向いたら電話くれ。(^^)ノ




前半スタートの組みと、後半スタートの組みは、

この横断幕で仕切られています、

なににせよ、前半スタートが取れて良かったです、

サンキュ玉田くん。(^^)

CIMG8726.jpg




いよいよ決勝スタートの時間です、ルマン式スタートになりますので、

ライダーはコースの反対側から走ってマシンに駆け寄りスタートします。


第一ライダーの玉田選手と、マシンを支える村松選手に一言、二言かけて、

私たちはピットに戻ります。




「5」


「4」


「3」


「2」


「1」


「スタート」 (^^)<始まった~♪


スタートはきれいに決まり、大きなトラブルもなさそうです、

サインボード担当の私もプラットフォームに入ります。


日除けのすだれの下で4時間耐久サインボード係りです、<爆!

お隣のオーテック鈴鹿のスタッフと共に、

お互い励まし合いながらがんばります。(^^)v


今日のレースは、レースを見ると言うより、

ストップウォッチを見ている時間の方が長そうです、(^^)

一週たりとも気が抜けません、

私自身の4時間耐久レースですなぁ。



玉田選手のスタートは、上手く行った様子です、

前のライダーたちにピッタリと付きながらペースを上げて行きます。


予選タイムは、3分25秒3でしたが、

サクサクとペースを上げて、数週目には、予選タイムを上回ってきます。


それどころか、どんどんタイムを縮めてきます、

マシンの状態は良さそうです、

サクサクとタイムを縮めて、3分24秒016!

すげぇぇ、正直、私の予想の斜め上を行っています。(^^)


初めての鈴鹿のレースで、大したものです、

ビビッてもいませんし、退いてもいません、

堂々と大人のライダー達と戦っています。


ホームコースである、白糸では、

たくさんの方々にお世話になっています、

たくさんのライダーさんたちに勉強させていただいております、

親父さんと一緒に各地のレースへも参加して、

ライダーとして、日々成長をしています。


みなさんに教わり、みなさんに鍛えられたライダーは、

鈴鹿サーキットの大舞台でも、一歩も引けを取っていません。


予選34番グリット、決勝でもタイムを縮め、

順位も30番あたりまで持ち上げてきました。


その走りの全てが、白糸をはじめとして、

応援してくださった、みなさんへの感謝の言葉だと思います。


玉田選手は、良い走りをしています、

予定していた走行時間も残り少なくなってきました、

ライダー交代の時間が近づいてきました、、、が、

周りの様子を見て、玉田選手の走りを見て、

予定より、少し長めにがんばってもらいます。(^^)


思ったとおりに、ピットインしてくるライダーの多い事、多い事、

107台によるレースですので、

コッソリと渋滞を避けます。(^^)v


ピットインのサインボードを出して、

玉田選手の確認の合図を確認して、私もいそいそと、、、

耐火服を着込み、給油係への準備をします。(^^)


給油係は、玉田監督と、私と、そこら辺にいるライダー、(^^)v

兼業が多いのは、弱小チームならでわです、

仕事に対する責任感と、労働意欲と、自身の存在意義と、

疲労度が上向きます。<爆!


まあ、そんなこんなも、

楽しかったりもします。(^^)v



第二ライダーの村松選手に、一言、二言かけて、

マシンを押し、ライダーと共に送り出します。


「うぉぉら、行ってこーい!」 (^^)


ちなみに、仕事が終わった後にブログを書いています、

すでに日付が変ってしまいました、


「面倒くさいからもう終わろうかなぁ、、、」(^^)



などと言うと、浜北あたりからツッコミが来ますので、

終わりまでキッチリと進めます。(^^) <ああ、今日も耐久だぁ



上坂選手の希望もあり、鈴鹿ミニモト参加が決まった時、

なぜか嬉しそうにしていた村松選手です。


普段は、白糸のレースがメインになりますが、

全国のチーム、ライダーと戦えるチャンスです、

エンジン造り、マシン造りにも勉強になります、

大変な事は分かっていながらも、嬉しそうでした。


実際、マシンは良いと思います、

村松選手自身もそうですが、

鈴鹿初走行や、経験不足のライダー達が進めたにしては、

十分な戦闘力を持っていますなぁ、実際にタイムも出してきています。


ライダーとしての経験値も上がりますし、

メカニックとしての経験値も上がります、

苦労は二倍になりますが、得る物も二倍あります、

村松選手自身にも、良い経験になると思います。


がんばれ、俺もそうだったよ。(^^)



タイムの方も着実に縮めてきています、

周回遅れが増えてきましたので、なかなかクリアーラップが取れていませんが、

前日走行や予選よりも、キッチリとタイムを縮めています、

やれば出来る子なのです。(^^)


全体を見てもタイムは中の上ぐらいでしょうか?

ベストラップで3分27秒ぐらいです。


約一時間の走行を予定しています、

走りたい気持ちと、タイムを縮めて行きたい気持ちも伝わってきますが、、、

楽しい時間ほど過ぎるのは早いだろう?


