浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バンディットのキャブ

まあそんなこんなで、バンディットゆえに、

いつものように山賊の親方的なキャラで進めていきます。(^^)


「うぉら野郎どもぉ~働けぇ~」

まあ、自分のバイクの事ですから、

自分でできる所は進めましょう、

友達も参加しての作業になります。


今年の鈴鹿8耐にも参加予定の学生さんチーム(^^)

P1010027.jpg


ちなみに、オーナーさんは、

みんなへの差し入れの買出しにセブンに行っています。(^^)

P1010025.jpg


普通に大学に通う学生さんです、

予算にも限りがありますので学割適用?

やり方と、分からない所は教えて、

あとは自分達で進めてもらいます。


私はいつものように写真を撮る係りです、楽チンです。<爆!


まあ、それでも一応それなりの物は出します?

先日、鈴鹿で姉御よりお土産にもらった、

「金の延べ棒」 型ティッシュ。(^^)

P1010029.jpg


バイクや車が好きだったり、興味があって、

その道に進みたいのであれば、

専門学校や工業大学に進むのも良いと思います。


それとは別に、仕事としてではなく、

自分自身の興味や楽しみでバイクや車をいじるのもいい事です、

彼らのように、時間が合えばレース活動へ参加するのも楽しいと思います。


私はいままでにお店や、サーキットなどで、

何人も何十人も彼らのような若者を見てきました、

なかには、プロになった弟子もいます。(^^)ノ


時には、有頂天になり少々常識を外れ、

「二輪工房ネルガル」の名前を使う事を禁じる事もあります。


それは、彼らのように新しく育ってゆく若者に、

どこかで迷惑がかかったり、

恥ずかしい思いをさせたくはないからです。


礼儀やマナー、一般常識やモラルなど、

専門的な事と共に、教える事は山のようにあります。


「モノ造りは、ヒト造りから」


昔から言われていて、

今でも、一番大切な事だと思います。



ゆえに、二輪工房ネルガルは、

軍隊のようなチーム と言われています。(^^)v


「わかったかぁ~野郎どもぉ~」  <もういいって? (^^)




スポンサーサイト

PageTop

B-KINGのディスク

スズキのB-KINGのフロントディスクローターの交換です。


ディスクローターは、イタリアのブレーキングです、

レースでも使われています、よくサーキットで見かけます。


さわった感じでも、いかにも効きそうです、

私のSRXにも使ってみたいです。(^^)


なににしても、でかい車体です、

存在感が半端ないですなぁ。

CIMG1014.jpg


車体自体は大きく重いバイクですが、

特に難しい作業ではありませんので、サクサクと進めていきます。

CIMG1024.jpg


サクサクとフロントホイールを取り外し。

CIMG1026.jpg


サクサクとディスク交換です。

CIMG1028.jpg


いかがでしょうか?

CIMG1029.jpg


特に難しい作業ではありませんが、

気をつけないといけない所は、古いねじロックをきれいに落とし、

新しいねじロックと規定値のトルクで均等に締めることぐらいです。


ゲイルスピードのホイールとあいまって、

フロント周りの軽量化が一気に進みました、

見た目も軽快な足回りになりました。


見た目では分かりませんが、制動力も上がっています、

安全性も向上します。


オーナーさんにもご説明しますが、

高性能ブレーキと言っても、さしあたっては慣らし走行が必要になります、

ディスクとパットの当たり面がきれいに出るまで、

本来の性能を発揮しません、のんびりと慣らし走行をお願いします。



それにしても、ブレーキングのディスクかぁ、

俺もほしいなぁ。(^^)





PageTop

GSX750改の車検

スズキのGSX750刃の車検です。


まあ、ネルガルに入ってくる刃ですので、

普通の刃とは少々違います。


どの辺りが違うかと言うと、

車検証には、「型式GS750改」とあります。


当然公認車検を取っていますので「改」の文字が入ります、

ハンドル変更などによる構造変更ではなく、

エンジン自体を積み替えてあるからです。


750㏄ 改1150㏄ (^^)

750刃の車体に油冷エンジンの1150㏄、

前後共に足回りも変っています。

CIMG1012.jpg


いつもの通りに写真を撮り忘れています、(><)

