浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スパ西浦の耐久レース

スパ西浦3時間耐久レース、
プロトさん主催のレースに参加しました。


NSF100のクラスで参戦です、
榛地くんと松下くんのコンビです。


NSR、モタードなどもまとめて、52台参加です、
結果は、総合で5位(^^)おぉ!

NSF100のクラスでは、3位です。(^^)おおぉ♪

リザルトはこちらです。

http://www.plotonline.com/info/resoult_skmh.html



いつも普通に話をしていますが、
こいつら、やっぱ、、、すげえ奴らです。

榛地くんは、開始早々にトップに出て1位を走っていたそうです、
松下くんも仙台では、出走したレースがすべて2位です。 

とゆうか、二人で出た耐久は、すべて表彰台に乗っています。


「まわりは、まだまだ速い人がいました」

と言っていました、
そして反省点、改善点もいくつか拾って来ました。


表彰式は総合順位でしかなかったので、
「表彰台に乗りたかったなぁ」
と、悔しさも残りましたが、
雨の走行以外は、ぶっつけ本番のコースで良くがんばったと思います。


今年は、斉藤くん、川池さん、と共に、
ツインリンクもてぎに出走します。


さあ、グランドチャンピオンシップの準備を進めなければ、
全国から集まるライダーたちとの戦いは、
すでに始まっています。



一年間をかけて予定されていたエンジンの構築、
もてぎに向けてスケジュールが決まっていました。



最高のパフォーマンスを出せるように、

魂を込めてエンジンを組上げます。




全国より参加の、

HRCトロフィーカップグランドチャンピオンシップ

ライダーの方々、メカニックの方々、

11月23日、もてぎで会いましょう。

 


がんばります。





スポンサーサイト

PageTop

来年のミニモト

来年の鈴鹿ミニモト4時間耐久レース、
どうやら、5月開催になるそうです。


17日(土)ストッククラス、予選、決勝
18日(日)オープンクラス、予選、決勝

ストックから始まる合同走行会は、今年の12月から始まります、
オープンは、年明けの1月18日からになります。


年内にはマシンの構築とテストを進めなければ、、、
たまたま来店中のオープンマシンのオーナーと早速ご相談(^^)
暫定のパッケージングは、ほぼ決定です。

いやぁー、オーナーの決断が早いので助かります、
サクサクとマシンの構築を始めます。



私の記憶が確かなら、、、(古い?)

今年の1月2日には、テスト走行に行っていた記憶があります、

来年もお正月からテスト走行になりそうです。




それにしても、5月の耐久レースかぁ、

どうしても、真夏の耐久レースのイメージが抜けきれません。



もう一点は、バイク屋さんが、

「一年で一番忙しい時期に準備をしなければいけない」

という所です。



どうなってしまう、ネルガル(^^)




また来年もがんばります、

決勝のゴールラインまで2台のオープンマシンを押し込みます。




さあてと、

がんばるニャー。









PageTop

「うへへぇ」

まあ、お店を営んでいますと、
いろいろな人が来るわけでありまして、、、。


今日、男の子が三人でバイクを見に来た、、、(のかな?)
店先まで出て行き、

「こんにちわ(^^)なにか探している?」

と、爽やかに話しかけてみる。



「、、、」一人はシカト(聞こえないふり)

「えっ、、、」一人は目をキョロキョロさせて言葉に詰まる、

「うへへぇ」一人は気持ち悪い愛想笑いを浮かべている。











「、、、まあ、見て行って」



そう言うのが私的に精一杯です。(^^)



私が離れて行くと、三人でなにやら話をしている、
ボソボソと話していて聞こえない。

気持ち悪い。(^^)


見た目は、学生さん風味で小奇麗な格好をしている、
平日の昼間にウロウロしているのだから、
まあ、学生さんかな?