ごめん、、、(><)


ピットインのサインボードを出します、

お疲れ、、、良い走りで、良いマシンだったよ。



いそいそと耐火服を着込み、

マシンチェックと給油作業に入ります。



第三ライダーは上坂選手です、

朝の転倒後から様子を見ていますが、

体には問題はなさそうです、

楽しみにしていた、鈴鹿ミニモト4時間耐久レースの決勝です、


「うぉぉら、行ってこーい!」 (^^)


上坂選手は、今回のXR100モタードのオーナーで、

自らもライダーとして参加します。


実は、去年よりプラナスのマフラーを使いテスト走行をしていましたが、

鈴鹿ミニモトへの参加は、他のライダーの都合が付かず出来ませんでした。


今年は、こんな連中ですが、(^^)ノ

楽しいチームが組めただろう?

まあ、初参加になるので、あまり力まず楽しんで走れば良いのです、

いつまでも笑って思い出せるチームと、レースになると思います。


結果や順位を狙うなら、まだまだ来年もあるし、これからもあります、

チャンスがあったら、またみんなでチームを組もうぜ。


そういった想いと、実際のレースは、また別物なのです、

予選の転倒により走る事のリズムがかみ合わない様子です、

少々苦しんで走っているように見受けられます、、、。


一度ずれてしまったリズムはなかなか元には戻らない、

それは、ライダーとしての私自身の経験でもあります、

きっかけがあれば、サクサクとタイムも縮める事が出来るはずですが、

なにせ107台による決勝レースです、

今日の今日では、少々難しそうです。


楽しい気持ちも分かる、苦しい気持ちも分かる、

出来る事ならば、みんなに楽しくレースをしてもらいたいが、、、


それは、、、また次の機会の楽しみとして取っておこうぜ。


普段のST600のマシンとも違う、

ライン取りも走り方もまったく違う、

我慢に、我慢を重ねる週回数が進む。


苦しい条件でもキッチリと規定時間を走りきった、

よくがんばった、お疲れさま、


すまないが、、、


ピットインのサインボードを出すよ、、、。



いそいそと耐火服を着て、

大体の仕事をこなす。(^^)



まあ、ここまでは順調に進んでいると言って良いと思う、

第四ライダーの望月選手の出番です、

ウケとか狙わなくて良いからね。(^^)


村松選手の3分27秒台を狙っているなぁ、、、その顔は、(^^)

初参加なんだからあまりタイムばかり気にしてもダメだよ、

楽しんで走ってこればOKだ、


「うぉぉら、行ってこーい!」 (^^)


決勝レースが始まってすでに3時間を経過している、

昼間のうだるような暑さも日陰が増えて幾分かはやわらいでいる、

それでもライダーが大変な事には変わりは無いのですがねぇ。


望月選手が担当する第四ライダーは、

実は、地味に大変だったりもします。


気温こそひと段落していますが、

3時間以上走り続けているマシンは、さすがにくたびれ始めています、

コース上も転倒の跡などもあり、地味にライダーにプレッシャーを与えます、

西日がコース上を照らしますので、ライン取りもばらついたりもします。


そして、一番厄介なのが、、、

3人、もしくは4人で構成されるチームです、

第四ライダーの走行時間は、遅いライダーもいれば、

2回目の走行の、第一ライダーもいます、

速い、遅い、のスピード差が一番出やすい時間帯です。


それでも、がんばって走っていればいい事もあるよ、

4時間耐久レースのチェッカーを受けれるのだからね。(^^)


ピットやプラットフォームから見守る私たちに出来る事は何もありません、

ただライダーを信じて、全てを任せる事しか出来ないのです。


そんななかでも、望月選手の集中力は落ちていない様子です、

メインストレートに帰ってくるたびにサインボードを見ています、

毎回出されるラップタイムに一喜一憂していますなぁ。(^^)


ヘルメットのシールド越しに見える眼鏡の奥の瞳には、

絶える事なく輝きがあります、

まだまだ行けそうです。(^^)


プラットフォームから間近で見えている私にも分かりますが、

ピットで見守っているみんなにも分かっているはずです、


だって、練習走行の時よりも、

ガッツリとタイムを縮めて来ているもん、(^^)

3分30秒を切り、29秒、28秒、地味にタイムを縮めて来ています。


第三ライダーの転倒により、朝の予選が走れなかったので、

今日の走行は、決勝レースがぶっつけ本番ですが、

全てを振り払って、タイムを縮めて来ています、

村松選手の3分27秒が効いたかなぁ。(^^)



楽しい時間が過ぎるのは、どうしてこうも早いのでしょうか?