汚れているクラッチフルード交換作業の途中です、

サブタンを洗浄する前の写真です。

CIMG1011.jpg


リアキャりパーは、どうしても汚れがたまってしまいますので、

フルード交換、エア抜きのついでにシャバシャバと洗浄。

CIMG0973.jpg


パットの山も十分にありますので、

洗浄後に自然乾燥をして組み付けます。

CIMG0974.jpg


クラッチフルード交換、フロントブレーキエア抜き、

リアブレーキフルード交換、油圧式ブレーキセンサー交換、

フロントフォークの突き出し量変更などなど。


車検場で思ったより時間がかかってしまい、

夕方のお渡しの時には、まだ作業途中でした、

洗車が済んでなかったのですがお渡しになります。


「ああ、その辺りは帰ってからやるよ」(^^)


と言ってもらえましたが、申し訳なく思います、

仕事を頂いている立場上、非常にこころ苦しいですねぇ、、、(--)


すみません。




PageTop

バンディットの整備です

スズキの250ロードモデル、

バンディット250VのフロントフォークのOHです。


まあ、走行距離も短く、経年劣化によるシールの痛みです、

特に難しい事はありませんので、

サクサクと進めていきます。


大学生のオーナーさんと、同じ大学の友人の二人で。<爆!

CIMG0857.jpg


私はいつものように、

写真を撮る係りで~す♪

なんと言いましょうか、楽チンです。(^^) <爆!


まあ、自分のバイクですし、自分達でやってみるのも勉強です、

プロの場所と、プロの機材を使わせますので当然代金は必要になりますが、

学生さん向けの学割特別料金です。


一応、うしろからむさくるしいオッサンがあれこれと指示を出しますが、

基本的には、自分達で進めてもらいます、

がんばれ。(^^)ノ


この二人は、今年の鈴鹿8時間耐久レースへスタッフとして参加します、

「ハイ」か「イエス」 しか答えを許さない、

軍隊のような二輪工房ネルガルのチームに参加します、

浜松の地ですでに実地訓練に入っています、

今から鍛えています。(^^)v


「うおぅらぁ、野郎どもぉ働けぇ~」

上官(サージェント)なのか、山賊(バンディット)なのか、

私は、わけの分からないキャラで、

か弱き学生さんをコキ使っています。(^^)



8耐の打ち合わせの場でも、広報担当者さまと直接話をさせています、

私は、うしろでニヨニヨと生温かく見守る、放任主義のオッサン、、、

学生さんの自主性を尊重する大人です。(^^)



他にも、、、

世界でたった一台のハンドメイドマシン、

ドライカーボンフレームの2012年型の搬送を手伝わせたり。

P1010010.jpg



一生に一度、あるかないかの体験をどんどんとさせています、

泣き言は許さないし、文句を言いたいのであれば、

5年後か、10年後か、今の事を思い出話にしている時に聞いてやるよ。



それでも、がんばりきれれば、


一生忘れる事のない、


一番熱い夏になるよ。





PageTop

レッツⅡの整備です

スズキのスクーター、レッツⅡの整備です。


知り合いにもらったスクーターだそうですが、

何年も乗らなかったのでエンジンがかからないそうです、

バッテリーは、オーナーさんが変えています、

セルは回りますが、エンジンがかかりません、

いつもの通りに、キャブ辺りから進めていきます。


エアエレメントは非常にきれいで状態も良く、

洗浄でまだまだ使えそうです。

CIMG048911 (4)


予想どうりに、キャブレターの内部は、

ガソリンだった物が完全に固まって目詰まりをしています。

CIMG048911 (10)


まいどの事ながら、地味ぃーに洗浄作業を進めていきます。

CIMG048911 (11)


キャブレターの自然乾燥をしている間に、

点火プラグの確認をします、

こちらは経年劣化とカブリにより交換になります。

CIMG048911 (14)


キャブを組み込み、セルを回すと、

いとも簡単にエンジン始動。(^^)v


前後タイヤの点検とエア調整など車体周りの点検をして、

テスト走行をした感じも良く、

今回の作業もこのあたりで終了になります。


毎年の事ながら、

今の時期は、こういった仕事が多いですねぇ、(^^)

春の訪れを感じます。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。