それにしては、高そうな車に乗っているなぁ、、、。


その後、挨拶もなく男の子三人で車に乗り込み、
帰ってゆきました。



最近では、よくある風景、よくある事です、
「男の子」です、、、子供ですね。


「挨拶ができないようなら、一生半人前だ」
昔先輩に教わった事です、
今でも忘れる事なく、私の心に刻まれています。

人と人は、「まず挨拶ありき」だと思います、
初対面でも、親しき仲でもそうだと思います。



車の中では、友達と話はできても、
知らない人には、挨拶の返事もできないようでは、

とても、バイクには乗れないよ
とゆうか、乗らない方が良いよ(^^)


バイクは、一人で乗るものです、
走り出したら、だあれも助けてはくれません。

「頼れるのは、自分だけ」です、
ゆえに昔から「男の乗り物」と言われていきました。

半人前で、誰かに頼っていなければ挨拶もできないのなら、
その子のためにも、、、乗らない方が良いよ。(^^)


最近は、女の子でもバイクに乗ります、
性能も良く、乗りやすく、トラブルも少ないです、
私のお店にもバイクに乗っている女の子が来ます。

ハキハキしていて、話をしていても楽しいです、
まあ、なんと言いますか、、、男らしいですねぇ<コラコラ(^^)


それに対して、男の子は、女の子みたいです、
二、三人、時には四人できて、ソワソワしています、
80年代の女子高生みたいです。(^^)

私たちの時代は、「早く大人になりたい」と思い、
男らしいバイクに憧れていました。

大人に憧れ背伸びをしていた時代に育ちました、
誰もが早く一人前になりたいと考えていました。

ゆえに私は、今では一匹子羊なのです。


極端な話、バイクのレースなど、「最後に頼れるのは自分だけ」なのです
まるで、リングに上がったボクサーのようです。


私がレースを好きでいるのは、
走っているライダーの一人一人が、
男として、一人の人間として自立しているからです。

ちなみにレースに参加していたり、レース上がりの男は、
皆一様に仕事も一人前に出来ているのです。



どうも最近、今の男の子と話が合わない、
オッサンになったのかなぁ、、、。(--)



表情も豊かで、

「目もキラキラと輝いてる」

今の女の子達とは楽しく話ができるから良いか(^^)







PageTop

フロントバナナ

べつにバナナの話ではありません。


先日、修理依頼のバイクがネルガルに持ち込まれた、
今年の春先に他店にて購入したバイクです。

「どうして買ったお店に行かないのかな?」
と思っていた。

ネルガルを信頼して来てもらえましたので、
きっちりと依頼された修理を進める。



テストで駐車場を少し走ると、、、、

「なんだぁこりゃぁ?」

フロント周りが、どうもおかしい。



、、、



、、、



フロントフォークがバナナのように曲がっています。

20071011204011.jpg



当然左右曲がっています、
目視でもはっきりと分かります。


いけねぇ(^^)

右の画像をアップしたら、そのお店のステッカーが張ってあった、
一応削除しておこう。



フロントのアクスルは、新しい物に交換してあります、
ホイールは、前後で微妙に色が違う、
これを売ったお店も、曲がりは気付いているだろうなぁ。

ばらして見ないと分かりませんが、
多分フレームも入っています。

正直なお話、真っ直ぐ走りません、
と言いますか、怖くて乗れません、
それでも、オーナーは乗って来たんだよなぁ、、、。



修理が終わり、引取りに来たオーナーとお話しすると、
購入後に親父さんにも指摘されたそうです。

少しでもバイクが分かる方なら、
すぐに気が付くと思います。

買ったお店にも行かないで、
その後は、泣き寝入り状態だそうです。


浜松市内のお店で、有名なお店です、
ちなみにネルガルは、

まったく付き合いがありません!

だって、あきらかに怪しいバイクが多いんだもん、
知り合いになりたいとも思いません。


以前に、ネルガルでバイクを買ってくれた方が、
探していたバイクがたまたまそのお店にあり購入しました。

後の整備でネルガルに持ち込まれた時、
見た目の綺麗な外装とは反対に、
フレームが曲がっていました
タイヤ軸と目視でずれています。

たまたま打ち合わせで来店中の雑誌の編集の方が見て、
ため息をついていました、

「ひどいものですねぇ」と一言。



何年も前より営業しているお店です、
ネルガルよりもはるかに大きいです、
当然、バイクもいっぱいあります。


こうゆうバイクを売っているなら、
仕入れも安くて利益率もかなり高いだろう、
評判は悪いが、お店を運営していけるのもうなずける。






私は、小さなお店でいいです、

お客さんとバイクに、真っ直ぐに付き合って行きたい、

いつも、そう思っています。  




私は、不器用で無愛想なのですが、

真っ直ぐに働く私を信頼、信用してもらえている、

そういった方々に恵まれていて、

毎日、バイクに向き合って行ける、

私は、しあわせなのだと思う。











PageTop

来年の鈴鹿ミニモト用

ちょっと前に時間が空いたので、
来年の鈴鹿ミニモトのオープンのテスト用エンジンの準備を進めていた。


どうやら仕事が詰まってきたので、
またしばらくはさわっている時間がない。

こんな状態で放置(^^)