望月選手の走行時間と共に、4時間耐久レースのゴールが見えて来ます。


いつの間にか、あちらこちらのチームから、

ライダー、ピットクルー、みんながプラットフォームに出始めています、

私たちのチームも当然の事のように出てきました。(^^)


2010年、鈴鹿ミニモト4時間耐久レース、

フィニッシュラインを無事に通過、ゴールです。(^^)v



いやー、初参加のチームとしては、大健闘だったと思います、

多少のトラブルは、後の笑い話のネタになります、

無事に4時間を走りきり、無事にゴールして、

上出来、上出来のレースだったと思います。



私たちもそうですが、

参加した107台すべてのチームが、

ヒーローですなぁ。(^^)



遠目からチラッと見た表彰式です。

CIMG8728.jpg



私たちには、まだまだ遠く、はるか彼方に思いますが、

誰でもそうなのですが、

努力を惜しまずがんばっていれば、

少しずつでも近付く事ができるさ、

また、がんばろうぜ。



レースが終わり、マシンと機材を片付けをして、

明日の予定がバラバラなチームは、

ピットの後ろで「帰りの会」をやってお開きになります。(^^)



レースは、無事に家に帰るまでがレースなのです、

疲れている事ですので、気をつけてのんびり帰りましょう。



ゼッケン84番、「ネルガル浜北+AS原始人+全開屋」


予選グリット34番、


決勝週回数66週、


決勝32位フィニッシュ、


私たちの今日のレース結果です、

たくさんの応援、本当にありがとうございました。m(_ _)m



チーム監督

玉田選手の親父さん
 


チームヘルパー

村松選手の彼女



第一ライダー

玉田 敬済



第二ライダー

村松 亮太



第三ライダー

上坂 裕平



第四ライダー

望月 孝雄



下っぱ

てんちょう




嫌な時間や苦しい時間は長く感じます、

楽しい時間は、「あっ」という間に過ぎてしまいます。



4人のライダー達が口を揃えて言います、


「あっ、という間に終わっちゃいました」


ああ、楽しいレースだったんだなぁ、と思う。



みなさんからの応援が、ライダーの背中を押す力になりました、

本当にありがとうございました。m(_ _)m



朝の3時から動き始めた、私の今日一日は、

「あっ」という間に終わりそうです。(^^)v




PageTop

鈴鹿ミニモトST修復

鈴鹿ミニモトST決勝日です、

予選からの続きになります、

のんびりとご覧ください。(^^)


第一ライダーの予選タイムアタックで34番グリットを取れそうですが、

第二、第三、第四ライダーのタイムアタックも気が抜けません、

速いライダーがいれば、34番グリットも奪われて、

スタート順位は下がってしまいます。


そんなこんなで、

気ぃ引き締めて行ってみよ~♪(^^)ノ


とは言ったものの、、、

事実上の朝のフリー走行になります、

まあ、力まずに行って来~い♪(^^)ノ <どっちやねん?



第二ライダーの村松選手もマシンとコースの感触を確かめながら、

予定どうりの走行時間でピットに戻って、

第三ライダーの上坂選手と交代です。


上坂選手もマシンの確認などをしながら走っています、

予定の周回数でピットインのサインボードを準備します。



、、、、



、、、、



、、、帰って来まへんがな、、、、。(--)


望月選手が走行準備をして待っていますが、

上坂選手がピットに帰ってきません、

当然、ストレートも通過していません。


1コーナーで黄旗が出ています、

どうやら転倒した様子です、、、。



そうこうしている間に、

ピットロードに上坂選手の姿が見えました、

不安が立ち込めるピットに向かって、

スロー走行で帰って来ました。


どうやらピットアウトしてきたマシンがアウトラインまで振ってきて、

1コーナーで接触して転倒したようです。


、、、ピットアウト後は、

2コーナーまでインベタ走行を義務付けられているはずですが、、、。


鈴鹿ミニモトも5年目ですが、やはりアマチュアのレースです、

予期せぬ行動をするライダーも見受けられます、

お互いのライダーにケガがなかったのが何よりです、、、。


マシンの方は、微妙にダメージがあります、

ハンドル周りはブレーキレバーぐらいですが、

右ステップ周りは、、、大破しています。(><)


予備のステップを準備して組み替え作業に入りますが、

リアブレーキのバンジョーあたりからフルードが漏れています、

スペアーのマシンよりブレーキ周りを外して、

急遽こちらも組み替え作業に進みます。


レース進行では、スタート前チェックが始まっています、

時間は無いが、まだまだ十分に間に合う、


「ああ、大丈夫だ、今からエンジンをバラシても俺たちなら間に合うよ」(^^)


俺もいる、玉田監督もいる、ネルガル浜北の村松選手もいる、

上坂選手もいる、望月選手もいる、玉田選手もいる、

みんながテキパキと作業を進めて、

一段楽した時点で、スタート前チェックを受けに行く。


ピットに戻ってからも、最終確認と調整を進める、

決勝スタートには、十分に間に合う、

今は、一分、一秒を考えなくても良い、

4時間後のフィニッシュラインまで走りきれる、

確実なマシン造りが一番大事なことなのです。


そのあたりは、さすがに経験者の集まり、(^^)

落ち着いて作業を進めています。


「これくらいは、トラブルのうちに入いらねぇな」(^^)v


「ハイ」(^^)

「そうですね」(^^)

「余裕ですね」(^^)

「前より良くなっているかもしれませんね」(^^)

「良い意味でスタート前の最終確認ができましたね」(^^)



