浜松のバイク屋さん

街角のバイク屋さんの平凡な日々。ご近所のおばちゃんのスクーターのパンクを修理したら代車のお礼にみかんをもらって喜んでいたりします(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SRV250のパンク

ヤマハのSRV250のオーナーさんから、

パンクをして立ち往生のご連絡が入りました、

代車を積んで、レッツゴーです。


「まったりと、ツーリングを楽しむバイク」


のコンセプトで選んでもらったSRV250です、

休日のお出かけ用に、いろいろと手が入っています。(^^)

リアのキャリアは、外国製です取り付けの説明書が英語でした、

さらっと目を通して組み付けをしました、

まあ、じっくり読んでも和訳できませんけど。(^^)v <爆!

CIMG2623_20130113230134.jpg


ナビ用にシガーソケットと、携帯の充電にも便利な、

USBの取り出しも付けています、

このあたりは、あると非常に便利です。

CIMG2625.jpg


問題のパンク箇所は、こちら、(><) <イタタ、、、

タッピングビスがガッツリと刺さっています。

CIMG2624.jpg


チューブを取り出して確認してみましたが、

エア抜けの状態でしばらく走ってしまい、

スポーク側に複数の亀裂がありました、

まあ、今後のためにも新しいチューブへの交換になります。


そのあたりは、事前にお話をしていましたので、

サクサクと交換をして、

車体のお渡しの時に実物を確認してもらいます。


以前に新品タイヤで私が交換しています、

車体を引き取りの時に気が付きましたが、

パンクの後の走行で、ホイールとタイヤがずれていました、

規定の位置まで戻して、ホイールバランスも取り直しになります。

CIMG2627_20130115010928.jpg


後は、せっかくですのでリアのドラムブレーキ周りを、

サクサクと洗浄して普通に組み付け、

チェーン調整とグリスアップもしておきます。


今回はパンクというトラブルで、

残念ながら予定をしていた道の駅には行けませんでしたが、

楽しみはまた時間のお休みまで取っておきましょう。


忙しく働いて毎日を過ごしていても、

次の楽しみがあったりすると、

日々の生活が楽しくなりますからねぇ。



何事も、

良い方向に考えるクセが付いている、

休日のないネルガルです。(^^) <爆!




スポンサーサイト

PageTop

浜松ご当地ナンバー

1月4日より、浜松市でもご当地ナンバーが発行されました、


従来型のナンバーの付いた車体でも、

申請をすれば、ご当地ナンバーに切り替える事もできます。


お客さんへの見本?サンプル?も兼ねて、

ネルガルの代車にも取り付けました。

CIMG2459.jpg


まあ、オッサンになりますと、

長年見慣れた物の形が変わると、

なかなかなじめなかったりもします。


1月4日スタートのご当地ナンバー、1月4日登録です、

2011年1月4日、、、ちょっと残念なあたりがネルガル的で良いのです。(^^)v

CIMG2463.jpg


斜め後ろから見るとこんな感じになります、

そこはかとなく、ボディーカラーともマッチしています。 <言い方が古い?(^^)

CIMG2464_20130105002326.jpg


ちなみに、ナンバーの申請の時に、

従来型とオリジナル(ご当地ナンバー)の選択ができます。

CIMG2465.jpg


ナンバーを取り付けたのは、先日捕獲した、

代車兼、業務用のヤマハの電動パッソルです、

小さく、軽く、車への積み込みも楽チンですので、

ピット用の足として、鈴鹿にも持ち込みます。

CIMG2462.jpg



「バイクの街、浜松」のご当地ナンバーを装備して、

今年も鈴鹿のレースへの準備を進めています。



茨城県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県、岐阜県、

奈良県、大阪府、兵庫県、岡山県、島根県、広島県、山口県、などにお住まいの方々。


もしよろしければ、そろそろ、

今年の夏の準備をしておいてください。(^^)ノ




PageTop

コッソリとSRXです

まあ、いつものように、3歩進んで2歩とまる、

ヤマハのSRX250です。


業務用兼代車兼足バイク兼お買い物用のSRXですので、

時間の合間にコツコツと進めています。


キャブのセットを再び変えました、

全体的にドンツキ感が減り乗りやすくなりました、

このあたりで再び使ってみます。




ステップ周りは、TZR合体R1-Z合体CBR600RR合体、

ネルガルハンドメイドのステップブラケットです。 <カーマ素材(^^)v

CIMG1193.jpg


10年以上寝ていたバイクの、キャブをそのまま使い走っていましたが、

オーバーフローにより、ガソリンダダ漏れ、、、(--)

あきらめてサクッとフロートバルブを新品交換で、

ピタッと止まり絶好調です。(^^)v


やっぱり、このあたりはケチってはダメでした。<爆!


個人的にステップ周りが一番よくできたと思っています、

なにせ、自分の足と、自分の操作感で、

自分に合わせましたので最高です。(^^)v


とりあえず、次の問題は、

お店のVTRからパクっているバッテリーです、<爆!