20071016190250.jpg



コレを見て、あれっ?
と疑問に思った人は鋭いですねぇ(^^)


とりあえずのテスト用です、
力が出ていれば本採用です。


「エンジン組みたい病」
が出ないように、しばらく隠しておきます。



私たちのレースは、すでに始まっていて、

そして、

すでに楽しんでいるのです。







PageTop

XR100モタードです

そんなわけで、(どんなわけ?)

XR100モタードのカスタムを進めています、
と言いますか、もう終わりました。(^^)



「友人から走行距離も短く、
程度の良いXRを捕獲できたのでカスタムしたい」

との事です、
オーナーは、Z1000も所有しています、
走りの方へ重きを置いてのカスタムです。

今回は、ハイカムを入れます、
ノーマルエンジンですが、ポート加工と、バルブも加工します、
後は、こっそり一つ二つ手を入れます。


ネルガル入りした時は、
ヨシムラキャブ、ヨシムラマフラー装着済みです。

ヨシムラのこのキャブは良いですねぇ(^^)
私たちもレースで使っています。

公道で使用している方々の評判も非常に良いです、
排気量に関係なく、懐が広いといいますか、
セッティングにバラツキが出ないし、
なにより力強いパワーを出してくれます。



エンジン、タイヤはノーマルです。

20071016172043.jpg



まずは、前後タイヤの交換、
急な雨を想定して手堅くTT91ですね、
私も公道では一番のお勧めです。

20071016172139.jpg



サクサク進めてエンジンは下ろしました、
こちらです。

20071016172225.jpg



パカッとカムカバーを開けます、オイルはモチュールの赤ですねぇ、
むらまっちゃん曰く、

「ロボットの脳みそみたい」

オイルが赤いとナマナマしいですね。<とゆうか怖い(^^)

20071016172302.jpg



ヘッドはこんな感じ、
走行距離も短くさほどのカーボンではありません。

20071016172357.jpg



ピストンヘッドもさほどひどくはありません。

20071016172426.jpg



カーボン落とし中です、
レース使用のエンジンではないのでカーボンも軟らかいです。

20071016172506.jpg



バルブです、カーボンを落として加工します、
こちらが、、、

20071016172547.jpg



こうなります、
耐久性も考えてさほど激しくは加工しません、
これ位でも十分に流速が稼げると思います。

20071016172623.jpg



ヘッドブロックとの擦り合わせをします、
サクサクと進めると、、、。

20071016172707.jpg



いけねぇ、写真を撮り忘れた(__)

ブログにアップしている以上に細かい写真はあります、
オーナーが受け取りに来た時に説明しながら見てもらいます。

ポート加工済みのインテーク、
ねっ、キレイでしょ(^^)

20071016172821.jpg



非常に見にくいですがエキゾースト、
一目で排気ポートがでかくなっている事に気が付く人っているかなぁ。

20071016172854.jpg



カムホルダーとか、いろいろ(^^)
ここからも一工夫します。

カムホルダーを削るだけではありません、
ちょっと良い事をします。

なにをやっているかは、秘密です。

20071016185014.jpg





ヘッドに組込みをしてオイルを流します、
いつもなら、「だらぁぁー」と言ってオイルを流しますが、
今回は、「輸血です」と言ってオイルを流します。


、、、


、、、



やっぱり怖いなぁ、、、。

20071016173037.jpg



サクサクと進めてエンジン積み込み、
十分な暖気をしてオイルを回してテスト走行に出発です。

20071016173158.jpg



、、、



、、、




エンジンは回る、良く回る、

軽々と吹け上がり、どこまでも加速して行く、

燃調も良い、プラグも良い具合に焼けている、

だが、問題が発生した、




「乗りにくい」





これでは、だだの「ウイリーマシンだ」


とりあえず、ファイナルを変更して、
再びテスト走行です。

20071016173227.jpg




だいぶ乗りやすくなった、当然スピードも上乗せされた、
ここからは、オーナーに乗ってもらっての相談になる。

この後は、サイドカバーを取り付けして終了です。

CIMG0328.jpg





気に入ってもらえると思う、
外見的には、キャブ、マフラーぐらいでほとんどノーマル。

それでも、「こいつぁ速い」

キャブ、カム、マフラーの装備で、
さらにエンジンに手を入れている、
負ける気がしない。<だれに(^^)