ああ、良いチームだなぁ、と思った。



できる事なら、レース前のトラブルは避けたい、

だが、おきてしまった事はしょうがない、

リペア、リビルドするのもチーム全体の力です。


バイクが好きで、レースが好きで、

気の合う仲間が集まり、チームを組む、

良い結果を残そうと、また一つ今日のチームがまとまった気がした。



気力十分、気合十分、


初参加の若いチームは、


106台のマシンとチームを相手に、


4時間耐久の決勝レースを迎えます。





つづく


PageTop

鈴鹿ミニモトST予選

鈴鹿ミニモト4時間耐久レースSTクラス決勝です。


ホンダのXR100モタードをベース車両に、

マフラー、ハンドル、ステップなどを交換した、

STクラスの決勝日です。


今年は、オープンクラスへの参加を予定していないネルガルです、

今回のSTクラスもネルガル浜北の村松選手を中心に、

私以外の人たちで進めています。


STクラスは改造範囲も限られていますし、

普段は、NSF100で戦っているライダーが揃っています、

私自身が手を出す事は、ほとんどありません。


ボクは、いらない子なのです、、、( T T)


そんな、こんなで、

決勝当日の朝に鈴鹿に、レッツゴーです♪

お気軽に一日楽しんできま~す。(^^)ノ



ちなみに、、、鈴鹿の係員は今日も見慣れた顔です、

パッドックパスが無くともゲートを通してくれた、

ありがたい事ですなぁ。(^^)



前日のフリー走行も特に問題もなく、

決勝当日の朝の風景ものんびりとしています。


「おはようございま~す♪」


今日一日、同じピットを使うチームの方々とも、

朝の挨拶をします、お互いがんばりましょう。


その後は、知り合いのチームに声をかけに行ったり、

8耐のチーム員との再会を喜んでいたりもします。

CIMG8710.jpg


当日の朝に決まった私の役割は、

メカニック兼、サインボード兼、タイムキーパー兼、給油補助兼、

写真を撮る係りです。


思ったより仕事があります、

誰か連れてこればよかったなぁ、、、。


ゼッケンは、84番、

「ネルガル浜北+AS原始人+全開屋」

ホンダのXR100モタードに、

サクラ工業さんのプラナスマフラーです。

CIMG8709.jpg


カメラを構えると、即座に反応する、(^^)

ネルガル浜北の村松選手です。

CIMG8717.jpg


朝一のライダーブリーフィングです、

ライダーの人数が多いのでグランドスタンドを利用しています。

CIMG8712.jpg


今回も監督は、玉田選手の親父さんです、

若いライダー達をビシビシ鍛えてください。


ライダーブリーフィングの間も、

スタート前チェックを進めています。

CIMG8713.jpg


ブリーフィング後に、第一ライダーによる、

予選タイムアタックになります。

CIMG8714.jpg


予選アタックライダーは、

エースライダーの玉田選手です。

CIMG8716.jpg


みんなでサクサクと準備を進めます、

私の出番は、、、ありまへん、


この頃はまだ、、、。(^^)

CIMG8715.jpg


ピットアウト側にマシンを押しながら歩いて行きます、、、と、

原始人、、、じゃねぇ、、、えぇーと、、、

望月選手が、フロント周りの異常を感じたそうです、

確認してみると、ステムあたりにガタが出ています、

急遽ピットまで戻して、バラシに入ります。


まあ、単純な緩みになりますので、

「締めて良し」

毎度おなじみのスタート前のバタバタです、

走行前に気が付いた、原、、、望月選手を褒めておきます。


良い意味で神経の太い玉田選手は、

スタート前のバタバタも気にせず、

自己ベストのラップを更新しながらタイムアタックを続けます。


予選タイムアタックの結果は、3分25.319秒です、34番グリットです、

いやぁー、大したものです、上出来ですねぇ。(^^)


107台による決勝レースは、スタート直後の混雑を避けるために、

上位50番グリットまでが先にスタートして、

51番より後ろは、1分ほど遅れてスタートになります、

前半スタートを取っただけでも十分ですし、

初出場で34番グリットは、上出来です。


マシンには、まだまだ余力があるそうです、

決勝中には、さらにタイムを縮めてくると思います。


そこはかとなくうれしそうな村松選手に一言、(^^)


「良いマシンだよ」


「ありがとうございます」



スタート前のトラブルも解消されています、

私の出番はこれで、、、なさそうですなぁ、、、


この頃はまだ、、、。(^^)





つづく


PageTop

XJR1300の整備です

ヤマハのXJR1300の整備と車検です、

ちなみに、継続車検になります。


前回の時にハンドル変更に伴う、

構造変更申請をしています、

今回は、このままサクサクと継続車検になります。


ただ今、オイル交換中、

オイルエレメントも交換します。

CIMG8699.jpg


予定よりちょっと走っていますが、

オイルの痛み自体は、さほどひどくありません。

CIMG8700.jpg


ハウジング内部の洗浄をして、

Oリングも交換します。

CIMG8703.jpg


スポロケットカバーも外して砂利やゴミなどを洗浄をします、

クラッチレリーズとロッドの洗浄、グリスアップを進めて組みつけになります、

ここまでに使った工具類などです。

CIMG8705.jpg


評判も良く、オイル自体の痛みも少ないので、

今回も4Tでオイル交換になります。

CIMG8706.jpg


サクサクと車検も終了して、今回のお仕事も終了です、

仕上がりを楽しみにしているオーナーさん待ちになります。(^^)