規格も違う上に、すぐに上がる、、、<爆!

少々抵抗を入れて、SHORAIバッテリーへ交換予定です。


開放型バッテリーから密閉式バッテリーに変えます、

抵抗を探しに時間を見て、

マルツ電波に行ってきます。(^^)ノ




PageTop

ジールのキャブです

どうしてでしょうか?キャブの仕事が続きます、

ヤマハのジール250のキャブのOHなど整備を進めていきます。


あれこれと交換する部品が多いので、

サクサクと進めていきます。

CIMG1100.jpg


さしあたっては、カムチェーンの音が出ていましたので、

テンショナーの痛みが出ていると思います、サクッと交換です。

CIMG1102.jpg


新しいカムチェーンテンショナーと、

古いカムチェーンテンショナーです、お疲れさまです。

CIMG1103.jpg


インテークマニホールドの交換です。

CIMG1104.jpg


結構やばいところまで痛んでいます。

CIMG1105.jpg


ガソリンの漏れも出始めているキャブに取り掛かります。

CIMG1107.jpg


サビや汚れの積層も見受けられますが、

調子の悪さは、このあたりと共に、、、。

CIMG1111.jpg


ダイアフラムあたりの汚れが進んでいますなぁ、、、。

CIMG1114.jpg


スロットバルブの洗浄と少々研磨作業を進めます、

内側の二個が研磨済み、外側の二個は今までの状態です。

CIMG1119.jpg


ニードルも痩せていますので、サクッと4本とも交換です。

CIMG1131.jpg


洗浄作業を進めて、自然乾燥中です。

CIMG1120.jpg


元々は、FZRベースのマシンです、

ミクニのダウンドラフト型キャブレターですので、

部品点数が非常に多いです。

CIMG1122.jpg


良い意味で厄介な造りです、言い換えれば手の込んだ良い造り込みです。

CIMG1123.jpg


キャブの乾燥中に点火プラグの交換ですが、

気を付けなければいけないのが、このようにゴミがあります、

不用意にプラグを外すとエンジン内部に砂利やらゴミやらが落ち込みます、

エアーとブラシを使い、キッチリとゴミを取り除いてから取り外します。

CIMG1133.jpg


それにしても使い込まれたプラグです、手前の二本が3番、4番プラグです、

新品プラグと比べると、ギャップとリーチの劣化が見受けられます、

当然、4本ともに新品交換になります。

CIMG1135.jpg


スポンジ部分は劣化して、キャブやエンジンに吸い込まれていた、

エアエレメントも、サクッと新品交換です。

CIMG1132.jpg


キャブの組み上げ、車体への組み込みも終わり、

同調取りの作業に進もうとしたら、、、台風の影響で停電ですなぁ、、、

こりゃぁ、手ぇ出んなぁ、、、。 <寒い?(^^)

CIMG1137.jpg


とりあえず、素組みでこれぐらいです。

CIMG1138.jpg



翌日にサクサクとキャブの同調取りを進めて、

テスト走行をした感じは非常に良いです、元々が高回転追求型エンジンです、

走行距離で45000キロほどですが、レッドゾーン辺りまで軽々と吹け上がります。

CIMG1140.jpg


サクサクとオイル交換をして、

明日にもまたテスト走行をしてみます。

CIMG1142.jpg


問題がなければ、次の整備?作業に進みます、

フロントの足回りを変えて強化します、

あれこれと、手の入ったジールになります。


なににしても、元の造りが良いバイクですので、

キッチリと手を入れれば、

まだまだ楽しめるバイクです。




PageTop

V-MAXの車検です

ヤマハのV-MAXの車検です、

ちなみに構造変更車検になります。


走行距離で20000キロほどですが、

非常にきれいな車体です、緊張します。(^^)

CIMG1030.jpg


一見ノーマルの車体に見えますが、、、。

CIMG1031.jpg


フロントブレーキ周りが変っています、

別体マスターで高さが変った事により、継続車検では落ちます、

高さ変更の構造変更車検が必要になります。

CIMG1032.jpg


その他の整備では、リアのブレーキにエア噛みがあります、

古くなっているフルード交換と共に進めていきます。

CIMG1035.jpg


タンク内部もきれいに洗浄して新しいフルードを入れます。

CIMG1036.jpg


何回かに分けて、外側、内側、共にエア抜きを進めていきます、

踏みしろも浅くなり、コントロール性も向上しました。(^^)v

CIMG1037.jpg


無事に構造変更車検も終わり、

最終仕上げに進みます。


なににしてもヤマハのフラッグシップ的存在のV-MAXです、

自重もあり、パワーもありますので、

ブレーキ周りには特に気をつけなければいけません。


安全で楽しいバイクライフは、

まずタイヤ、ブレーキ、サス、

何度も言いますが、決して忘れてはいけない事なのです。





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。