いやー、気に入ってもらえると思います、

正直な話では、「私が乗りたいくらいです」

こいつは、良いぞ。





オーナーは、XRの仕上がりを楽しみにしている、

そして、自分の仕事が、自分の技術がどう評価されるか私はドキドキしている、

気に入ってもらえれば、

私はしあわせに思います。








PageTop

ヨシムラ125キット

ヨシムラより、
エイプ、XR、NSF100の125㏄のキットが発売されている。


いつもの様にまじめに働いていると、
お店の電話が鳴る。

「お待たせしました、二輪工房ネルガルです」

いつものようにさわやかに出る。


「ヨシムラの125キットってどうですか?」



、、、



、、、



だれ?(^^)

「いや、どう言った意味でしょうか?」


「だから、ヨシムラから出ている125のキットってどうですか!」



切ろうかな(^^)

最近、こういった礼儀もなく、問い合わせの意味も掴めない電話が多い、
まあ、お店を営んでいればどこでも同じなのですが、、、。



「良くも悪くも分からない」

まったくの正直な意見です、
だって見た事ないもん(^^)

実際に組んだ事もない、
当然、良くも悪くも分からない。


雑誌や、広告の内容を鵜呑みにするほどネルガルは無責任ではない、
良いと思ったら、人にも奨められる、
悪いと思ったら、人には奨められない、
当たり前の事です。


確かに、先日のミニモトでは、ヨシムラのマシンは速かった、
ライダーも凄腕のライダーが乗っていた。

実際は、キットパーツにヨシムラなりに手を入れて組上げしている、
ポン付けで、あのパフォーマンスは出せないと思う。

良いか悪いかは、自分の目で確認したい、
それまでは、いい加減な事は言えない。



その前の鈴鹿8耐の後に、
「スズキのGSXは、凄いですね」
と言う人がいたが、
組上げした、ヨシムラが凄いのです、
ライダーも、もの凄いのです。

基本的には、CBRが上だと思う、
その上をいったのが、ヨシムラなのです。



「最新型が最良型」
どこのメーカーも言う、
だからといって、最新型の広告を鵜呑みにはできない。

本当に良い物は、
多くの時間と多くのユーザーの感想から評価されるべきものであると思う。



発売間もない物に興味が沸くのも分かる、
正直、私も興味はある。





それでも、

無礼で、意味の掴みにくい質問は勘弁してもらいたい。




今日は、たまたまヨシムラキャブ、ヨシムラマフラー装着の、
XR100モタードのエンジンを組んでいる、
ポート加工とバルブの加工もしている。

公道仕様のマシンでしたら、
ノーマルエンジンに手を入れる方が使い勝手も良いし壊れることもない。



前後タイヤはロードモデルに交換しました、

明日にはエンジンを仕上げてテスト走行になります、

またブログにアップします、興味のある方は、

お楽しみに~♪







PageTop

CB750フォアです

CB750フォアのフロントブレーキの、
キャリパーのオーバーホールです。



お昼にお預かりして、
先ほどお渡ししました。


以前にネルガルでXJR1200を購入いてくださいました、
小林君がハンドルポストの交換で立ち寄っていましたが、
プロの手際の良さに驚いていました。

いやー、コレぐらいはあたりまえですよ。

えっへん(^^)


特別難しくはありません、
特殊工具も必要ありませ。

すっかり旧車の部類に入りますが、
昔の物ほどシンプルで、整備性は良いのです。

今の時代のように専門学校などなかった時代のバイクです、
求められていたのは、バイク屋さんの経験と真面目さだけです。

昔のバイクを整備した後は、
仕事を教えてくださいました先輩方に一歩近づいた思いがします。



やべぇ、ネルガルでは珍しいきれいな車体だ(^^)

cb75.jpg



サクサクとキャリパーを外してバラシます。

20071013164855.jpg



キャリパーピストンを押し出します。

なにかが「ゲロ」と出てきます(^^)
ブレーキフルードだったもの?