CIMG8708.jpg


若かったオーナーさんも、いつの間にか立派なライダーです、

走行距離で40000キロを軽く超えています。


XJRは、丈夫で長持ちが自慢の一つです、

これからも十分に楽しんで走ってもらえると思います。


とりあえず、今回はOKでしたが、次の車検の頃には、

ヨシムラマフラーのリペアが必要になると思います、

サイレンサーのリペアです。


まあ、気分を変えて他のサイレンサーにするのも良いかもしれません、

そのあたりも、今後のお楽しみと言う事で。(^^)ノ





PageTop

電動バイクのレース

某所から質問がありましたので、

電動バイクレースのお話など少々。



たまたま、ライズさんのブログに面白い動画がアップされていました、

電動バイクの走行です、よろしければご覧ください。


ミニバイクからロードレースに参戦しているネルガルです、

私自身の意見では、電動バイクは賛成です。


一般公道用の電動バイクもスクーターモデルでしたら、

十分に需要があると思います、

スポーツ走行を楽しみたい方は、

ガソリンエンジンを選べば良い事なのです。


レースに関して言えば、

「ミニバイクから小排気量?のレースには賛成です」

そのあたりは、メーカーさんの考えと、これからの出かた次第ですけれど、、、。


単純にミニバイクレースで電動を推す理由はいくつかあります、

まず第一に、ミニバイクレースと言えどコストが高くなっている事です。


なににしてもレースで良い成績を取ろうと考えたならば、

それなりにお金がかかります。


特に動力系に関しては、

モーターの方がコストが抑えられますし、

市場の需要によりバッテリーのコストダウンも期待できます。


レギュレーションに左右されますが、

ほとんど今現在よりコストダウンを期待できます。



もう一点は、「環境」です。


自然環境もそうですが、広い意味での環境です、

今現在のミニバイクレース環境も視野に入れての意見です、

言葉数が少ないので、誤解のないようにご理解をお願いします。


たとえば、、、

まあ、極端な例になってしまいますが、

電動バイクのレースでしたら、ドーム でレースができます。(^^)



排気ガスが出ませんので屋内レースが出来ます、

つまりは、雨や雪、暑さ寒さなどに影響されにくく、

条件の良い状態でレースができます。


アメリカなどでは、オフのレースや、ラリーが開催されていますね、

天気に左右されず、がんばればエアコンも導入されます、

イベントとしてのレースでは、

今よりも観客動員数が増えるのでは?



音量的にもガソリンエンジンより優れていますので、

夜間走行も可能になります。


たとえば、、、

簡単な屋根で良いのです、

立体駐車場のような屋根でも付いているコースがあれば、

天気に左右されず、練習走行やレースをする事ができます。


夜間照明などがあれば、

学生さんでしたら、学校の終わった後に、

社会人の方でしたら、仕事の終わった後に、

平日の夜でも練習走行や、スポーツ走行が出来るようになります。


実際に、倉庫の中や、夜間作業の工場などでは、

今も電動フォークリフト、リーチフォークが大活躍です。


ちなみに、私もリフト免許を持っています、

町田市の小松まで取りに行ったなぁ。(^^)v


今現在のガソリンエンジンのミニバイクほどの、

スピードなどは難しいかもしれませんが、

ジュニアライダーの育成や、

趣味やスポーツとして参加する方にとっては、

今よりも環境はよくなると思います。


ライディングの技量も上がり、

もっと広い世界に進みたいのであれば、

ガソリンエンジンに戦いの場を移せば良い事なのです。



そういった観点からも、

電動バイクのレースには、私も賛成しています。


海外の電動バイクを、現地まで行き調べている、

大先輩には、今後も期待しております。(^^)ノ



バイクであれ、自動車であれ、電動でも、

安全で楽しく走る為の基本は、

昔も今も、そして、

未来の世界でも、変わる事はありません。


まず、タイヤ、

そして、ブレーキ、サス、

その考えは、これからも変わりませんね。




大昔は、一般的に競争馬によるレースでした、

「人馬一体」まさに言葉通りです。


2ストロークから、4ストロークへ移行して、

この先は、電動のレースになりそうです、

私の仕事などは、半分は不要になります。



それは、それで良いのです、


多分、その時になっても、、、


あれこれとバタバタしながら、ガチャガチャやりながら、


汗にまみれて、汚れにまみれて、時間に追われながら、


悩んだり、怒ったり、泣いたり、笑ったりしながら、


ライダーやピットクルーと共に、


バイクのレースを楽しんでいると思います。(^^)





PageTop

白糸レースの動画です

先日、白糸にて行われた、

ライディングスポーツカップ第3戦の動画がアップされました。


まあ、私は機械に詳しくないオッサンです、(^^)v

OAナガシマの坂野選手のブログにアップされています、

よろしければ、こちらもご覧になってください。


話には聞いていましたが、

チャレンジクラスの杉山さんの優勝は、

早いうちから勝負をかけての、完全な逃げ切りですな、

後半になっても体力と集中力が落ちていませんねぇ。


ここだけのお話ですが、、、(^^)