20071013164906.jpg



こってりと付着したフルードを洗浄して自然乾燥中です。

20071013164916.jpg



交換したシールです。

20071013164926.jpg



この後にフルードの交換をして、
エアー抜きをします。


問題視されていた引きずり感もなく、
制動も「グッ」と効きます、
良いと思います。


夕方受け取りに来られたオーナーから、

「非常に良いですね」

と帰宅後に電話をもらいました、
気に入ってもらえたご様子でとてもうれしく思います。


次回は、車検の整備をいたします、
また気に入ってもらえるようにがんばります。



今の時代の高性能キャリパーも基本的には、仕事は同じです、
いやぁ、今のキャリパーの方が面倒くさいのですが(^^)

特別難しくはありませんが、
地味で丁寧さと確実性を求められるお仕事です、
こういった昭和の職人的仕事は、なにげに楽しいですねぇ。


自動車であれ、バイクであれ、自転車でもそうです、

まずタイヤ、ブレーキ、サス、

安全で楽しいバイクライフで忘れてはいけない、

大切な事なのです。





PageTop

DSウインカー交換です

ヤマハのドラッグスター400のウインカー交換です、

普通のお仕事です。



最近はブログのお話が、レース関係ばかりがになっていますが、
9:1か8:2ぐらいの割合で普通の仕事の方が圧倒的に多いです。

あまりマニアックなお店と言わないように(^^)



以前にネルガルでバイクを買ってくれた方が、

「次はアメリカンに乗ってみたい」

と言われ準備して納車したマシンが、
今回のドラッグスター400です。

毎日通勤で使っています、
お店の前を通りかかるとヘルメットの中に笑顔が見えます。


こんな感じです。

20071011203840.jpg


微妙に配線が見えていますので、
この後、いつものメッキスパイラルを巻きます。

20071011203825.jpg


リア周りは、まだ途中です。

20071011203806.jpg



もともと、白と黒のコントラストのマシンでしたので、
ノーマルのオレンジ色のウインカーから、
ビレットのクリアーウインカーに交換しただけで、
雰囲気が、「グッ」と良くなりました。

見た目が全然違います。

バイクは楽しいですねぇ、
ウインカーを交換しただけでも、
ガラリと雰囲気が変わります。



すでに仕上げてオーナーにお渡ししています、
気に入ってもらえてなによりです。


気に入ってもらえた分、
またバイクを大切に思い、楽しい時間を大切に思ってもらい、
日々の通勤を安全に楽しく過ごしてもらいたいと思います。





ここしばらく、仕事が立て込んでいましたが、

一息つきました、またのんびりとブログにアップしてゆきます、

お楽しみに~♪





PageTop

NSFの整備です

新車のNSF100の整備をしています。


夕方にふと時間が取れましたので、
サクサクと進めます。

夕方チャンスです。<古い?


近日中にナラシとテスト走行に入ります、
さしあたっての整備内容は、

前後タイヤの交換、

前後ブレーキパットの面取り、

前後ベアリングのクリアランス取り、

Rピンのワイヤリング、

テンショナーナットの脱落防止、

キックアームの取り付け、

落書き(^^)

などなど。



外は真っ暗ですねぇ、、、こんな感じです。

20071011202203.jpg



リア周りがNSF独特ですねぇ。

1011.jpg



レーシングスタンドに落書きなど少々、
チーム名は、オーナーの名前をもじって
勝手に付けました

分かります?(^^)

20071011202220.jpg




この後に準備されているステッカーを貼ります、
少ぉーし、アレンジして貼ります。

一応、オーナーに許可はもらっていますが、
好きなようにアレンジします。



好きな仕事を、好きなようにやらせてもらっています、

微妙なネルガルのアレンジを、

お楽しみに~♪







PageTop

友遠方より来たる

なにしに来たかとゆうと、
CBR600の車検です。


毎回そうなのですが、
練馬ナンバーのバイク車検をネルガル(浜松陸運局)
でやっています。

平日に有給を取って、高速を使って浜松まで来ます、
半分は遊びですね。(^^)


私より若いです、なんだかんだで付き合いは10年になります、
静岡大学の工学部で浜松にいる時、
一緒にミニバイクのレースなどに参加していました。

あの頃は、お互い貧乏だったなぁ(^^)



大学を卒業して、大きな会社に入り、
スーツを着てネクタイを締めて、転勤を繰り返しています。

海外に赴任していた時期もありました、
今は、横浜?あたりに住んでいます。

レース経験がありますので、自ら整備をして持ち込みます、
私が手を出すところは少ないのです(^^)
ちなみに、仙台にいる時は、自ら車検場に持ち込んでいました。

バイクが好きで、レースが好きで、走る事が好きなのです、
連休などは一人で気が向くままツーリングに行っています、
北海道のツーリングもほぼ毎年行っています。

CBRの走行距離も、30000マイルを軽く越えています、
傷もありますし、痛みもあります。

それでも、その全てが本人の思い出なのです、
CBRを気に入っていて、これからも使うようです。


本物のライダーなのです。



二輪工房ネルガルは、
一般的にゆう正統派ライダーが多いと思います。

バイクが好きで、走る事が好きで、
良識や節度、礼儀をわきまえた方々に恵まれています。


とれもありがたく、うれしく思います。


離れて暮らしています、
お互いに忙しく、年に数回電話をするぐらいです。

それでも、久しぶりに会うと、
昨日会った友人のように話をします。

かわいい、かわいい弟のように思っていましたが、
いつの間にか30歳を超えています、
学生から社会人になり、一人の大人に成長しているのです。


これからは、友人として接してあげたいと思います。




私も歳をとる、

周りの人たちも歳をとる、

バイクは走行距離も進み、痛みも出てくる。



それでも、

決して擦り減ったりしない、

大切な物を手にする事もあるのです。




私は、それを大切にしたいと思います。





PageTop

エンジンの発送をした

遅くなりました、すみませんm(_ _)m


先ほどエンジンを発送しました、
明日にはお届け予定です、
もう少々お待ちください。




と、ここまでが普通の発送ですね。(^^)



今回は、タイヤのセットの到着を待っての発送になりました、
一緒に梱包をして発送する予定が、、、。



ヤマト便の受付で、

「重量オーバーです」


、、、


、、、


、、、


いやだなぁ、受付がおじさんだよ、

「お願い、おねえさん、、、チュ」

必殺の方程式が通用しない。(--)



しょうがないので、<いや、私が悪いのですが(^^)
開梱してタイヤセットだけ取り出して、
エンジンのみの発送になりました。

タイヤは、明日発送します。

なにせ、ヤマト便の受付で開梱して、
再梱包をしています、見た目はかなり悪いです、
それでも、中身のエンジンは良いですよ。


問題なのは、

送料を安くする為に荷造りしたが、
結果的に2個に分けての発送となった。


さらには、エンジンの箱は、

大きいだけで、中身の50%以上は空間で、
箱が大きいので、送料は高くつくとゆう、
かなりの無駄な事をやっている事です。



これなら、、、

仕上がった時点でエンジンを発送すればよかった、、、。




過去の経験、縁起からも、

「仕上がりの遅いエンジンは、ストレートは速い」

とゆうジンクスがあります。



軽く慣らしをした後は、全開で良いです、

組んだばかりのエンジンは、

しばらく回転が渋いですが、その後にグッと良くなります。



いつもの事ながら、

不安もありますが、自信もあります、

あとは任せた。




ネルガルオーバーホールのエンジン、

最高のライダーと共に、

上りのストレートを駆け上がろうぜ。











PageTop

仕事が片付く

気持ちが良いですねぇ、

サクサクと仕事が進む事は。


いきなり、手が空きました(^^)
仕事と仕事の間のエアポケットのように、
今日は、のんびりとしていた。

それでも、引取りと来客でバタバタとしていましたが、
普段に比べるとのんびりしていました。


バッテリー上がりの車体の引き取り(市内)、
アジリティーの新車組み付け、
来週の車検の打ち合わせ、
スクーターの見積もり、
カスタムバイクの見積もり、ご契約、
ヘッドライトのバルブ交換、
来年のオープンの打ち合わせ(^^)

接客と電話応対、などなど

今日の仕事の内容です。


ねっ?のんびりしているでしょ(^^)
大きな頼まれ仕事は、ほとんど片付きました。


来週は、納車で3台、
新車の入庫が2台、
車検で2台、
エンジンは、一機、

いやぁー、自営業ですので、ヒマだとまずいのですが、、、
待ってもらっていた頼まれ仕事が片付き「ホッ」と一息つきました。



この調子でしたら、
来週の白糸スプリントを見に行けそうです。

今月末の東京モーターショーにも行けそうです、

、、、多分(^^)




遊びではないのです、勉強の為です、


と言いながらも、


楽しそうなお仕事になりそうです。







PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。