杉山選手は、ミニバイクレースへの参加を決めた時から、

キッチリと減量を始めています。


さらには、朝のトレーニング、

ジョギングなどもして、体力の強化をしています。


勝とうと思っているのならば、

出来る限りの努力をする必要があります、

ミニバイクのレースと言えども、

楽をして勝てるほど甘くはありません。


運が良かった、ツキがあった、

長くレースをやっていれば、

ラッキーな事もあったりしますが、、、


「努力に勝る才能なし」


今回のレースは、

まさに、

努力の賜物ですねぇ。(^^)





PageTop

来年の予定です(^^)

まあ、早いもので、、、

ブログが一週間ほどおろそかになっています、

今日の夜あたりには、またアップしていきます。


来年の予定が、一つ増えました、

レースサポートになります、ピットに入ります、

詳しく決まりましたら、また、ご報告します。



非常に珍しいマシンになります、

よろしければ、また、応援をお願いします、

興味のある方は、サーキットまで遊びに来てください、

ピット内までご案内します。


えっ?、マシンは何かって、、、

どうやら、外車 ですなぁ、 <まだ見てないで~す♪

まあ、工具自体は、スナップオンのフルキットでミリもインチも持っている、

普段出番の少ない、インチ工具の出番になりますかねぇ。(^^)


その他にも、今のところの予定では、、、

来年の全日本に新たに参戦するチームへの参加も予定しています、

出れるレースは限られてしまうそうですが、

与えられた環境でも、全力でがんばります。


仕事は、なんでも請ける、

ネルガルです。(^^)v





PageTop

V-MAXの整備です

ヤマハのV-MAXの整備です、

キャブの最終モデルです。(^^)v


以前よりご希望があり、

年式の新しい状態の良いV-MAXを探していました、

条件的にも合格点のマシンが見つかりましたので、

サクッと捕獲です、サクサクッと納車整備を進めます。


と、言いましても、

年式も新しく、走行距離も短いので、

ほとんど重整備はありません、

オイル交換と点検、グリスアップ、増し締めぐらいです。


むしろ、、、

磨いている時間の方が長かったりもします。(^^)

CIMG8657.jpg


エンジン自体の状態は、文句無しで非常に良いです、

メッキの痛みも、塗装の痛みすらありません。

CIMG8658.jpg


タイヤや、ブレーキパットの状態も非常に良いです、

消耗品もしっかりとしていますので、

この先大きくお金がかかる事はありません。

CIMG8660.jpg


新車ワンオーナーで、まだ1回目の車検すら来年のお話です、

非常にきれいなV-MAXです。

CIMG8659.jpg



いやー、緊張するなぁ。(^^)


なにせ、ネルガルでは、

洗って置いておくだけでもホコリが付きます。(><)


気を抜くと、、、

あっ! と言う間にクモが巣を作り始めます。(><)


扇風機の風をブンブンに当てて、

オーナーさんがお見えになるのを待ちます。(^^)v


これからも永いお付き合いになると思います、

なにせV-MAXは、丈夫で長持ちが人気のモトです。


安全で楽しく、そのうえ、

永く乗ってもらう事は、バイク屋さん冥利に尽きます。




、、、ホコリが付いていねぇかなぁ?


メッキは、曇っていないかな?


もう少し磨いておきます。(^^)





PageTop

白糸レース第3戦です

白糸のライディングスポーツカップ第3戦です、

まあ、いつもの通りに長ぁーいブログになりました、

のんびりと時間のある時にご覧ください。


オートショップ☆ムラマツの、

むらまっちゃんのレジアスに迎えに来てもらいました。(^^)


そんな、こんなで、

朝も早くから白糸に向かってレッツゴー♪


まあ、、、お昼前には、白糸を出発する事になるのですが、、、

そのあたりは、むらまっちゃんのブログ、

「舞阪町の車屋さんの平凡な日々」

をご覧になってください。


あと、、、

むらまっちゃんが、奥さんに頭が上がらなくなっていますので、

車をお探しの方は、是非とも声をかけてください、

車検や整備、バイクのご相談も受けたまわっています、

ご協力をお願いします。 m(_ _)m



まあ、そういったわけで、

予選までは見ていましたが、決勝は見ていません、

レースレポートは、、、ネルガル浜北の村松選手にアップさせようかと思いますが、

なにせ、、、他のレースのレポートもまだです、(><)

今回は、原始人にでも頼もうかなぁ、、、。<爆!


さしあたって、

ネルガル関係のライダーのみのご報告になります。


チャレンジクラス予選では、

6番手、坂野祐隆選手、

8番手、杉山大介選手、

11番手、杉山和隆選手、


チャレンジクラス決勝結果は、

優勝、杉山大介選手、

8位、杉山和隆選手、


坂野祐隆選手は、

残念、、、7週目に転倒リタイヤになってしまいました。



今年の春にNSF100を手にした杉山大介選手が、

みんなと一緒に練習走行を続け、

真面目にコツコツと整備も進め、

前回の1週目転倒リタイヤの悔しさをバネに初表彰台を初優勝で決めました、

更なるタイムアップ、ライディング技術の向上を目指して、

これからもがんばります。


人生初のスプリントレースを、50歳を超えてチャレンジした杉山和隆選手、

予選より順位を上げて、無事にフィニッシュラインを通過です、

今回のレースでまた一つ、二つ、手ごたえを感じ取っているそうです、

チャンスがあったら、また参加します、

これからもがんばります。


坂野選手のブログもライダー目線です、

こちらになります、よろしければご覧になってみてください、

走るたびにタイムも上げてきて、

表彰台を狙える所まで来ているのですが、

残念、転倒リタイヤです、(><)

今回の杉山選手同様、悔しさをバネに、

またがんばって、表彰台を狙おう、

これからもがんばります。



サテライトクラス予選、

1番手、池田賢史選手、

2番手、青木雅人選手、


サテライトクラス決勝結果は、

優勝、池田賢史選手、

3位、青木雅人選手、


優勝の池田選手は、

去年の5月のつま恋4時間耐久レース、がデビューレースです、

その後も白糸のレースに参戦して、着実にタイムも上げてきています、

次のレースも、またがんばります。


青木選手もがんばっています、

転倒などでマシンを痛めたりして、

なかなか条件良く練習走行をする事ができないそうですが、

3位入賞で表彰台です、

次のレースも、またがんばります。



M12/M50クラス予選、

4番手、斉藤剛毅選手、

7番手、布施海透選手、

9番手、揚張裕哉選手、


M12/M50クラス決勝結果です、

2位、斉藤剛毅選手、

6位、布施海透選手、

8位、揚張裕哉選手、


斉藤選手は、鈴鹿でも有名です、

正直なお話、多分、私より有名です、(^^)v

経験も、実績も豊富で、最近はジュニアライダーの育成にも力を注いでいます、

キッチリと成績を残すあたりは、さすがに先生です、

生徒に負けないように、次のレースもがんばります。


布施選手は、ジュニアライダーです、

ただ今勉強中ですが、ライディングに関しては、

私から教える事はありません、むしろ教えて(^^) <爆!

慌てる事はない、ゆっくりと着実に進んでいきましょう、

いつかはまたネルガルのマシンにも乗ってくれ。


揚張選手は、白糸の中では付き合いが一番長いんじゃねぇかなぁ、

NSRの中古を格安で譲ってから、早くも何年だ?

そんな感じで一番気さくに話をします、

いつでも応援している、

次のレースも、またがんばろうぜ。


NSF100HRCトロフィー予選、

3番手、斉藤剛毅選手、

6番手、玉田敬済選手、

8番手、望月孝雄選手、

9番手、村松亮太選手、


NSF100HRCトロフィー決勝結果は、

3位、斉藤剛毅選手、

5位、村松亮太選手、

6位、望月孝雄選手、

7位、玉田敬済選手、


斉藤選手、M12クラスとのダブルエントリーです、

先日より風邪をひいていて、レース自体も?でした、

前日走行が出来なかったとは思えないタフネスぶりです、

「あの強さはなんでしょうか?」質問されましたが、

上手く答えられません、私の想像の斜め上を行っています。


村松選手、予選ではタイムが出ませんでしたが、

決勝では、キッチリとタイムを伸ばしてきています、

私と似て、出来る子なのか、出来ない子なのか、よく分かりません、

マシン造り、特にNSFのエンジンは、私以上かもしれません、

「ネルガル」の名前を許可しています、「ネルガル浜北」です。


望月選手、ご存知原始人です、39秒台に入れてきました、

ネルガル浜北のエンジンを使っています、

そういえば、、、

いつの間にかどこでもチームを組んでいます、

来週の鈴鹿ミニモトでは、みんなはホテルか、車中泊ですが、

ダンロップコーナーの山のあたりに横穴を掘って泊まらないように、

コッソリと注意しておきます。


玉田選手、あの水口選手を追っての中、

残念ながら転倒してしまったそうです、

リスタートして7位フィニッシュは立派です、

それ以上に褒めるべきは、

レース中に前のライダーに果敢にアタックしていく事です、

速さは十分に持っていますが、まだまだ勉強中です、

いい事も、悪い事も、今のうちに出来るだけ経験してくれ、

まだまだ、伸びしろを持っています。



4ストオープンクラス予選、

10番手、村松達也選手、


4ストオープンクラス決勝結果は、

出走ならず、、、


むらまっちゃん、新しいリアサスの手ごたえを感じつつ、

39秒、さらには38秒台を狙っていましたが、

私と一緒に一足早く浜松に帰ってきました、

道中の高速で杉山選手より優勝報告の電話に、

「悪い事は全部俺が持ってきた」と言い切っていました、

今日のレース全体の影の立役者です。




いい事もある、悪い事もある、

それがレースで、

全て終わってから言える結果論です。


いい事をなるべく多く、

悪い事はなるべく少なく、

次のレースへの準備を進めます。


私たちのレースは、

まだまだ終わらないのです。



PS

お土産のささ団子、ありがとうございます、(^^)

話は聞いていると思いますが、

来年の鈴鹿8耐のピットクルーで来てください、

ご検討後のお返事、

お待ちしております。






PageTop

TW200の修理です

先日整備したTWですが、

左折の車に巻き込まれて転倒したそうです、、、。


オーナーさん自身は、大きなケガもなく一安心です、

TWは、ハンドル周りなどの修理になります。


特に問題もなく、

サクサクと交換作業は終了です。

CIMG8691.jpg


フロント周りは、曲がりなどはありませんが、

「ネジレ」が出ていましたので、一度ばらしてセンターを拾って、

テスト走行になります。


走行した感じも良いと思います、

真っ直ぐ走りますし、左右共に倒し込みも問題ありません。



こういった感じで、バイクの整備などは、

最後の最後は、走ってみて決めます、

感覚的なところで判断をします。


そういった時に一番大事なのは、

「オーナーさんになったつもりで走る事」です。


私が整備するバイクは、

ほとんどが私のバイクではありません、

それでも、自分のバイク以上に愛情を持って接しています。


これからも、

その気持ちは、大切にして行きたいです。




PageTop

GX400の整備です

ヤマハのGX400の整備を進めます。


ただ今、お店の中では、

RG500ガンマと、GX400の整備を進めています、

ちなみに、ただ今、2010年です、平成22年です。(^^)v


エンジン始動の準備です、

キャブレターのOHから進めます。


サクッと取り外します。


インマニのゴムが、

サクッと切れました、、、_│ ̄│○ <覚悟はしていましたが、ガッカリです、、、

まあ、このあたりは経年劣化でなんともならないところですねぇ、、、。

CIMG8671.jpg


キャブレターの状態は良さそうですが、、、

そこはかとなく、キッツイ臭いがあたりに立ち込めます、、、。

CIMG8676.jpg


やっぱり(^^)v

ヨウカンのようになった、ガソリンだった物が入っています。

CIMG8677.jpg


地味ぃーに洗浄を進めて、

ただ今このあたりまで進んでいます、

キャブレターボディ自体の状態は良いですねぇ。

CIMG8681.jpg


問題は、、、

腐食により、フロートに穴が開いています、

修理でなんとかなる状態ではないので、

ヤマハさんへ部品の注文になります。

CIMG8679.jpg


そんな、こんなで、

作業は途中で止まってしまいます。


他の用事もあったので、オーナーさんに写真と現物を持って、

状態の説明にお邪魔します。


インマニなどもそうですが、

これから安全で楽しく乗っていくために必要な所は、

サクサクと交換を進めてOKとの事です。


なにぶん、古い車体になりますが、

気に入って乗ってもらえるように、

ネルガルもご協力します。


がんばります。(^^)v




PageTop

RG500ガンマの整備

スズキのRG500ガンマの整備を進めます。


以前より入庫しています、

スズキさんより部品が届きましたので、

サクサクと進めます。


キャブのOHなどは終わっています、

エンジン始動とバランス取りを進めていると、

エンジン右側よりオイルが出てきます、、、。


今回は、ローターリーディスクバルブ特有のオイル漏れです、

大きなOリングの交換です。


さしあたって、外装関係を外します。




4番エンジンのハウジングを外したところです、

中のディスクがクランクに合わせて回転して、

吸気タイミングを拾っています。


この頃のレーサーは、このディスクの穴を大きくしたりして、

吸気タイミングを長く取り、レース用に仕上げていましたねぇ。

CIMG8647.jpg


サクサクとOリングを交換して、

キャブレターの取り付けをします。

CIMG8648.jpg


そして、、、

再びバラシが始まります。(^^)

CIMG8683.jpg


ブレーキ周りのOHと塗装、

フロントフォークの研磨などです。


ちなみに、リアのマフラーガード?

リアウインカーステーも塗装になります。


時間ばかりかかっていますが、

これからも、安全で安心して乗ってもらえるように、

一つ、一つ、仕事を進めています。


来週あたりには、仕上がる予定です、

がんばります。




PageTop

ハーレーのライズさん

静岡県の藤枝市にある、

ハーレーショップのライズさんのお話です。


私自身は、直接会った事はないのですが、、、


ライズさんのブログが面白いです、

マニアックすぎますなぁ。(^^)


バイク関係のブログの中でも、

ラーメンや食べ物ばかりアップしている所もありますが、

ライズさんのブログは、バイク好きなバイク屋さんのブログです、

そこはかとなく、、、私と同じニヲイがします。(^^)v


ライズさんのブログです。

ご紹介と、リンクを貼る事の許可もいただきました、

是非ともご覧になってください。



私も、一応バイク屋さんですので、

バイク屋さんのブログを読んだり、

ホームページを見たりしています。


ネルガルと関係のあるショップやチーム、

さらには、業者さんの所も、

コッソリと見ています。(^^)ノ <ヤッホー♪


みなさん、博学博識で経験も豊富です、

とても勉強になります。



やっぱり、

バイクって、

面白いですねぇ。(^^)





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。